2010年05月21日

経験は宝

今週末からシニアの関東連盟では日本選手権出場を賭けた夏季大会が始まります。

我がチームは史上初めてシード権を獲得したため試合は三回戦から。

とは言え他チームは負けたら終わりの背水試合をしてますからね。
のんびり練習だけと言うわけにはいきません。
同じくシードを獲得したチームと練習試合を行う予定です。

相手グランドに遠征しての練習試合。
このチームのグランドは周囲を住宅に囲まれ、大きな声をまったく出せないと言う特殊なグランドです。

まーぼが三年生の時もこのグランドで試合をしたんですよね。
声を出せないと言う状況に選手だけでなく、我々親も戸惑った。
静かに進む試合。ちょっとしたジャッジに「えー(´O`)」って声を上げた途端、審判が飛んできて「今度ジャッジに不満の声を上げたら監督を退場にしますよ!」と怒られてしまった。(;^_^A
確かに声がデカイ集団だけどさ。息子より親の方がね。
それでも普通のグランドだったら気にならない程度の声が、静かだからこそ余計に審判に届いちゃったんだろうね。後にも先にも経験無いもん、そんなこと。

そんな訳でまったく良い印象がないそのグランド。
練習試合でもありますし、見に行くつもりはまったくありません。

何で声が出せないのか、いきさつを聞くと同じ硬式チームとして同情してしまうんだけどね。
ですが、大会を前に今の選手、父兄がそう言うグランドを経験出来るのは良いことです。
相当勝ち上がらないと当たらない相手だけど、うちの試合がそのグランドで行われる可能性だってあるんだから。

正直なところね。
経験した身としては、最後の夏なんだから、思いっ切り声を出して試合をし、応援出来るグランドで試合をして欲しいけどね。
あくまでチーム広報じゃなく、一父兄だった頃の記憶、先輩父兄としてね。

ともあれ、雨がちょっと心配だけど、今後のためにぜひ実現して欲しい試合です。
posted by かに at 08:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする