2012年03月11日

3・11

あの日から一年が経ちました。

あの日から変わった事、変わらない事、それぞれに色々あると思います。

ですが、一つ言えるのは、あの日の前には戻れないと言うこと。
3月11日を境に違う日本になったと思っています。

そう言えば私は阪神大震災からちょうど一年経った頃、出張で神戸に行きました。
あの時の神戸はたった一年とは思えないほど復興していました。

しかし今の東北は全く違う。
先日、石巻に行きましたが、瓦礫はまだまだたくさんあった。復興し始めてると感じるような光景は見られませんでした。
もちろん私の見た光景なんてほんの一端でしかありませんけど。

瓦礫の撤去は様々な問題があり簡単には解決出来ない事でしょう。
個人的には復興を進める為にもウチの市でも可能な範囲で受け入れては、と思うけど、やっぱり反対意見は多数出るでしょうね。

事は見えない放射能の問題ですから、どこまで行っても賛否両論。
一般の市民全員が納得の結論は出せないでしょう。
こう言う事に結論を出すのが政治家の仕事。
私は国会議員はともかく、我が市の市長を信じてますから、市長が出した結論を支持したいと思ってます。
重ねて書きますがあくまでこれは私の考えです。
否定的な考えの方もいるでしょうが、ここでの論議は考えていませんのでご了承ください。

今日、午後2時46分。私も黙祷しました。
おそらく日本全国で同じように黙祷を捧げていたと思います。
その思いが少しでも復興の支えになればと願っています。
posted by かに at 21:25| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする