2008年07月01日

走姿顕心

息子がシニアを離れて3ヶ月が経ちました。

それでも親子で野球に関する話をしていると、「あの時、総監督はこう言った」「こういう場面で総監督ならこう言うだろう」と、言うような言葉が飛び交います。

先日の夕食時もそうでした。
まーぼがかつての練習時の様子を思い出しました。

その時、まーぼ達3年生はポール間を走っていて、総監督はグランドを背にして来客と話していました。

来客が帰りグランドに戻った総監督はすぐに3年生を集合させた。

「お前らがきちんと走ってなかったのは足音で分かってるんだぞ。」

「走姿顕心と言う言葉がある。走る姿には心が現れると言う意味だ」

「楽をしたいと思って走るとそう言う走りになるんだ」

まーぼは今でもあらゆる場面で総監督の言葉を思い出すようです。

総監督の教えが血となり肉となって、今の練習に生きていると思います。

今回背番号をもらえたのもそうした教えのお陰だろうなぁって思います。

夏大会が終わってオフがあったら、一回挨拶に行かせないとな。
posted by かに at 13:57| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体育祭

土曜日は息子の学校の体育祭でした。
せっかくの良い天気だから、野球の練習をしてもらいたかったけど、学校行事だから仕方ないですよね。

こういうのって校庭で行われるんでしょうが、まーぼの学校には全校生徒が集まれる校庭なんてない。しかも高校だけでなく、同じ敷地にある中等部も一緒の体育祭だからなおさら。

ってことで、大学の構内にあるグランドを使って行われました。

当日はシニアの日本選手権を賭けた大事な試合がありましたから、その試合が終わったあと、午後から奥さんと共に行って来ました。

最近の高校生って、クラスTシャツってのを着るって知ってました?
まーぼの学校でももちろんやってます。
しかもそのTシャツがオフィシャル体操着みたいになってるんです。
学年ごとにカラーがあってまーぼの学年はオレンジ。
つまり中1から高3まで、6学年6色のカラーに分かれる訳です。
んでもってあとはそれぞれクラスごとに微妙にデザインが違う。
で、そのTシャツを体操着代わりにして1日体育祭を行うんです。


しかも競技はほとんどが色別対抗。つまり学年対抗なんです。
まぁ、当然上の学年が勝ちますよね。そりゃあ。
でもね、なんだか盛り上がるんですよ。これが。
体育祭の花、リレーなんて最高の盛り上がりでした。
まーぼの学年の選手として出場していたL君が高2を抜いた時は私も思いっ切り盛り上がっちゃいました。(^^)

でも、なんかね、体育祭って言うより運動会って感じ。
まーぼは徒競走と大縄跳びと・・・あとなんだったけな?
ほとんど午前中に出番が終わっちゃってたから、活躍してたのか、どうかすらわかりません。

でも、なんか面白かったんだよねぇ。
ホントは小1時間見たら帰ろうと思ってたんだけど、結局最後のリレーまでしっかり見ちゃいましたからね。

来年はぜひまーぼはリレーに参加して欲しいね。
posted by かに at 02:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする