2011年12月13日

私的に最高のクリスマスソング

先日YOUTUBEで見つけて歓喜したこの曲。




この豪華すぎる番組ってどうなのよ。
今は夏フェスとかで豪華共演ってあるけど、当時はそんな事も知らないからこの番組を観て大喜びしてたなぁ。
YOUTUBEに書かれた名前を挙げると、桑田佳祐、松任谷由美、泉谷しげる、アンルイス、吉川晃司、氷室京介、布袋寅泰、BOOWY、忌野清志郎、ALFEE、アルフィー、高見沢俊彦、鮎川誠、KUWATA BAND、CHECKERS、チェッカーズ、藤井フミヤ、鈴木雅之、原由子、石橋稜、ARB、小林克也、中村雅俊、明石家さんま。。。


そしてこの曲の作詞が松任谷由実 作曲は桑田佳祐

どうなのよ。これ。なんて豪華なの。


♪今年の思い出にすべて君がいる♪


なんて歌詞は思春期真っ盛りの俺にはたまらなかったね。

残念ながらレコード会社の関係で発売されなかったけど、今でも大好きな曲です。
posted by かに at 14:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7分間ノック

普段、冬のこの時期には大会はないんですが、今年から小さいローカル大会が出来たので公式戦が出来ている我がチーム。
小さかろうが公式戦は公式戦ですしね。オープン戦とはやっぱり緊張感が違いますね。

そんなローカル大会、我がチームは2チームエントリーしています。
そのBチームにまーぼも50番をもらってコーチとしてベンチ入りしました。

1回戦に勝利し、先日の日曜日に2回戦が行われました。
この試合でまーぼは初めての体験をしました。

それがタイトルの「7分間ノック」です。
試合前に行われる7分間ノック。
これまでも1年生大会やオープン戦でベンチ入りはありますが、ほとんどが外野ノックでした。

ところがこの日の試合でなんと真ん中で打たせてもらったんです。
普通は監督が打つ、あのノックです。
Bチームの監督はヘッドコーチ。普通ならヘッドコーチが打っていたでしょう。

それがこの日の試合前。
先輩のIコーチからこんな事を言われたそうです。

「おい、今日の7分間ノック、お前が打てよ」

そう言われたまーぼ。

「いや、まだ自信がないし、無理ですよ」

即答で断ったそうです。

しかし・・・Iコーチは続けてこう言いました。

「ヘッドコーチ、今日はこいつに7分間ノックを打たせてやって下さい」

そう言われたヘッドコーチ。

「おう、そうだな。経験になるからな。打て打て」

元々、ノリの良い人ですからね。すかさずの即答でしたよ。

こうなっちゃうともう断るすべはまーぼにはありません。

と言う訳で、めでたく7分間ノックデビューを果たした訳です。

シートノックの時になると、普段なら小走りで外野に向かってるから、バッターボックスの方に向かうのを見てビックリ。
先の会話は私は後で聞いたものなので、ホントにビックリしましたよ。

慌てて撮影しましたが、選手がかぶったりであまり良い写真は撮れませんでした。
なにしろ初めての事だから、私も慌てたんでしょうね。7分間もあるのにね。

本人的には打ち損じもあったり、キャッチャーフライも一発で上がらなかったりであまり満足出来る物ではなかったみたい。
打つペースも分からないから、ベンチからヘッドコーチから「もっと早く打て」と声を掛けられたみたい。
こういうのってリズムがあるから、テンポ良くいかないといけないもんね。
初体験ではどこに打つのか、ばかり優先でテンポ良く、という所までは行きませんでしたね。
残念ながら試合は負けてしまったので、もう一度という事にはならなかったですけどね。

来春には就職してしまうIコーチ、まーぼに様々なことを教えようと本当に多くの事をしてくれます。
まーぼは感謝の気持ちを持ってそれに答えられる様になって欲しいですね。
posted by かに at 08:55| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする