2010年04月28日

研修

まーぼの高校は仏教系の高校です。

朝にはお経を唱えるおつとめがありますし、様々な仏教行事が組まれてます。
そんな学校行事の中でも、一番ハード(?)なのが、3年生が行う増上寺研修です。

増上寺ってのは、東京タワーのすぐ近くにあるでっけえお寺。
徳川家の菩提寺としても知られている由緒正しいお寺さんです。

まーぼの高校ではこのお寺で3クラスずつ3日間、一日掛かりの研修をするんです。
今日がまーぼのクラスの日。

研修は夕方までガッツリとあるんで、部活は無し。
そんな訳でいつもより早く帰宅したまーぼと、久しぶりに一緒に晩飯を食いながら話を聞いた。

午前中はみっちり講話。
なにやら色々ありがたーいお話しをたっぷりとしてもらったらしい。
どんなありがたい話だったのか、掻い摘んで話せないくらいありがたいらしい。(^O^)

そして昼は当然、精進料理。
ご飯、とろろ、厚揚げ、そして漬け物。これだけ。
ご飯はおかわりしたし、漬け物も少し余分にもらったみたいだけど、やっぱり足りなかったみたいだね。まぁ、当然だわな。普段3合近く食べてるんだから。

そして午後からハードなお経の時間。
ずーっと正座なんだろうなぁと思ったらじつはそうでもないんだって。
当然お経を唱える時は正座なんだけど、しばらく唱えたと思ったら、一旦立って阿弥陀様にお辞儀して、そしてまた正座してお経読んで。。。
ってのを延々繰り返すらしい。

じつはね、先日の練習試合でキャッチャーをやった時にヒザの上辺りに怪我をしていたんですよ。打撲とちょっと裂傷。裂傷の方はそうでもないんだけど、打撲はそれなりに痛いらしく、特に座ったり立ったりの作業が辛いんだって。
傷めた日は熱〜い風呂に入るみたいな動きしか出来なかったからね。

そんな足で正座&立ったり座ったりですからね。
そりゃあきつかったでしょう。
実際問題、そんな痛みが無い人でも相当キツイみたいだけどね。

でもそんなキツイ研修を無事終えた後、まーぼはちょっとだけご褒美を頂いたそうな。
ご褒美って言っても物じゃないですけど。

最初に書いた通り、この増上寺ってのは徳川家の菩提寺。
敷地内に徳川家の墓所があって、二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂の、六人の将軍の墓があるんですよ。
でも普段は葵の紋が入った扉がガッチリ閉められていて、特別公開日以外は一般の人が立ち入ることは出来ない。
だけど、こうした研修の時は中に入ることが許可されるんだって。
希望者のみってことで、まーぼは研修終了後に先生経由で許可をもらい、友達と二人でその中に入れてもらったらしい。(3クラス中、希望者が2名ってのが驚きだけど)

もうね、その扉が開いた瞬間ったらすごかったって。
他とはまったく空気が違うみたい。
まーぼがこの時ばかりは興奮気味に話してたくらいだからきっと何かがあるんだろうね。

歴史と不思議に興味があるまーぼにとってはすごく貴重な経験だったでしょう。
話を聞いたら、俺もその中を見てみたくなった。
増上寺のHPによると、年に10日くらいしか特別公開日はないみたい。
もしかしたら何かすげえパワーがもらえるかも?行って見ようかなぁ。
posted by かに at 00:42| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする