2011年03月17日

求められない開幕になんの意味があるのだろう

セ リーグが25日に2011年のシーズンの開幕を決めた。

コミッショナー、選手会、パ リーグの反対を押し切り決めたこの決定。

私は横浜ベイスターズのファンとしてこの決定に断固反対します。

正直、少し前までは迷っていました。
「ホントに開幕しちゃって良いのかなぁ」くらいの気持ちでした。

今日、仕事に向かう途中に通った最寄り駅近辺。ちょうど計画停電が実施されていました。
いつもは明るい商店街に明かりが一つもない。
普段は付いている看板やネオン、街灯や店の明かりも何もなし。
そんな真っ暗な商店街をたくさんの人が歩いていた。

実はうちのそばを通っている路線では計画停電の影響でちょうどその最寄り駅までしか走ってないんです。
だから普段は一駅二駅先で降りている人達が懐中電灯を手に歩いて帰宅しているんです。

本当なら迎えを呼びたい所でしょうが、ガソリンがほとんど買えない昨今ですからね。

一体どれくらいの距離を歩いてるのかは分からないけど、うちの辺りは結構アップダウンがあるんで大変だと思いますよ。
それでもきっと多くの人は「被災地の人達の苦しみに比べれば」って感じてると思う。たぶん。

そんな中、セ リーグが25日に開幕すると言う。

中日の球団代表が「セ リーグは延期する理由はない」と発言したと言う。
さらに私の大嫌いなあのナベツネがこう発言した。

「選手が命懸けで試合をすれば、観衆は元気を持ってくれる。労働のエネルギーが出るし、そうすれば生産性も上がる」

「パリーグが何もしない方が良いと言ってるのなら、勝手にしろ!」

もうね、怒りを通り越しましたよ。

今、こうしている時も本当に命懸けで働いている人がたくさんいる。
シーズン終盤に選手自らが発言するならまだ納得もします。
しかし件の発言はホテルで大規模に行われた激励会での発言ですよ。

命の危険も無く、凍える寒さも無く、温かく美味しい食事のあるホテルでのパーティーで許される発言ですか?

私は単に不謹慎だから延期しろと言いたい訳じゃないんです。
スポーツや笑いは国民を勇気づける物だと思います。
絶対必要不可欠です。
でも今じゃ無いでしょう。

電気を少しでも節約して、不便でも被災地のために我慢しよう。そう言う気運が高まっている今、ナゼ電気を大量に消費する事を進んでしなければならないんだ。

私はプロ野球ファンだけど、今大量に電気を消費して試合をするのならそんな試合は見たくない。
心の底から開幕を喜べない。楽しみに出来ない。

巨人や中日からすれば、弱小横浜のファンの声など取るに足らないものかもしれないけど、声を上げずにはいられなかった。

唯一の救いは私が愛するベイスターズは開催に反対意見を出したと言う話を聞いたこと。

ファンも選手も苦渋の開幕を迎えるなんて本当に勘弁してもらいたい。
posted by かに at 03:01| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする