2007年08月23日

あの1球

昨日の高校野球決勝戦。

私も自宅でしっかり観戦していました。
広陵に追加点が入り、「これで勝負ありかな、夜からの仕事に備え昼寝でもするか」そんな事を考えながらテレビを見ていました。

ところが8回に入り急に甘くなり出した球を佐賀北打線が見逃さず、連打でチャンスを作った辺りから何か空気が変わってきましたね。
球場全体が佐賀北寄りの応援になり、広陵の選手としてはそれまで感じたことがないくらいアウェーな雰囲気を味わったことでしょう。

そんな中で生まれた連続四球。
特に押し出しとなった2番井出選手への5球目。
昨日から今日に掛けてネットであれこれと見ていると、

「あれは絶対ストライクだ」
「あれならオレが審判やった方がマシ」
「明らかな誤審」

などなど、ジャッジに関する批判を多く目にしました。
確かに普通に見たらギリギリストライクと見えますね。

でも、でもですよ。あの映像ってセンターバックスクリーン横から録っている映像ですよね。
ピッチャーの真後ろから録ってる訳ではない。若干斜めから録ってる映像な訳ですよ。
要するに視聴者が見ているのは正確なストライクゾーンではない。
そんな映像を見て、「あれはストライクだ」なんて、何で言えるんでしょうね。

確かに私も息子の試合で明らかなジャッジミスをされたことがあります。
特に息子はキャッチャーですから「ど真ん中じゃないとストライク取ってくれないんだよ」と言うような事も言ったことも少なくありません。

だからこそあの場面。
「あれはストライクだった」と言って良いのは、広陵バッテリーだけだと思うんです。
判断出来るのは正確な角度で見ているバッテリーと審判のみ。
しかしアウト、セーフ、ストライク、ボールに関してはコールされた後に何を言ったってどうにもならない。それが覆っちゃったらスポーツじゃないですからね。

広陵の監督が試合後に審判批判をしていたみたいですね。
気持ちはすごく分かるし、私も何度となく言ったことがありますから、それ自体を責める気持ちはありません。

ABCの中継のゲストで出演していた横浜高校・渡辺監督がこう言っていました。

「それまで1安打ピッチングをしていた広陵・野村君が魔物に飲み込まれた」


特待生問題に揺れた今年の高校野球。
そんな中『甲子園の魔物』が選んだのは公立校だったと言うことですね。


ただ、「魔物」を操ろうとしている「熱闘甲子園」にはちょっと不満がありますね。
負けた後も「みちのくのドクターK」ばかり追い続け、帝京の杉谷兄弟をちっともクローズアップしてくれなかったのは、個人的にすごく不満です。q(-_-)ブー
posted by かに at 10:20| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする