2008年01月24日

合格通知を受け取ってから一晩が経ち、今日は入学手続きをしにいくことになっています。
受験からわずか三日でここまで進んじゃうんですから、何だかあっという間ですね。

合格通知を受け取ってからのまーぼですが、すぐに書類を持って担任に報告。
帰宅後はきっとのんびりゲームでもするんだろうなと思ったら、冷たい雨が振る中とジムに出掛けていきました。この雨だからいつものメニューが出来ないし、のんびりと過ごすのだろうと思っていたら、本人はそんな気は全くなかったみたいでした。我が息子ながら、これには驚きました。
試験当日も、合格発表の今日も夕方以降はまったく今までと変わらない生活です。
合格通知を受け取って、さぁ高校野球のスタートラインに立った、ではなく、ずっと以前からスタートしてたんでしょうね、ヤツの中では。

まーぼが進む学校は決して野球の強豪校ではありません。部員数も少ないですしね。
もちろん甲子園を狙える強豪校をと考えた時期もありました。県立中堅校を考えた時期もありました。
まーぼはこれまで、少年野球では県大会決勝戦まで行く事が出来、シニアでは3季連続で全国大会を経験しました。チームメイトに恵まれて素晴らしい体験を色々させてもらいましたが、残念ながらシニアではレギュラーを取ることが出来ませんでした。だからこそ『野球は出てナンボ』という思いを強くなりました。
強豪校にチャレンジする選手から見れば、「軟弱な」と言う風に見られてしまうかもしれませんが、やっぱり親としては野球をする姿を見たいんですよね。
活躍を伝える他の方のブログを羨ましく見ていた事も1度や2度じゃありません。

そうは言っても、ただ出られそうな学校を選ぶだけでは夢も希望もありません。
この学校を選んだのは『縁』を強く感じたからなんです。

この学校の事を聞いたのは昨年夏。いつもまーぼの打撃指導をしてくれているSコーチからでした。
Sコーチの知り合いがこの学校に3年生で、最後の夏のために打撃指導を頼まれてる、という話でした。
しかも何人かの選手は故障の治療のため満木さんのところに通っているという話まで聞きました。
その上、よくよく話してみると、その学校には3年生にシニアの先輩二人、2年生にも一人、1年生には少年野球の先輩一人がいると言うではありませんか。
そもそもSコーチと知り合ったのも満木さんの紹介。縁あって知り合った人達がこんなに繋がるんですから、これほどすごいことはないですよね。
これはぜひ見学させて欲しいと、練習や夏の大会を見学させてもらいました。
見てみると、指導はしっかりしてるし、選手達は礼儀正しく、大きい声は出ているし、動きにムダもなくキビキビしてる。『縁』と言うもの以上に、何かを感じさせる雰囲気を持っていました。
シニアチームを選んだ時と同じような感覚がありました。

今いるシニアを選んだ時、決して強いから選んだ訳ではありません。
少年野球時代の先輩が入団しているからと見学させてもらい、ここなら息子を成長させてくれるだろうと確信したから選んだんです。この時点では全国大会なんて存在すら知りませんでしたし、まったくそんな目標は持っていませんでした。
それが終わってみれば、3季連続の全国大会。出場機会はほとんどありませんでしたが、その全てをベンチから見る事が出来ました。
少年野球も良い指導者、父兄に囲まれ、その縁でシニアでも素晴らしい思いをさせてもらった。
縁を強く感じ、それを信じたゆえの幸せだったと今は思っています。

あと数ヶ月でまーぼは高校球児になります。
これからは今までのように、皆さんにチームの快進撃をお伝えする事はそうそう無いと思います。
しかしそれとは違った楽しさをお伝え出来るんじゃないかなぁと期待しています。
数ヶ月後から始まる、まーぼの高校野球編、ご期待下さい。
posted by かに at 09:16| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする