2010年09月06日

ブロック決勝へ

ホントは他にも書きたいことがあるんですけどね。
昨日、これから試合だってエントリーを書きましたしね。
その結果からまずは入らないいけませんよね。

普段は河川敷を中心に試合をしてるんですが、この日の試合会場は都内にある区営球場。
高校野球でも使用するその球場で開会式がありましてね。

ブロックの持ち回りで3年に1回、開会式後にそのまま試合をすることが出来ます。
今年はウチのブロックと言うことで、その球場で試合をすることが出来ました。
今のチーム、選手も父兄もこのような本球場で試合をするのは初めて。

電光掲示板はおろか、試合開始のサイレンでも「ジーン」としちゃう父兄がいっぱい。
なんかそういう光景をみるだけでこっちも嬉しくなっちゃいますね。
試合に勝っていけばこれからもっと大きな会場で試合が出来る訳だし、そうした感動を一緒に味わっていきたいなって改めて思っちゃいました。

試合の方は序盤からイイ感じ。
着々と点差を広げていき、「この調子でいけば・・・」なんて思った途端に突然ピンチ。
一気に1点差まで詰められ、なおも同点、逆転のピンチでしたが、投手が踏ん張ってリードを保ったまま試合終盤に突入しました。
6回にワンチャンスをものにし1点奪って2点差で最終回。
と、ここまで頑張ってきたエースのK君。疲れが出たのか、連続四球と内野安打でノーアウト満塁。
1打同点、長打なら逆転という大ピンチでした。
しかしここでK君が踏ん張り連続三振。そして最後のバッターもセカンドゴロに仕留めてゲームセット。
苦しみながらも何とか凌ぎきりました。
こうした試合をモノに出来たのは選手にとってもすごく大きいし、父兄にとっても得るものがあったと思います。

ともあれこれで決勝進出。
まだまだ先に東東京大会はあるし、関東大会にも行きたいですから、決勝戦とは言え通過点。
それでも決勝戦というのは一つの戦いとして大きな収穫があります。
次の試合では修正出来る者は修正し、さらに良い試合をして欲しいと思いますね。
posted by かに at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする