2011年08月30日

一区切り

新チームでの秋季大会も始まり、我がチームは初戦をコールド勝ちで発進することが出来ました。
まだまだ不安要素はいっぱいあるけれど、それでも選手達が一歩一歩、一日一日たくましくなっていく姿を見るのは楽しいですからね。
新チームのこれからに期待したいと思います。

選手権を終え、中学野球は終了となった3年生達ですが、日曜日に一区切りのための集まりがありました。
例年は7月末のローカル大会か8月頭の日本選手権が締めの大会。
その大会の前後が3年生にとって河川敷での練習の締めとなっていました。

私の中での決めごととして、日本選手権に出場する年はその直前練習が終了した後、選手達の一本締めや集合写真を撮って来ました。
残念ながら選手権に出ない年は3年生最後の大会であるローカル大会の後、全員で集合写真を撮ります。

ところが今年はローカル大会が雨で中止。
その上、同時期に記念全国選抜大会があり、その直後に選手権があったりと、バタバタして3年生の区切りの写真が撮れなかった。

と、言う訳で、先日の日曜日。
3年生を集めて区切りの写真を撮ることになりました。
せっかく集まるのだからと、3年生全員がグランドインして監督からノックをたっぷり受け、思いっ切り汚れた後に集合写真です。

もちろんそのノックを受けてる姿もいっぱい撮りましたけどね。
いったいこの代の写真はどれだけ撮ったんだろう。自分でも数え切れないほど量を撮りました。
それほど個性豊かで撮り甲斐のある選手達でした。
試合だけでなく、ただの練習風景まで毎週チームブログに載せる様になったのはこの代からです。
また載せたらちゃーんとその感想を聞かせてくれるのが嬉しいんですよね。
「あの写真を家で保存してるんですよ」とか、「携帯の待ち受けを息子の写真にしちゃいました」なんて聞くとすごく嬉しい。
先日も選手が「日本選手権の写真のつづきはまだですか?」なんて聞いてくれた。
こうやって待っていてくれるって分かると写真選びにも力が入って、何だかちょっと多く選んじゃったりするんですよね。
残念ながら新チームはまだまだ撮ってるときも撮った後もリアクションが薄い。
私ももっと選手や父兄との距離を縮めて、いかなきゃなって思ってます。
とにかく今はいっぱい会話して、私に慣れてもらわないとね。

推薦での進学って子も半分くらいいるから、そうした子達はこれからもグランドに来て練習する事になってる。
でもチームとしての練習ってのはこの日が最後。
私のわがままでしたが、選手、父兄にも一区切りのイベントがあって良かったんじゃないかなって勝手に思ってます。

最後の1枚は恒例の帽子投げ。
これが無いとDVDの締めに困っちゃうからさ。天気が良い日に撮れて良かった。(^^♪

IMG_4167.JPG
posted by かに at 03:02| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする