2007年11月22日

webカメラを取り付けたい

週末には多くの人が行き交う河川敷ですが、平日にはめっきり人がいなくなります。
たまに用事があってチームのグランドに行ってみると、そこにいるのは河川敷ゴルファーとホームレスの方々。

河川敷ゴルファーはキレイに刈り上げた外野をフェアウェイか何かと勘違いしているみたいです。
もうね、練習中にゴルフボールを発見したのは数知れず。
ところどころに穴を作っちゃうし、落ちてるゴルフボールって芝刈り機を動かしてると危険なんですよ。
刃を回転させて芝を刈るタイプの機械なんで、知らずに巻き込んじゃうとはじき飛ばしちゃうんですよね。
高速回転で回る刃に飛ばされたゴルフボールを想像して下さい。怖いでしょ。

見掛けたときには「我々が日々整備してるグランドなのでやめて下さい」とお願いして出て行ってもらいますが、その様子からはまったく申し訳ないって雰囲気は無し。
平日の昼間から河川敷でゴルフをしているような人ですから、当然それなりの年齢の方々です。
いい年なんだからその行為がどれだけ人に迷惑を掛けてるか考えて欲しいです。

その次に出没するのはホームレスの方々。
彼らはグランド内には何も興味なし。あるのはグランド周辺にあるモノのようですね。
この時期。防寒のために火を焚くんですが、その薪に廃材などをグランド裏に溜め込んでます。
ホームレス達はその廃材をどんどん持って行っちゃうんですよ。
去年はそれに加えて燃やすために使うドラム缶や金バサミ、ブルーシートなんかも一緒に持って行かれました。

それらも非常に困るんですが、先日はもっと困るモノを持って行かれました。
それは川から水を汲み上げるためのホースのジョイント部分。
金属って高く売れるからでしょうかね。ホースの先に付ける蛇口みたいな部分も持って行かれました。
これらは消防士をしている父兄が使わなくなって破棄するものをもらってきてくれたりしてきたものなんですが、すぐにポンと揃うモノじゃないんですよ。お金払って集めたモノじゃないですからね。
今は寒いからそんなに水撒きをしないからいいですが、雨が長期降らなかったら冬でもカラカラのグランドになっちゃいますからね。そこに北風なんて吹かれたら目も開けられないほどになっちゃうから、冬でもまれに水撒きってするんですよ。でも現時点ではまったく出来ない状態。もうお手上げです。

ただこれに関しては現場を押さえた訳じゃないから誰が持って行ったか分かりません。
ホームレスが犯人と決めつけちゃうのは良くないですしね。

しかし持って行ったのが誰にせよ、防ぎようがないんですよ。
野球道具はチームのトラックに乗せていて、練習のたびにグランドに持ってくるんですが、そうした備品はさすがに入れられませんからね。困ったもんです。

もうネットカメラを取り付けたいとすら思いますよ。
なんか良い解決法ないですかねぇ。
posted by かに at 11:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする