2009年05月13日

148

まーぼが野球部の打者データなるものを持ち帰って来ました。

これには2〜3年生部員の打者データがたっぷり詰め込まれています。

打率、出塁率はもちろん、長打率、犠打成功率、先頭出塁率、2アウト後出塁率、など事細かなデータが書き込まれています。

具体的な数字を書くとまーぼに怒られちゃうんで書きませんが、数字を見る限りはあまり結果を残しているとは言えませんね。まぁ、見るまでもないんですけど。

ただこれを見ていてビックリした数字がありました。
それは打席数です。タイトルの148と言うのがその数字。

これはチームで一番多い数字でした。
2〜3年生を通して一番打席数が多かったのが、なんとまーぼだったんです。

3年生とはレフトでフル出場。自分の学年ではキャッチャーでフル出場。
このところ練習試合ではそういう感じですから当然と言えば当然の数字でしょう。
いつも書いてますが、本当にありがたいことです。
決して打者としてめざましい活躍をしているとは言えない選手にも関わらず(数字を見れば明らかですから)これだけ打席に立たせてもらえるんですから。
本人はもっと奮起して監督の期待に答えないといけないですね。

現在の監督になってから、定期的にこういうデータが出されて見させてもらってますが、これを見るだけでチームの特徴や課題点がはっきりと見えますね。
特に2年生の打率の悪さは顕著。もっともっと頑張らないと秋季大会が心配です。

今度、これを見ながらまーぼと話をしてみたい。どんなことを言ってくるかな?
posted by かに at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする