2007年10月16日

台風の余波

先日の日曜日。
河川敷では関東大会の2回戦が行われました。
東東京大会で1位となった我がチームはシードとなったためこの日が初戦。
とにかく絶対的なエースがいますからね。一応優勝候補の一角を担わせていただいてます。

もちろんそのエースというのはこれまで何度も登場しているIT君。
彼のピッチングを多く見ている私としても、現時点で同学年からそう大量点を奪われることはないだろうと自信を持って見ています。

しかしそんな彼でも常に100%のピッチングを出来る訳じゃないですし、他の投手も公式戦で起用して育ててもらいたい。
勝ちながら育てるためにはどうしても必要なのが大量点。
IT君と共に全国の舞台で活躍したY君も4番としてすでにホームラン3本。IT君も4本打っています。
しかし中軸がいくら打っても大量点にはならない。そうなるためには下位打線の活躍がなによりも必要です。

しかし現時点で我がチームはその下位打線が今ひとつ活性化していないんですよねぇ。
実際の打力は3年生チームより上なんですが、それがまだ爆発していない。

先日の関東大会2回戦でも数多くチャンスがありながらあと一本が出ず、結局は2得点。
エースが最終回まで投げ切って1失点に抑えて勝利しました。

先程も書きましたが、打力は息子の代よりもあるんですよ。
それが何で試合で発揮されないんだろうなぁ。先日の試合を見ながらそんな事を思っていました。
もちろんその答えを出すのは指導者の仕事ですから、私があれこれ言うつもりはないんですが、今日まーぼのバッティングを見てもらっているSコーチと話していて、あることに気付きました。

それはティーバッティング。
ウチのチームはこれまでグランドの隣にあるサッカー場の隅でティーバッティングをしていました。ところが先日の大被害を及ぼした台風9号の影響でそのサッカー場でのティーバッティングが出来なくなっているんです。
と、言うのも台風の時に流れ込んだ川砂でサッカー場が砂浜みたいになっちゃってるんですよ。そこで走ったりしたら足腰の鍛錬になるんでしょうが。
もちろん百戦錬磨の総監督は色々考えているんでしょうし、それが正解とも思ってません。しかしその砂場を何とかすれば今までのようにティーをやることが出来るでしょうから、一つのきっかけ作りにはなるかなと思ったんです。

もちろん後輩の事だけを思ってと言うわけではありません。
この事に気付いたきっかけがSコーチとの会話だったと書きました。
まーぼのバッティングを見たSコーチから「ヘッドの出が悪くなってるから、ティーを多くやるように」と言うことを言われたんです。
引退した直後、グランドが使えないときには、暇つぶしのようにサッカー場でひたすらティーをやったりしていたんですが、台風9号後はそれが無くなっていました。
自然と3年生がやれるメニューが減ってきていたわけです。
すでに半数近くの進路が決まり、多いときで10人近くの3年生がグランドに来ていますが、そんな訳でティーをやる回数がめっきり減ってます。

台風が過ぎ去ってからもう1ヶ月以上が過ぎたのに、まだこんな余波があるとは思ってもみませんでしたよ。今週末は砂と格闘かな。

posted by かに at 02:35| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする