2007年11月04日

ピッチャー志望の子供、減った?

私はライブドアのメールマガジンを取っています。
ライブドアニュースの見出しがたくさん載っているメルマガなんですが、
その中で、気になる見出しを見掛けました。

『投手の才能を潰すあきれた親たち…もう第2の松坂大輔は現れない?』

記事を読ませるためにちょっと刺激的なタイトルを付けるのはこうした仕事の定石でもあります。
そうは分かっていても、ついつい気になって、
タイトルの下にあるアドレスをクリックしてみました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3373119/

詳しくは記事本文を読んで頂ければと思うんですが、要約すると

●指導者がピッチャーとして育てようと思っても、親にやるなと言われたと断ってくるんだとか。失投により負けて責められたくないという自己防衛など、親も自分の子供にプレッシャーが掛かるのを嫌がるんだとか。

どう思います?
記事ではこうした親により、明日の松坂やダルビッシュ≠ヘ生まれないのか?と結ばれてます。

私個人としては投手をやりたい子が減ったと言うより、やりたいポジションが多様化したという風に感じてるんですけどね。

以前、ウチのシニアで選手に「一番やりたいポジションはどこ?」ってアンケートを取ったことがあります。
どの学年も一番多かったのはピッチャー、ついでショート、セカンドなどの内野。外野という声も少なからずありました。

どうでしょう?
ピッチャー志望の子が減ったと思います?
プレッシャーを受けないためにピッチャーをやらせたくないと思います?
posted by かに at 21:48| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする