2010年03月17日

いったい・・・

いったい誰が買うってんだろう、この本。



田中宏和さん

田中宏和さん

  • 作者: 田中宏和
  • 出版社/メーカー: リーダーズノート
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





あ、田中宏和さんか。

ちなみに試しに私の同姓同名も検索してみた。

ネイチャー写真を撮っている人や大手自動車会社の人がいた。
それだけですけど。
集まろうって気もないし。

posted by かに at 13:51| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニヤニヤ

今日は埼玉の県立校との練習試合。
この学校との練習試合、実はずっと長く熱望していたんですよ。

サードは少年野球時代のチームメイト。
キャッチャーは中学時代の親友。
そしてエースは少年野球時代にしのぎを削ったライバルチームの選手。

しかもエースは左腕ながら球速140kmを越え、プロも注目している逸材なんですよ。
実際、先日の日曜日には神奈川の強豪校相手に二桁奪三振をやってのけたらしい。
私としても小学生時代を知る選手がそんなにすごくなっているならぜひ見たい。
そんな思いで相手校のグランドに行ってきました。
もちろんまーぼの野球が見たいってのが一番メインですけどね。

試合前、メンバー表交換に来たのはサードのS君。
そしてこちらはもちろんキャプテンのまーぼ。
なんかお互いニヤニヤしちゃってすごく楽しそう。
これから練習試合が始まるってのにこんな顔してるのはほとんど見たことがない。

かつてはまーぼがエースとしてマウンドを守り、S君が四番として得点をあげる。
そうやって一緒に県大会まで行った仲間と、今、相対している。
なんかまーぼだけじゃなく、私もニヤニヤしちゃってました。

先程も書いたように、プロ注の投手を擁するこの高校ですが、実は部員数はすごく少ない。
入学当時はそれなりの人数がいたみたいなんですが、色々あってずいぶん辞めちゃったみたい。他校のことだから詳しくはわからないから書きませんが。
結局、新三年生で残ったのは私も知っている3人だけ。
残りは全員新二年生なんです。
でもその3人が力でチームを引っ張っているのが、対戦してみてよく分かりました。

残念ながら直前の試合で死球を受けてしまったらしく、楽しみにしていたエースの登板が無くなってしまいました。
念のための登板回避らしく、ファーストでフル出場してましたけど。

さて試合ですが、マウンドには新二年生が登りました。
当然ながらエースより大きく力が落ちるのは明白で、序盤からガンガン打ちまくって一方的な試合になってしまいました。
まぁ、そういう投手を打ちあぐねているよりは安心ですけどね。

一方、こちらはエースが先発した後は4人の投手を繋いで3失点。
エラーもほとんど出なかったし、失点は相手三年生の長打によるもの。
甘い球をしっかり捉えられての長打だから今後に不安を残すようなものではなかったかな。

と言う訳でチームは大勝だったんですが、まーぼはと言うと、これがほとんど見せ場無し。唯一の見せ場としては守備ですかね。
この日はセンターでの出場でした。

ノーアウト1塁で相手は3番に座るエース。1打席目にはホームランを打っていた。
当然長打警戒で思いっ切り深く守っているまーぼ。
そこへ浅いセンターフライが上がった。
まーぼはそれを地面に落ちるすれすれでスライディングキャッチ。
そしてすぐさま立ち上がって1塁へ送球。
落ちると判断したのか、すでに2塁手前まで来ていた1塁ランナーは当然戻れずダブルプレー。(まぁ、走塁ミスっちゃあ、走塁ミスですけどね)

と、言う訳で以上がまーぼの唯一の見せ場でした。(;^_^A

相手チームの3人がそれなりに活躍していただけに、まーぼが活躍出来なかったのは残念ですが、念願叶って友人のいるチームと対戦出来て良かったです。

まだまだ他にも友人がいるチームはたくさんあるからなぁ。
残り期間は短いけど、1試合でもこうした試合が見たいな。
posted by かに at 02:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする