2010年09月02日

慰労会

先日の三年生送別試合の後。

午後からは大学グランドから5分ほどのところにある市営の会館に移って慰労会が行われました。

今回の慰労会。
場合によってはグランドでやったらどうか?という声もあったんです。

しかし3年生父兄からは、グランドではなくきちんとした場所で行いたいって強い要望が出ていました。
まぁ、連日の暑さもありますしね。

でも一番の理由が、私の作ったスライドショーの上映なんです。
一部の3年生父兄には私が以前作ったスライドショーを見せたことがあり、「慰労会に向けてこのようなスライドショーDVDを作ってる」と話していたんです。
それをどうしても選手、父兄のみんなで見たい。それが3年生父兄の要望だったんです。
大学グランドには管理棟があり、やりようによってはそこでスライドショーを見ることが出来る。
でも全員が一緒に見られるほどの広さは無いですからねぇ。

これほど期待され、作り手としては嬉しさの反面、プレッシャーでもありましたね。
せっかくいい場所借りたのに肝心のスライドショーが期待はずれじゃ、申し訳ないですからね。

そして始まった慰労会。
監督、コーチの挨拶から乾杯へと進み、食事が始まりました。
この会食の時間にスライドショーを上映する予定でした。
どのタイミングで上映するかは私判断。
周りの父兄は早く見たいとせっついて来たんですが、食事が一段落してからの方がいいかなと思って、ちょっとしてからスライドショーをスタートしました。

スライドショーを上映する時。
私はいつも会場の一番後ろでスライドを見ているみんなを見るようにしています。
後ろからは映像を見ながらハンカチを手にする人が多く見えました。
俯いて映像を見られないほどの人もいました。
多くの人がスライドショーに集中しているのが分かってホッと一安心。
3曲15分ほどの映像が終わった時、会場内からは大きな拍手がありました。

すぐに2年生父兄から「私達にもDVDをください」っておねだりされちゃいました。
3年生父兄に配ったDVDは、スライドショー編とデータ編の2枚組。
2年生には上映用に持って来たDVDをその場であげましたよ。

とにかくすごく好評で、3年生父兄からも何度もお礼の言葉を言われました。
これだけ喜んでくれたらやった甲斐があったなという思いでした。
そして何より、プレッシャーから解放された安堵感でいっぱいでした。

スライドショーの上映が終わると会も終盤。
メインイベントの3年生からの挨拶となりました。
みんな色々話してくれて、まさに個性溢れるこの学年ならではの挨拶でした。
ただ、その話はまた後日ゆっくりと書こうと思います。
少しお待ち下さい。
posted by かに at 18:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする