2008年07月24日

紙一重

昨日、神宮第2球場で東海大高輪台と岩倉の試合を観戦しました。
岩倉にはシニアのチームメイトが3人入部していて、そのウチの1人がレギュラーで出てるんですよ。

彼の応援に行ったんだけど、岩倉が1点を追う9回2アウトからホームランで追い付いたりと、かなり良い試合をしたからすごく楽しく観戦出来ました。

この日の試合は準々決勝。
昔の感覚だったら、ここまで勝ち上がって来るチームはすごくオーラがあって、大人みたいな体格の選手ばかりで、打球も速くて・・・なんてことを想像してました。

でも実際に見たら、息子の学校とそれほど大きな差があるとは思えない。
驚くほど驚くほどの強い打球を打つ選手がいる訳ではないし、驚くほどのスピードボールを投げる投手がいる訳ではない。
(高輪のエースは結構良い投手でしたけど、シニアで驚かされてばかりだから目が慣れちゃったのかも)

もちろん今勝ち残っているチームにはそうした選手がいる高校もあります。
負けちゃった高校にもいますけどね。

しかし昨日見た限りではそんな選手ばかりではない。
でも岩倉や高輪はここまで勝ち上がってて、ウチは負けちゃってる。
この結果の差はすごく大きい。
でも選手個々の差はそれほど大きいとは思えなかった。

シニアでもそうだけど、勝つチームと負けるチームに決定的な力の差ってない方が多い。でも当然ながら勝者と敗者が出る。


その差はなんなんだろう。紙一重なんだけどねぇ。


この夏の大会で、息子のチームもベスト16までは狙えるだろうという手応えは感じました。頑張ればベスト8だって夢じゃない。

でもそこには何か大きな差があるし、壁がある。頑張らなきゃその紙一重の壁を越えられない。

ウチの高校は監督も若いし、選手も2年生より1年生の方が多いという若いチーム。荒さはあるけど伸びしろはまだまだ未知数。
新チームでの練習が本格的に始まり、ポジション変更など含めて色々動きがありそうです。

シニアも忙しいけど、隙を見て息子の方も見に行かないとなぁ。

posted by かに at 10:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする