2009年01月16日

苦悩

<<このエントリーは私の息子が卒業した中学の野球部について書いた内容です。中学野球部全体について書いた物ではありません。ご了承下さい。>>


息子が三年生の時に関わりだしてからかれこれ7年半。
少年野球のコーチとしてこれまで7代の卒団生を見送って来ました。

一番最初の卒団生は昨年夏に高校野球を引退しました。
その代のキャプテンは中学野球部から強豪公立に進み、高校でもキャプテンとして活躍。春の県大会で優勝するなど素晴らしい活躍を見せてくれました。

どの代の選手もそれぞれの選んだ環境で頑張って野球を続けてくれています。


ところがここ数年。野球を辞めてしまう卒団生が増えてきました。


先日の夕方、近所を自転車で走っていると、数年前に卒団した中学生とすれ違いました。

そのすれ違った中学生がかつての卒団生だと気付いたのはすれ違って少ししてからでした。

髪は伸びてちんたらと自転車をこいでいるその姿は私が知っている姿とはまるで違っていました。


実は彼を始め、辞めてしまった卒団生のほとんどが中学野球部に進んだ選手です。

昨年卒団したばかりの元エース君も顧問との問題で野球部を離れてしまったらしい。
素晴らしい素質を持った選手で、彼なら投手してとはいかなくても、内野手としてならウチでも十分にやっていけたでしょう。
今さらですが強く誘っておけばと悔やんでしまいます。

もちろん野球部にも楽しく続けている選手は何人もいます。
ですが、大好きな野球を毎日出来る環境にありながら辞めてしまうのは明らかに異常事態だと思います。


今年もたくさんの六年生が卒業し、ほとんどの子がその中学に進学します。

先日の体験見学会にも3名の六年生が来てくれましたが、この中からうちに入るのは良くても1人。
他の2人は結局中学野球部を選んでしまうかもしれない。


進路の決定に部外者が口を挟むことは出来ないけど、正直な気持ちは中学野球部に進んで欲しくない。


野球を大好きにしたい。長く野球を好きでいられる選手を育てたい。

少年野球のコーチとしてそんな気持ちで日々取り組んでいますが、実際、卒団してしまえば、彼らの野球人生に関わることが出来ない。

悔しいですね。
posted by かに at 17:41| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする