2009年11月09日

アクシデント!

日曜日、まーぼはさいたま市の高校と練習試合でした。

私はシニアの1年生大会を見たあと、そちらに駆けつけました。

学校に着き、グランドが見えてくるとどうも様子がおかしい。
マウンド周辺に人が集まってる。

「打たれてマウンドに選手が集まってるのかな?」

それくらいの気持ちでグランドに近づいてみたら、どうもそうではないようだ。
両チームの選手がマウンドに集まっていて、その中に1人の選手が倒れ込んでいる。

これは明らかに何かあった。
バックネット裏に着いてすぐさま状況に着いて聞いてみた。

どうやらウチの選手が打ったボールがピッチャーライナーになり、投手のみぞおちよりちょっと上くらいの所に当たったと言う。
もんどり打って倒れたため、試合は当然中断。救急車の到着を待っている、と言う状況だったようです。

相手チーム父兄に看護婦の方がいたようで、その場で冷静な対処がなされたおかげで大事に至ることなく、その子は救急車で運ばれていきました。
ボールが当たったあともきちんと意識があったみたいですしね。
ただやっぱり昨今の救急体勢の難しさか、すぐには救急車が発進しませんでした。
きっと病院が見付からなかったんでしょう。
ホント、この問題だけは早急に何とかしてもらいたいって思っちゃいました。

当たった選手、すごく痛かっただろうけど、首より上じゃなくて本当に良かった。
首から上だと命に関わる可能性も出て来ちゃいますからね。
そしてこれはすごく申し訳ないんだけど、息子じゃなくて良かった、ウチの選手じゃなくて良かったって正直、少し胸をなで下ろしちゃってる自分がいます。ホントに申し訳ない。

試合終了後、当てちゃったウチの選手には「ゲーム中の事だから気にするな。ピッチャー返しはバッティングの基本なんだから」と声を掛けておきました。
あとからまーぼに聞きましたが、やっぱり彼もちょっとショックだったようです。当然ですよね。

まーぼも昨年2度も死球を受けて怪我をしましたが、試合中のアクシデントってありますよね。真剣にやってるからこその怪我ですから誰も攻められません。
これが中途半端にやってる中での怪我だともっと大事になったりしますから、そういう点だけは注意してみていないといけないですよね。
posted by かに at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする