2010年12月15日

背番号

先日、3年生父兄との飲み会がありました。(あの高所でのやつです)

その席での事。

ある父兄とこんな話をしました。

その方の息子、T君は身体の小さい選手でした。
上級生がいる間は残念ながらベンチ入りを果たす事が出来ませんでした。

しかし努力の甲斐あって、代が変わって最初の公式戦、秋季大会のベンチに入る事が出来ました。

そのメンバー発表の日。

我がチームはユニフォームの上と背番号はチームからの貸し出しになっています。

そのユニフォームと背番号はメンバー発表のその時に監督から直接手渡されます。

選手はもちろん、その父兄もこの日までベンチ入りが出来るのか、背番号がいくつなのか、と言う事がわかりません。

グランドにいてメンバー発表をそばで聞いていれば、父兄もすぐにそれを知る事が出来ますが、その場にいなかった父兄は子供から報告があるまで知る事が出来ません。

先日話したその方もその日はグランドにいませんでした。

だから息子の帰宅後、ワクワクしながらその報告を待っていました。
ところが帰宅してから一向にその話をしない。

母としても(繊細な話だけに)「どうだったの?」とは聞けなかったそうです。

すると、しばらく経って夕食の間際と言う時に満面な笑顔で背番号を台所に立つ母の元に持って来たそうです。

いきなり見せて母をビックリさせたかったんでしょう。
すぐに報告したい気持ちを抑えて、プチサプライズを思いついた彼の喜び。
なんだか話を聞いていた私もニコニコになってしまいました。

そしてその日の夜。
彼のサプライズの背番号をユニフォームに縫い付けたそうです。

彼女はその時の気持ちを今でも覚えているそうです。
これまで感じた事が無い程の喜びがあったそうです。

我が家も背番号を付けるのは奥さんの仕事です。
その時にこんな気持ちだったんだなって思うとちょっと羨ましく思っちゃいました。

そしてそんな話をしながら思わず私もグッと来ちゃって涙しちゃいそうでした。

チームは人数が増え、競争が激しくなった。
そうなるとポジションを取るために個々のレベルアップが必要になりますし、ひいてはそれがチーム力アップに繋がります。

しかしそれは同時にユニフォームを着ること、背番号を付ける事の大変さが増す事になります。

最終学年には全員が背番号を付けて欲しいと思うけど、ひと学年がベンチ入り可能人数より多くなってしまった今となってはそれは無理な話。

ベンチ入りする選手、出来ない選手。
これからも避けては通れない問題です。
しかしその影で選手、父兄の様々な思いがあると言う事を忘れちゃいけないな、と改めて思いました。
posted by かに at 00:08| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする