2007年09月21日

日本って四季じゃなくなってるんじゃね?

いやー、なんでしょうねぇ。今日も暑かったですねぇ。
もう9月も半ばを過ぎたってのに、なんて暑さだったんでしょうね。

日陰に入れば多少はマシでしたから、少し前に比べたら涼しくはなってるんでしょうが、やはり尋常な日差しじゃなかったですね。

今週末には秋分の日ですから、残暑って言葉を使うのもどうなんですかねぇ。
まぁ、残ってる暑さですから、間違いではないんですけどね。

それにしても7月末の時点ではこんなに暑い夏になるなんて思ってもみませんでしたね。
関東に限って言えば、7月中は驚くほど涼しくて、「今年は猛暑になる」なんて間違いじゃないって思ってたんですよ。
それが8月の声を聞いた途端に人が変わった・・もとい、季節が変わったかの様に猛烈な暑さになりました。

なんだか季節の周期が変わっちゃったんじゃないかって感じますよね。
自分の子供の頃は夏休みに入る直前の7月半ばには暑くなり始め、およそ一月後のお盆の頃を過ぎると朝晩が涼しくなり始めてましたよね。

そもそも二十四節気で言えば、

7月23日頃が『大暑・快晴が続き気温が上がり続けるころ』
8月7日頃が『立秋・初めて秋の気配が表われてくるころ』
8月23日頃が『処暑・暑さが峠を越えて後退し始めるころ』
9月8日頃が『白露・大気が冷えて来て、露ができはじめるころ』
9月23日頃が『秋分・暑い日は減り代わりに冷気を感ずる日が増える』

これが普通だったんですよね。昔は。

最近では『真夏日』『猛暑日』なんて言葉も出来ちゃいましたしね。
ちなみに『夏日』が25℃以上。『真夏日』が30℃以上。『猛暑日』が35℃以上ってことです。

ところで今年の8月。
大阪での『真夏日』は31日。みなさん31日ですよ。丸一月ずっとじゃないですか。
ちなみに東京は20日、那覇は30日ですって。
那覇より暑い大阪ってスゴイッスね。

そのうち、日本は「春・夏・秋・冬」の四季じゃなくて、「春・夏・猛夏・秋・冬」の五季になっちゃうんじゃない?!
posted by かに at 18:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする