2011年04月04日

まーぼ新米コーチ日記

このブログの主役はやっぱりまーぼです。
これまで中学、高校とステージが変わる度にカテゴリーを新設してきましたからね。
コーチに就任した今回も作っちゃいますよ。(^^
まぁ、そうは言ってもどれほどの記事が書けるのか、今のところ未知数なんですけどね。
近況報告くらいのつもりで読んでもらえるとありがたいです。

記念すべき新カテゴリー1回目のエントリーはまさに今日の話。
今日は平日練習がありましてね。
平日ですから当然社会人のコーチは不参加。
監督も都合があり欠席になってしまったので、先輩学生コーチとまーぼの二人、まさに学生コーチコンビでの指導となりました。
もちろん何かがあった時のために何人も大人が来ていましたが(私も行きましたし)でもグランド内は学生コンビ二人。
二人と言ってもまーぼはまだまだまだまだ・・新米ですからね。
練習を仕切るのは先輩コーチ。彼もまーぼ同様、大学に入学した時に学生コーチとしてチームに戻ってきたんです。
彼もこの春で大学4年生。コーチとして3年間をここで過ごしています。
4年生になるこれからは就活でグランドに来る頻度が下がってしまう。
まーぼは少しでも多くのことを彼から学んで欲しいと思っています。

今日は午前中だけの練習で、アップとキャッチボールの後はずっとノックでした。
先輩コーチが内野、まーぼは外野を担当です。
私はバックネット裏から1塁ファールゾーンからノックするまーぼを見ていましたが、いやー、さっぱりでしたね。
他のコーチの言葉を借りると「まだノックじゃなくバッティング」と言う言葉通りでしたね。
しかもそのバッティングだって大得意って訳じゃないからね。
もっともっと練習が必要ですね。選手達のためにね。

当初、本格的にコーチとして活動を始める前に高校野球部でノックの練習をたっぷりするつもりだったんだけど、震災の関係でそれの予定が大きく狂っちゃった。部の活動も一時停止してたからね。登校停止になってるんだからしょうがないんですけどね。
そんな訳でまだまだ修行不足の感がたっぷりのまーぼ。
選手達とのコミュニケーションもまだまだの様に思います。
監督からも「何かを指導しようと思うな」と言われてますしね。
自信を持って選手達と接する事が出来るようになるにはノックの上達が最短距離かなぁ。

まぁ、まだグランドに行き始めて片手で数えられるほどですからね。
今後どんな成長を見せてくれるのか。それを間近で見られるのはある意味幸せな事かも知れない。
親として息子の成長を楽しみにしていきたいと思います。
posted by かに at 16:17| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする