2009年04月14日

素晴らしいチーム

ちょっと前の話になりますが、まーぼの野球部、本大会の一回戦。
スタンドにある高校の野球部選手達の姿がありました。

このことは星十徹さんも書かれていました。

実はその学校、ウチがブロック大会決勝で対戦した高校の選手達でした。
当日、持っていたバッグなどからその事は分かっていました。

が、分からなかったのはその目的。
明らかにうちの試合の時間に合わせて球場入りしていました。
さらに前日の雨で濡れた椅子を自分達が座る以外の物まで拭いて回っていました。一体彼らは何のために来たのだろう?


その『目的』を知ったのは3回戦で敗れてしまった後の事でした。

試合を振り替えって部長や監督さんと色々話をした時にそのことが話題になりました。

「実はブロック大会後、部長さんからの申し出で応援に来てくださったんですよ。きちっとした野球をして、たった17人で本大会出場を果たしたウチに敬意を表して、と言うことでした」

応援と言っても、声を出してと言う訳ではありませんでした。でも凄くありがたいし嬉しいことです。
それなのに試合開始から彼らとの試合ではなかったミスを連発し、もたついた試合をしてしまって申し訳なかったなと思いました。(^_^;)

それにしても素晴らしい考えの学校だなぁと感心させられました。
数時間とは言え、時間を割いて他校のために動く。
なかなか出来る判断ではないと思います。


甲子園と言う晴れの舞台に出場していても、グレーゾーンのルール(マナー)違反をさも当然のようにやっているチームがあると思えば、この学校のように公式戦の対戦相手にきちんと敬意を払えるチームもある。

ウチが目指すべきはもちろん後者の学校であることは言うまでもありません。


どんなに力の違う相手にも礼節を忘れず、相手を敬うことが出来る。そんなチームになって欲しいと思いますね。

相手がいなければ試合は出来ないんですから。

こういう思いは少年野球でも中学野球でも同じ。
伝えていかなきゃなぁって思いました。
posted by かに at 00:55| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする