2009年06月09日

オーバーホール

まーぼがこれまで愛用していたキャッチャーミット。
中1の冬に買い、これまで3年数ヶ月使い続けてきましたが、さすがにへたりが出て来た。
ピッチャーの球を受けても「パシーン!」と良い音ではなく、「ポフッ」って感じのこもった音になってしまってました。
実際に手に取って見せてもらうと、もう芯がへたって来ちゃったみたいでした。

IMG_3920.JPG

本人もすごい気に入っているミットだから何とか再生して使い続けたい、という要望だったので、総監督のお店に頼んでオーバーホールをしてもらうことにしました。
総監督のお店が昨年くらいから始めたサービスなんです。


ゴールデンウィーク前に頼んで、このほどようやく戻ってきました。

IMG_5716.JPG


写真を見てもらえば一目瞭然。
見た目的にはもう完全に別物って言っても良いくらいの状態です。
ただ「特殊な液」(何かは分かりません)を使って洗浄しているようなので、表面は買った時のツルッとした感じではなくちょっとざらっとした感じになってますね。
洗浄した後に染色もしてますから、最初の内は色落ちしたりするみたいです。

実際まーぼがボールを使ってパンパンしてみたらボールがちょっと黄色っぽくなっていましたね。
まぁ、表面の感じや色落ちに関してはお手入れを続ければある程度は改善されるでしょう。

そんな感じで肌触り的には多少ありますが、一番の目的だった『へたり』の部分は完全に復活。
これなら「パシーン!」と良い音でボールを捕ることが出来るでしょう。
硬さが戻ってるから、また少しの間は型作りをしなきゃいけないかもしれません。

オーバーホールと言っても新品同様に復活する訳ではありませんから、100%大満足とまではいきませんが、それでもあのボロボロがここまで復活するのだからビックリです。そしてなにより、まーぼが笑顔になったのが一番です。

ここのところ、捕手で出る時はチームメイトのモノを借りていましたが、これでようやく自分のミットで試合に出られそうです。

あ、ちなみにオーダーミットの方は練習でぼちぼち使い始めてます。
本人曰く、「ゆっくりゆっくりと型を作ってるから」慌てて型作りしたくないみたい。
ヤツなりのこだわりなんでしょうね。
posted by かに at 13:39| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする