2007年12月16日

低学年 試練の3番勝負

先日の土曜日の夜。

少年野球チームの忘年会がありました。
ウチの忘年会。昔は大人だけでやっていたものを、5年くらい前から大広間がある市内の施設を借り、選手やその弟、妹も含めた子供参加型の忘年会をやっています。

そんな忘年会の目玉は選手によるかくし芸。
毎年選手達が何チームかに分かれて会を盛り上げてくれます。

まーぼが6年生の時は「ウォーターボーイズ」をやりました。
ドラマ「ウォーターボーイズ」の踊りを思いっ切りコピー。
各自に曲の入ったテープを配り、平日の間は自主練習。週末には野球のあとに監督の家に集まって合同練習。県大会後は野球よりも一生懸命かもって言えるほどでした。そんな特訓の甲斐あって完成度が高いものになりました。何をやるにも全力投球のウチの学年らしい出し物でした。


で、今年のかくし芸。
高学年チームは人数の関係で、4,6年生チーム、5年生チームに分かれ、それに加えて1年生から3年生12人の低学年チームが出し物をしてくれました。
その中でも私的に一番面白かったのが、低学年の出し物。

それが表題の「低学年 試練の3番勝負」でした。

まず最初の試練。

「コーラを一気飲みして、ゲップをせずに赤鼻のトナカイを歌いきる」

お笑いコンビ「ハイキングウォーキング」のネタですね。
もうね、飲み終わった直後の選手の表情で大爆笑。明らかにゲップが出そうになってる選手が何人もいるんですよ。結局は歌いきりましたけどね。(笑)

続いての試練。

「寝転がって足上げをしながら、赤鼻のトナカイを歌いきる」

これは私が提案したプランです。低学年の場合は事前に練習させても覚えきれないから、その場で出来るような事を考えるんですよ。今回は当日の練習後、こんなのどうだろうって選手、監督、コーチを交えて話して決めたんです。
実はこの日の練習で選手が一番つらそうで、苦しそうな声を上げまくっていたのがこの「足上げ」だったんで、それをぜひやらせてあげたかったんですよ。
ドSですね、私は。

昼間の練習では耐えきれず足を下ろしちゃうヤツがいっぱいいたのに、この時はほとんど全員がほとんど足を下ろさずに歌い切っちゃったんですよ。
もしかして歌いながらって効果があるのかもしれないですね。


そして最後の試練。

「一口分のお酢を一気飲みしてまったく表情を変えない」

飲む前から何人も「うっ!(*×m×)」って顔しちゃってるし。
でも頑張りました。飲みきった後は見事にまったく顔に出さず、会場から拍手喝采を受けましたよ。
低学年だからこそ、こういうちょっとした芸でも可愛くて楽しい気分になっちゃうんですよ。

選手を交えた楽しい会の後は、今度は大人の会。
2次会、3次会とハシゴして帰宅したのは4時近くでしたかね。
正直酔いどれエントリーすらやる元気すら・・・ありませんでした。
posted by かに at 22:52| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする