2008年04月04日

いよいよ決勝戦

いよいよ、春の選抜大会も決勝戦ですね。

決勝は地元埼玉の聖望学園と、まーぼ注目の高浜投手擁する沖縄尚学の対戦となりました。
やっぱり春は投手力なんですかね。両チームのエースはホントに良い投手ですね。

あ、そんなことを書いてるとシニアの選抜のこと、思い出して悔しさが蘇って来ちゃいました。
シニアの方も一昨日決勝戦が行われ、ウチを破った横浜のチームが優勝しました。
2回戦でウチを破ったあとは、千葉の秋季大会優勝チームを破り、西東京の秋季大会優勝チームを破り、九州のチームを破り、決勝は前年度優勝チームを破って優勝しました。(準々決勝までに関東の秋季大会優勝チームがことごとく対戦してるんですよ。とんでもない山でしょ。正直関西連盟の陰謀だって若干思ってます)
2回戦から決勝までずっと1点差。何処が優勝してもおかしくないけど、やっぱりウチには無い何かを持っていたから優勝出来たんでしょうね。優勝したチームには心底お祝いを言いたいと思います。
次回対戦する時は挑戦者としてぶつかっていきたいです。

で、甲子園の話に戻ります。

昨日のNHKの中継で、沖縄尚学が劇的な逆転勝利を収めた直後。
応援スタンドのレポートをしていたアナウンサーががこんな言葉で締めました。

「明日も応援する事が出来ます」

これ、すごく分かります。
短期決戦で明日も試合が出来るというのはすごく幸せな事。
ウチも去年、一昨年の全国大会ではそんな思いを毎日感じていました。

そんな選抜大会もいよいよ最終日。
泣いても笑ってもこの一戦で終了です。
決勝戦らしい良い試合になることを願っています。

変な話ですが、我が家で聖望学園を応援するのは私だけ。
他の家族はどうやら沖縄尚学の応援らしいです。縁もゆかりもないんですが、何なんでしょうねぇ。
posted by かに at 12:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする