2010年08月31日

三年生送別試合

先日の土曜日、まーぼ野球部の三年生送別試合がありました。
先日のユニフォーム姿はその時のものです。ついつい嬉しくて撮っちゃったんです。(*^_^*)

本来、まーぼ野球部ではこの三送会を3月の卒業式直前にやって来たんです。
しかしその時期はまだまだ安心出来る状態になっていない一般受験組の生徒もいる。
野球部にとっても春季大会前の大事な時期。
と、言うことで今年から監督判断でこの8月終わりの時期に変更になったんです。

例年の三送試合ならちょっとぽっちゃりしちゃってちっとも動けなくなってしまった選手も多いんですが、今回は引退からまだ1ヶ月半ですからね。みんな思ったより動けてて予想以上にしっかりと野球が出来ちゃいました。

とは言え、1ヶ月半なにも運動をしていない選手もいますからね。
うちのまーぼもその一人。引退から1週間経った時に数q走ったのが最後。
その後は運動らしい運動をしてませんでしたからね。

そう言う訳で3年生は交代自由。ランナーで「全力疾走したから次の回は1イニング休み」なんて感じでした。
交代が自由だったらポジションも自由。
最初の3イニングこそ夏大のポジションだったけど(まーぼはキャッチャーだから夏大とは違うけど)その後はピッチャーも含めて入れ替わり立ち替わり。
でもこれがまたエラーもなければ四球もほとんど無し。
これが勝つってプレッシャーから解き放たれた野球なのかね。グランド上でもベンチでも実に楽しそうでした。

例年はコーチが3年生チームの監督をやっていたんですが、今回は男子マネージャーのT君が監督。
このT君。中等部では野球部に在籍。自信が無いからと高等部進学後に野球部に入ることはなかったんですが、監督からの誘いでマネージャーとして野球部に関わることに。
本来のマネージャー業の他に、元野球部ですからキャッチーボールの相手も出来るし、ノックの時のキャッチャーも出来る。
部員達にとっては同じ選手同様の感覚で一緒に過ごしていたんですよね。
そんな彼が監督ですから、そのことも自由でのびのびとした雰囲気に繋がったんでしょうね。

試合はと言えば「なんで今頃!」って言いたくなるほどの連打。
新チームのことを思えばちょっと心配にもなりますが、この日の主役は3年生だからと思って素直に喜びました。
まーぼも3打数2安打の活躍。しかも2本目のヒットは現役中には滅多に成功しなかったセーフティバント。
絶妙な場所に転がって1塁に楽々セーフ。
本当はホームランを狙って欲しかったんだけど、これもまたまーぼらしいのかな。

試合終盤には監督をしていたマネージャーのT君が代打で出場。
見事ヒットを放ってベンチも応援の父兄も大盛り上がり。
1塁ベース上のT君はちょっと気恥ずかしさを感じながらも笑顔いっぱいでとっても嬉しそうでした。

そしてそのT君。最後のイニング、2死ランナー無しの場面でマウンドに登りました。
彼がマウンドに登るのは、小中高と通じてこれが初めて。
最後にこういう場面を作るなんて、やっぱり彼は選手達から大事にされていたんだなと改めて感じました。
人数も少ないし、勝ちの経験も少ない弱小野球部だったけど、こうした仲間と過ごすことが出来たことは素晴らしい事だったと思います。

真剣な高校野球は涙で終わりましたが、まーぼの高校野球はこの日に笑顔で終わったのかな、そう思いました。

限られた時間ではありましたが、思う存分に打って走って、これからの英気を養ったんじゃないかなと思います。
勉強勉強の毎日でほとんど野球に関わることが無く夏を過ごしましたが、この日1日でその分を取り戻せたんじゃないかな。

もちろん私にとってもすごく楽しい1日でした。
posted by かに at 13:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする