2008年10月08日

悩みはそれぞれ

先日、少年野球に顔を出した時、同じ高校球児一年生の息子を持つお父さんと話をしました。

彼の息子が進んだのは県立の中堅校。
公立校ですから部員数は一学年30人以上とかなり多い。

シニアで頑張ってきたという自信があり、意気揚々と入学したそうですが、壁にぶち当たってるという。

うちの学年の進学については、いわゆる『特待生問題』が大きく影を落としています。

そのため、例年なら強豪私立に進むくらいの選手が金銭的など複数の理由で公立校に進んでいます。

彼が進んだ学校もそうでした。
監督の目はそうした選手に行きがちで、彼を含めた一年生部員にはなかなかチャンスがめぐって来ないそうです。

彼自身もシニアでバリバリやってきたと言う自負があった。
それだけに「見てももらえない」と言うグチがついつい口に出てしまうのだとか。

部員数が多く選手層が厚いが故にチャンスが少ない彼。

一方で、部員数が少なくチャンスは多いけど選手層の薄さで悩むまーぼ。

それぞれの環境で悩みはそれぞれ。
野球部員はみんな、悩んでるんだよねぇ。
posted by かに at 22:24| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする