2010年07月12日

1164

まーぼの高校野球が終わりました。

まーぼを含め、家族全員まだ実感が湧きません。
リビングにはいつものようにまーぼの野球バッグが置いてあります。
自分の部屋があるのに、いつもまーぼはリビングにバッグを置いていました。
オフの日はこの様に一日中リビングの隅にバッグが置かれています。
なんか今日もそんな感じがしちゃうんです。
今日はオフ。明日にはまたこの重いバッグを担いで練習に行く。
そんな感じがしちゃうんです。

でも、違うんですよね。
一日、一日と経つごとに「本当に引退したんだ」って実感が湧くんでしょうね。

昨日の試合、負けはしましたが、精一杯出来たと思います。
悔しいことですが、現状の力がそこまでだったということだと思います。
怪我人がいました。打撃でスランプを脱しきれない選手もいました。
それもこれも含めて今のチームの戦力だし、それを含めての結果だと思っています。

最終回、打順は3番からでした。
まーぼは5番。前2人が倒れればまーぼが最後の打者になる可能性もありました。
先頭打者は倒れましたが、続く4番が四球で出塁。
さらに牽制悪送球で2塁まで進み、1死2塁という場面になりました。

この打席、初球から全力で振っていき、ファールで追い込まれた後、最後の1球がセンター方向に飛びました。
そしてセンター前にポトリと落ちるヒット。
1塁ベースに到達したまーぼは天高く指を突き立てていました。
まーぼがこんなポーズをしたのは初めての事でした。

そしてその直後に更なるヒットが出て、1点を返しましたが、それ以上続くことなくゲームセットとなりました。

あの瞬間、まーぼは「とにかく繋げたことが嬉しかった」と思ったそうです。
思えば中学時代、大阪で行われた全国選抜大会の時。
1度だけ打席に立ったまーぼは同じようにセンターに打球を飛ばしました。
しかしその時は相手センターの好プレーでこれを捕球されヒットにはならず。
悔しい思いをしましたが、あれから3年経って同じように最後の打席でセンター前に飛んだことは何か感慨深いモノがあります。
詰まってるし決して会心の当たりではなかったけど、思いっ切り振り抜いた結果のポテンですから、まーぼらしいのかなと思いました。
5番打者ですから、外野手が少し後ろに下がっていたからと言うこともあると思います。
ですが、今まで頑張ったからこそ、この打順に座ることが出来たのですから、この打席のヒットがまーぼの集大成といっても過言ではないと思います。

試合終了後、挨拶を終え、泣き崩れているチームメイトをまーぼは笑顔で抱きかかえていました。
次の試合もあるから早くベンチを空けなくてはいけない。
まーぼは何人ものチームメイトに笑顔で声を掛けながら、グランドから去っていきました。

グランドでは一切涙を見せず笑顔を見せていたまーぼでしたが、ベンチを出て久しぶりに再会した多くの先輩達から声を掛けてもらい、ついに涙を流してしまいました。
まーぼなりに主将として精一杯張り詰めていたんだなと実感させられた場面でした。


これまで多くの方に支えられ、台風一過を続けてきました。
当初は今で言うツイッターのような、たわいもないことをダラダラと書いているブログでしたが、少年野球のブログと変化していき、まーぼの中学野球、そして高校野球と書き続けてきました。

そしてそのまーぼがついに引退の時を迎え、このブログも一つの転換期となります。
柱となるまーぼの活躍がお伝え出来なくなる訳ですから、当然内容も変遷していく事になると思います。

ですが、これからも台風一過は続けていきます。
まーぼの事も可能な範囲で書いていきます。
長く読んで頂いてる方は、野球選手としてのまーぼではなく、一高校生のまーぼを楽しんでくれていると思っていますから。

今までまーぼの事、まーぼ野球部のことを応援して下さった皆さん。
本当にありがとうございました。
そしてこれからも、ただの高校生、まーぼの事を応援してやって下さい。
よろしくお願いします。m(_ _)m

タイトルにある1164という数字。
これはこの試合で私が撮影した写真の数です。
義妹からカメラを借り、職場のカメラマンからレンズを借り、万全な体勢で試合に臨み、実に1000を越える回数のシャッターを切っていました。
最後に、その中からまーぼのトレードマークである全力疾走。そして最後のガッツポーズの写真を見てもらいたいと思います。

ありがとうございました。

IMG_4873.JPG


IMG_5217.JPG
posted by かに at 09:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする