2007年12月27日

メジャー挑戦大歓迎

毎年この契約更改の時期になると、来季のメジャー挑戦を口にする選手が数人は現れますよね。で、そのたびにベテラン評論家が選手の海外流出に苦言を呈したりしますね。
私はNPBの選手がメジャーに行くのを流出とは考えてません。

野茂がメジャーに行った初期の頃から、
「プロ野球の未来は」と言う事を言われてますが、相変わらずスターは存在し続けてます。
実際問題、今年メジャーに行った福留、黒田。以前から行っているイチロー、松坂等の働きに見合うだけの金額を払える球団ってどれくらいあると思います?それこそあの球団含めて数球団だけでは?
彼らが海外に出なければ、その能力に見合う金額を提示出来る球団に戦力が集中。
結局勝敗も金を持ってる持ってないで分かれてしまうのではと考えます。
私は金さえ払えば強くなれるという発想は嫌いです。強くなりたきゃ企業努力して選手の希望にかなう金額を払えば良いんだという発想は、私の大嫌いなナベツネと同じ発想です。

確かにそれらの選手が国内で見られなくなるのは寂しいですが、彼らがメジャーの選手と勝負する姿を見るのもそれはそれで魅力的です。

一部、「えー、こいつがメジャー挑戦?」と思う選手もいたりしますが、基本的に日本人のメジャー挑戦大歓迎です。そうして高年棒の選手が海外に行くおかげで若手がチャンスを得られる訳で、それで新たなスターが誕生すればオッケーでしょう。実際スター候補生は毎年入団してるんですから。

流出どうこうで嘆くより、それらの選手が所属するチームと対戦出来る機会を作れば良いと思うんですよ。
一番理想的なのはアジアチャンピオンになったチームと、メジャーで優勝したチームの対戦。
今年で言えば中日とレッドソックスが真の世界一を決める試合をする。
実現にはかなり多くのハードルがあると思いますが、流出を嘆くよりよっぽど夢がありません?
今年サッカーでありましたよね。浦和レッズとACミランの対決。
別にサッカーがメチャメチャ好きな訳じゃないですけど、何だかワクワクしましたもん。
posted by かに at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする