2009年12月09日

逆境に強くなる

ふと気付くと、リビングの壁に『春、必ず勝つ!!』と題された紙が貼られていました。
貼ったのは言うまでもなくまーぼ。

タイトルの下には「肉体強化」(外の強さ)と「精神強化」(内の強さ)と書かれ、それぞれの目標が書かれていました。
具体的な目標はあえて書きませんが、文字の力強さからまーぼの決意が感じられました。

この秋のまーぼチームは特に精神面の強化が大きな課題だとつくづく感じました。
11月には少し改善されましたが、9月〜10月の頃はエラーが出だすと止まらなかった。
そして最後まで改善さらなかったタイムリー欠乏症。
チャンスで精神的に優位になるのではなく、逆に「打たなきゃ」って追い込まれてるみたいになっていた。

この冬、どうすればその精神面が強化されるだろう。
そのヒントを総監督の言葉から見つけました。

我がシニアには『良い選手になるための五ヶ条』というものがあります。

それについては以前このブログでも書いたことがあります。



その五つめの「逆境に強いこと」というのはどうすれば出来るのか。

「自分がこうと決めた目標に妥協せず邁進すること」

なんだそうです。
これは四つめの「自分に厳しいこと」というのにも通じるですが、自分にこそより厳しさを追求していくことによって、逆境に強い精神が育まれるということだそうです。

この話は当然まーぼは知ってるだろうけど、改めた思い出させるために話そうかなと思ったら自分から目標を決めてくれました。

あとはチームとして明確な目標を定めたらどうだろうかと思うんです。
そしてその目標のためにチーム全員が妥協せず邁進すればきっと良い春を迎えられるはず。
いや、普通の高校は「目指せ、甲子園!」とかあるんでしょうが、今の彼らにとってはまだまだ「目標」ではなく「夢」というレベル。
それならしっかりと見据えることが出来る「目標」を定めるべきだと思う。
親が知らないだけで、実際はあるのか知れませんけどね。

やんちゃな子が少なく、比較的大人しい子が多い今のチーム。
そうやって強い心を育てて欲しい。そう思います。
posted by かに at 13:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする