2008年07月11日

厳しさが足りない

今、まさしくテスト期間中のまーぼ。

しかし夏季大会真っ只中、初戦を目前に控えた野球部にとって、はっきり言って「んなこと関係ねぇ」てなもんですよね。
テストのおかげでで学校が早く終わる分だけ、午後から日没までしっかり練習出来るってなもんです。(それでも普段より全然早く終わってるんですけどね)


自宅から近い河川敷でたっぷりと練習。
大会を前に、チームの状態が気になる私としては、これを逃す手はありません。
お昼ご飯もそこそこに、早速行ってきました。


私が到着した時は内外野に分かれてノックを受けている真っ最中。
我が息子はと言えば、外野でノックを受けていました。

久しぶりに息子の外野守備を見たけど、まだまだだねぇ。
思えば少年野球の時からフライの処理は苦手だったからね。
シニアの時も監督か、「外野は出来るか?」と聞かれて「出来ません!」と即答した奴ですからね。(^_^;)

それでも今、外野手に挑戦しているのは、「どこでもいいから試合に出たい」と言う気持ちの現れなのかな、と解釈しています。

さてその後、ランナーを付けてケースノックになりました。

その時のこと。
普段は安定感のある守備をしている先輩が、取った後の処理でもたつき、ボールをポロッとやってしまった。
するとその先輩、再度やり直すも、また同じミスをやっちゃったんです。

監督はすぐに集合を掛けました。

イージーミスを繰り返したことについて話すのかなと思いきや、監督が注意したのは、ミスをした先輩ではなく、それを見て何も言わなかった周りの選手達でした。

「目の前でイージーミスをした仲間をなぜ自分達で注意しない。なぜ俺ばかりに注意をさせるんだ」

「練習でイージーミスをしたやつは試合でもイージーミスをするんだ。それでもお前達はドンマイだけで済ませられるのか」

息子のチーム。中学時代に厳しいチームでやって来た選手が少ないから、ある意味優しいんですよ。
味方の失敗を許してしまう優しさがある。
でもその失敗が試合を左右してしまうかもしれない。
だとしたらせめて練習では失敗に対して厳しくして、選手同士で注意し合わなきゃいけないと思うんですよね。

プレイについて、チーム作りについて、自分達で考え、実行する。厳しさと暖かさがあるチーム。
息子のチームはまだまだ道半ばです。
ですがこの日の練習を見て、改めて選んで間違いはなかったと実感しました。

さぁ、いよいよ試合は明後日になりました。
どんな試合をしてくれるのか。まずは初戦突破目指して自分達の野球をして欲しいと思います。
posted by かに at 11:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする