2008年12月22日

我々は見られてる

先日、神宮バッティングドーム』に行った時の話です。
この話はあまりに嬉しかったのでチームのブログにも書いちゃいました。
今回の日記はそれを元に書いています。



かれこれ数年来、月に1、2度は通っているんで従業員の方とも顔見知りです。

その従業員さんからこんな話を聞きました。


「先日ウチに職業体験の中学生が来ました。その中の一人にかにさんのチームの選手がいたんです。チームのTシャツを着ていんですぐに分かりました。」

「その選手はあまり体の大きい子ではありませんでした。強豪シニアだけに体の大きな選手ばかりだと思っていたんで、ちょっと意外な感じでした。」

「窓拭きをお願いしたんですが、彼は小さな体を精一杯伸ばして、一切手を抜かず一生懸命に窓を拭いてくれました。」

「こういったことでも丁寧にしっかりとやってくれる。さすがに○○シニアさんの選手、しっかりと鍛えられてるなぁ、と思いましたね。」


こうして部外者の方に選手が野球以外の部分で評価されるのを、私はすごく嬉しく、誇らしく思いました。

自分達が気付いていないところで、色々な人に見られているんですねぇ。

そういえばうちの息子も近所を走る姿や登下校の姿がずいぶんと目撃されているようで「見掛けたよ」と話をされることがちょくちょくあります。


自分が気付かないうちに、その行いでチームの名前を高めたりおとしめたりしている。

怖いですねぇ。
そういえば私もグランド帰りにそのままの服装で夕飯の買い物に行ったりしてます。

そして小さい子供に混じって試食のソーセージを摘んじゃったりしてます。

いかんですねぇ。(^_^;)
これからは気を付けます
posted by かに at 22:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとうれしかった

先日の土曜日。
少年野球チームの総会&忘年会がありました。

明日の祝日も練習はあるから全日程終了って訳じゃないけどとりあえずこれで1年の締めくくり。一段落と言ったところです。

ウチの忘年会は地域の会館の広間を借りて選手、父兄、兄弟入り交じって楽しくワイワイやるのが伝統です。
会の途中には選手による出し物があったりして、結構楽しめました。


その席でのこと。
来季低学年の監督をするお父さん、来季は息子と共に高学年のコーチに上がるお父さんとお話しをしました。

今年のことを振り返ったり、息子達の話を聞いたりして楽しく話していると、私の来季の処遇についての話になりました。

私自身はあまり出席率も良くないし、計算出来るコーチとして考えられても困るなぁってくらいの感覚でした。
実際今シーズンだって平均すれば月に2〜3度くらいしか行けてませんしね。

で、話の流れで希望を聞かれ「遠征には帯同出来ないし、毎週行ける訳じゃない。そんな感じで良いなら高低どちらでも求められた方で良い」と答えました。

すると新低学年監督から「それでも良いから来季も低学年を見て欲しい」という言葉が。

ところがそれを聞いた来季は高に移るお父さんコーチから「いやいや、今年教えてもらった内容を考えたら高学年に絶対必要。ぜひ高学年で」と、これまた強く言われてしまったんです。


実際問題、子供が卒団した後も残って、頻度が低いとは言え定期的に顔を出しているのは私ぐらい。あとは役員扱いの先輩コーチが2人いるだけ。
ウチはお父さん監督、コーチが基本ですから、そうでないコーチってのがほんの一握りしかいないわけです。
そうした存在の人間でなければ見えないものってありますよね。お父さんではどうしても熱くなりすぎて見えなかったりするもの。
私の場合、シニアで行われている指導で少年野球に応用出来そうなものは噛み砕いてちょいちょい持ち込んでたりしました。
そんなところが評価してもらえたんでしょうか。

なんにしても嬉しいことです。微力ではあっても選手の力になってると同じコーチから思ってもらえたんですから。
タイトルでは「ちょっと」なんて書いてますが、ホントはすごく嬉しかったです。

結局来季の処遇については結論が出ませんでした。
年が明けてから全体での話し合いがあって、そこで決まることになるでしょう。

はてさて。どうなるか。
まぁ、どっちの所属になっても取り立てて変わりはないんですけどね。
posted by かに at 18:50| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする