2010年11月27日

20年前の記憶

先日、我が街にあるイトー◎ーカドーに行った。
そこの一角にオープンした「餃子の王将」に行くのが目的だったんだけどね。
目的のセール品を買い、帰る前にちょっとだけとヨーカドーの店内をフラフラした。

で、その時、とある専門店があるのに気付いた。
それはベビー用品専門店の「ア◎チャン◎ンポ」

気付いた瞬間、むか〜し感じた苦い気持ちがフッと蘇って来た。

今じゃすっかりデカくなって来年成人式を迎える我が娘。
20年前はまだ赤ちゃんでした。当たり前ですが。

これはその20年前の事です。

当時、とにかく金が無かったからさ。
紙おむつやベビーフードと言った娘を育てるのに必要な物を、安いと評判の「ア◎チャン◎ンポ」に行く事にした。

我が家から車で40分くらい。
近いようで案外時間が掛かっちゃった。

それでもようやく到着し、ワクワクしながら店内に入った。
しかし、そのワクワクは一瞬で消え去っちゃいました。

店に入った私達に店員がススッと寄って来てこう言ったんです。

「こちらのお店で買い物をするには会員登録が必要なんですが、登録出来るのが6時までなんです。(この辺の時間の記憶はちょっと曖昧)もう6時を過ぎてしまったんで今日は登録が出来ないんです」

時計を見ると6時5分。
確かに6時は過ぎてます。でもこっちはそんな事も知らずに40分も掛けてやって来たんです。
5分くらいなら何とかならないの?って思うじゃないですか。

ところがその店員さんはけんもほろろ。取り付く島なしって感じですかね。
40分掛けて来た事を言っても「日を改めて」の一点張り。
泣く泣くそのまま店を後にしました。

今なら店長なり、本部なりにガッツリ苦情をまくし立てるところですが、当時はそんな事も思いつかない程の若造でしたからね。

「こんな店、二度と行くもんか!絶対に行かない!!」
と、心に固く誓って、その後、娘のためのベビー用品は別のお店で買い続けていました。

20年も前の話です。
今はどういうシステムになってるのか知りません。
20年も経ってるけどあの看板を見た瞬間にあの時の店を後にした時の悔しさが思いっ切り蘇ってきました。
やっぱり心底悔しい気持ちを味わったら時間が経っても忘れないもんなんですね。

いや、ホント、瞬間ですよ、瞬間。パッと蘇ってきたんですよね。
人間の記憶ってすごいもんですね。

おそらく今後、娘、息子に子供が産まれてもあの店だけは利用しないですね。絶対。それは断言出来るな。
posted by かに at 15:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする