2009年09月14日

流れ

先日の試合。
選手達はよくやったなぁ、と思ったのが、試合の流れをほとんど相手にやらなかったことです。


終盤、相手に1点奪われ点差を詰められた8回。

こちらの攻撃で2死からランナーが出た。終盤のダメ押しは価値が大きい。
ここで監督は代走を送った。
が、なんとこのランナーが牽制アウト。
今度は相手の意気が上がる。

その裏の相手の攻撃。
こちらとしては正念場。先頭打者だけは決して出してはいけない。
ここでノーアウトからランナーを出したら相手に流れが行ってしまう。

しかし4球もファールで粘られた後の一球はセンターフライ。
これで相手に行きかけた流れを引き戻し、この回の攻撃を3人で切って取った。


この夏、チームで重要視していたのが、この「流れ」と言うもの。

「野球のスコアブックには試合の一球一球記録することが出来る。

それを見れば試合を克明に再現することが出来る。

しかしそのスコアブックでも記録、再現出来ないのが『流れ』と言うもの。

その『流れ』感じることが出来るのは現場にいる人間だけ。

もっと『流れ』に敏感にならなければいけない」


ある練習試合の後、監督が選手に話していた言葉です。

うちの選手達は強豪校選手と違って、決して運動神経抜群、運動センス溢れるといったタイプではありません。
どちらかと言うと、愚直なマジメタイプばかり。

階段を上がるのも一段抜かしなど出来ず一段一段上がるしか出来ない。
練習試合を繰り返してもなかなかそれを理解しきれなかった。


しかし公式戦って言うのは選手を成長させますね。
出来るならこの秋にもうちょっと成長してもらいたいから、あと少しだけ公式戦をやらせて欲しいですね
posted by かに at 22:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする