2008年01月30日

意識の差

今年の6年生は合計7人。
そのうち、硬式クラブ組が3人、軟式野球部組が3人、野球を続けるかわからんのが1人となっています。

硬式クラブ組の内、2人はウチのシニアに入団してくれました。
ウチは厳しいですから、特別強要することはしませんが、やはり先輩の姿を見ているから入りやすいんでしょう。
もう一人の硬式組の子は、オヤジさんが高校野球経験者で、ウチのレベルを考えると息子では付いていけないだろうから、もう少し弱いチームに入れるという話でした。
そういう判断は重要だと思いますし、良く分かりますから当然反対する気もないので、あれこれ情報だけお伝えしておきました。

困ったのが残る軟式&わからん組。
明らかにモチベーションが下がってるんですよねぇ。

その4人ともウチの中学に進学します。
ウチの中学の野球部についてはこれまでも何度か書いた事がありますが、非常に弱いです。
頑張ってるけど弱いなら仕方ないんですが、頑張っていない子が多くて弱いのだから非常に情けないんです。
以前は顧問がまったくの素人で、たまにしか練習に顔を出しませんでした。おまけに経験者のアドバイスに耳を貸さないという困った状況だったんで、ウチは野球部入部を止めたという経緯がありました。
しかし現在の顧問は野球の事もそれなりに分かってるし、以前赴任していた学校では市内の選抜チームの監督をするなど、それなりに力を持っている人なんです。
それなら選手達次第では強くなれるのではと期待しますよね。
ところが以前の顧問の時、顧問が来ないからとだらけていた現2年生達。
そのクセが抜けないまま現監督を迎えたものだから、急の変化に付いていけず辞める者が出たり、残っていても明らかに全力プレイをしないといった現状らしい。おまけにそんな現状に監督が嫌気を刺して、顧問を辞めると言いだしているとか。

少年野球の指導者としては、そんなチームに選手を送り込みたくはないんですが、よそ様の家庭の判断ですからこればかりはどうする事も出来ない。
それでもやる以上は周りに流されないよう、意識だけはしっかり持って頑張って欲しい。そう考えています。
特にその中に今年のエースがいるんです。
この選手は低学年の頃から目を掛けてまして、本当ならばウチのシニアに入って欲しいと思えるほどの選手です。
しかし彼は野球部を選びました。
それならばせめて、気持ちはしっかり持ってもらいたいと、色々話したんですけど、あまり伝わっていないようです。練習中の態度も明らかに散漫。
「そんな気持ちで練習するなら迷惑だから帰れ」と怒鳴ってしまった事もあります。

先日の日曜。
この日は午前中が校庭で、午後からは市内のグランドで練習でした。
しかし午後の練習に参加した軟式組はゼロ。もちろんエースもそこに含まれます。ちなみに4番で監督の息子もそこに含まれています。
まだチーム選びで結論が出ていない硬式組の一人は午後も練習に来て、まーぼとキャッチボールをしたりしていました。

ムリもないんですけどね。小学生ですから。これまでずっと週末は野球でしたし、遊びたい時もあるでしょう。
しかしかたやすでに中学野球の仲間入りをして朝から晩まで練習している子がいると思えば、チームは練習しているのにグランドにすら来ない子がいる。
ずいぶんと差が出てしまいました。

真っ先にウチのシニアに入った子。このあと予定されている卒団試合とロードレースには参加しない、と監督に伝えたようです。それよりもシニアの練習をしたいという事のようでした。
それもどうかと思いますし、複雑な気分ですが、監督はこれを了承しちゃったそうです。

うーむ、同じ学年とは言っても、これだけ意識の差が出ちゃってるからムリもないんでしょうかね。
posted by かに at 02:32| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする