2010年01月14日

届いてたんだ

シニアの年始の練習などで現3年生父兄とずいぶん会いました。
そうした人達に会うと真っ先言われるのが、納会総会の時に贈ったスライドショーDVDの話。

「年始に田舎に帰った時に親戚に見せた」

「何度も見て何度も泣いた」

「YouTubeにアップされているものを会社で何度も見てる」

「同僚にも見せた」

「もう10回以上見てる」

などなど、書ききれないほどの高評価をしてもらい、何度も握手を求められました。
こうした声はすごく嬉しい。

中にはこんな人がいた。


「ウチの息子はずっと控え選手。公式戦の日だってユニフォームではなく練習着でメンバーのために試合前のバッティングピッチャーをやり続けていた。

私はそれでもいい、自分のために、チームのために頑張ってる息子を褒めたいと思ってた。

◎◎さん(私のこと)はそんな息子のことをしっかり見ていてくれて、息子が投げている姿をDVDに入れてくれた。それが本当に嬉しかった」


こんなことを言われた日にゃ、こんな私でもウルッと来ちゃいますよ。

私がやっていることがただの自己満足ではなく、ちゃんと心に届いてるんだなと実感出来ました。
大変だけど今年も頑張ろう、そんな気持ちにしてもらいました。
posted by かに at 01:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする