2012年01月19日

ちょっとずつ

先日書いたOB野球の試合後。
ホームベースを挟んでOB、中3生全員が整列している時に監督が話し始めた。

最初はチームの現状。去年の成績や現チームの話でしたが、流れから先輩のIコーチの話になった。


今のチームの成績はIコーチの頑張りがあってこそ。大学生活の土日祝日を選手達のために費やしてくれたのはチームにとってすごく大きいこと。
そんなIコーチも今年の春には大学を卒業して社会に出る。
だけどその後を受けてまーぼ(監督はもちろん苗字で言いましたけどね)が、去年から学生コーチとして参加してくれている。
最初の頃はボーッとした感じだったけど、ここ二ヶ月くらい顔付きが変わって来た。彼もIコーチと同じく選手のためになるコーチに間違いなく成長すると思う。


ざっと書くとこんな感じの話でした。

実はこの日、姉ちゃんがグランドから帰る時、監督に「弟をよろしくお願いします」って、挨拶したんですけど、その時も同じ様に言われたそうです。
ここ最近成長してきた。顔付きが変わって来たってね。


選手との接し方、練習中、試合中の声の掛け方から声の出し方、内容まで、去年は色んな事で監督からいっぱいダメ出しをされました。

本人もすごく悩んでいました。
俺の(指導者としての)考え方を伝えた事もありました。参考にはしてないでしょうけどね。

そんな悩み期間を経て、ちょっとずつだけど成長して、ちょっとずつだけど周りに信頼してもらえる様になってきた。

そんな中での監督の言葉。
本人には聞いてませんがきっと嬉しかったでしょう。
私も顔には出しませんが心の中ではニヤニヤしちゃってましたから。

かつての仲間から「怒られるのは分かってるのに何で戻ったの?」なんて事を言われた事もあったけど、そんな仲間の前で監督から評価される言葉を言われたんだから嬉しかったでしょう。

そんな事もあってか、最近はアップの指示を任せてもらってます。
その時の声は以前より自信を持って出ている様に感じられます。親バカ感覚ですけどね。

このちょっとの成長を見られるのが私にとってすごく嬉しいこと。
春には選抜大会のベンチに入れてもらえる事になってる。年度末だから多くのコーチが帯同出来ませんからね。

一応、中学時代に3度の全国大会を経験してますから(試合には出ちゃいませんけどね)選手にもアドバイス出来る事もあるはずだしね。

どう言う理由であれ、全国大会の試合を経験するのは選手同様大きいと思う。
大舞台で急激に成長する選手がいる様に、まーぼも大舞台のベンチを経験したら多少なりとも成長してくれるでしょう。

今年一年でどう成長してくれるのか、親としてもすごく楽しみです。
posted by かに at 21:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする