2008年10月15日

考えろ

昨日のエントリーではシニア中心の3連休と書きましたが、まーぼの方をまったく見なかった訳でもないんです。

関東大会は抽選シードだったため、日曜日には試合がない。
1年生大会が午前に1試合、午後に1試合予定されていたんですが、午前中の試合だけ勘弁してもらい、大学グランドでの練習をゆずりはと一緒に見に行って来ました。
 
本当は練習開始に間に合うように行きたかったんだけど、事故渋滞にはまってしまい、到着したのは予定の1時間後。(そもそも出発も遅れたんですけどね)
ちょうど内外野に分かれてノックをしているところでした。
こうしてノックを見ていると、チームメイトそれぞれの力量やクセなんかが垣間見られて楽しいですね。

ノックの後はケースバッティング。
アウトカウント、ランナーの有り無しや得点差まで設定し、バッター、野手それぞれが考えてプレイをする。
守備位置なども選手同士で指示し合い、声を掛け合う。
この練習、昼飯を挟んで午後もずっとやっていたんだそうだ。
ずっと同じメニューだったから飽きてしまった先輩もいたそうだが、状況それぞれで考える事ややるべきことなど、多岐に渡る訳だから飽きてる暇なんて無いと思うんだけどね。

先日の本のプレゼントもそうですが、最近はこれまではあまり無かったミーティングを良くしているそうです。

強豪校と違い、中学時代に多くを教わってこなかった部員が多い我がチーム。
自然とやらされる野球をしてしまっていました。
しかし今、うちの部が取り組んでいるのは自分自身で考える野球。
監督はそれを徹底的に叩き込んでいるという印象があります。
実際にやるのは選手ですからね。

うちのシニアでも先日こんな場面がありました。

2死ランナー無し。カウント2−0
当然ながらベンチから指示なんてある場面じゃありません。
しかしその選手はついついベンチの総監督を見てしまう。
「こんな場面でサインなんかある訳ねぇだろ!」
当然ながら総監督からはそんな声が飛びます。

ちょっと冷静に考えれば誰でも分かる事。
でも打席で状況を踏まえて考えてないから、ついついベンチを見てしまう。
言い方を変えると自分で考える事を放棄してるとも言えますよね。

まーぼの高校はそれなりに頭の良い生徒が揃っています。
(まーぼは違いますよ。スポーツ推薦組ですから)(^_^;)
きっかけさえあればきっと頭を使った野球が出来るんじゃないかと期待してます。

すぐに成果は出ないだろうけど、この冬は足腰の鍛錬と共に、頭のトレーニングもみっちりやってもらいたいと思いますね。
posted by かに at 02:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする