2007年07月25日

26番目の選手

シニアのベンチ入り登録は25人です。

チームによって3年生だけで25人を登録しているところもあれば、
1、2年生も含めて登録しているチームもあります。

我がチームの場合は後者。
登録には1年生から3年生まで全学年がいます。

現在ウチの3年生は21人。夏季大会で登録された1、2年生は5人。

誰でも分かりますよね。
夏季大会に登録されなかった3年生が一人いるんです。

その選手は2年生の時にウチのチームに入ってきました。
東北からウチと同じ市内の学校に転校してきました。

東北にいた頃はリトルリーグからシニアと野球にとっぷりと浸かっていたようです。
その頃はキャッチャーをやっていたそうなんですが、ウチに来たらなぜかセカンドを守ることを希望しました。

元々やっていたポジションじゃないですからね。
ウチの選手と比べても決して上手いと言えるレベルではありませんでした。
どうひいき目で見ても、同じポジションを守る中でも一番下と言わざるを得ません。

それでも彼は春の選抜ではメンバー入りして、他の3年生と共に背番号をもらいベンチ入りしていました。

しかし夏季大会からは「学年に関係なく実力優先で登録する」という方針になりました。
彼より上手い2年生セカンドがいると言うことではなく、使いたい、使う予定の1、2年生が5人いたからという事でした。

夏季大会が行われている時期、お別れ試合の意味合いのある新聞社主催の大会が行われました。
それまでに夏季大会を敗退しているチームは3年生中心で、勝ち残っているチームは1、2年生主体でその大会に臨みます。ウチは勝ち残っていましたから、1、2年生主体で臨みました。
彼はその大会に3年生で一人参加しました。

3年生父兄である私としては、出来ればメンバー入りしていなくても、彼はメンバーと一緒に夏季大会に帯同させて欲しいと思ってました。
しかし、リーグの決定ですから私があれこれ文句を言う訳にもいきません。

本当は彼も夏季大会に参加したかったに違いありません。あくまで私の推測ですけどね。
それでもリーグから言われた事ですから、大会に参加し、3打数2安打という立派な成績を残してきました。打撃は結構良いんですよ。紅白戦でホームランを打ったこともありますし。

選手権のメンバー登録は済んでいますが、まだ正式に発表されてはいません。
最後の夏なんだから、彼も一緒に登録して欲しいと私個人は思ってます。
しかし、選手権は真夏開催の6連戦。まさに総力で戦わないと一番上まで登ることは出来ません。
おそらく1、2年生の中から投手が一人追加されるのではと予想しています。

そうなるとやはり彼は登録されないでしょう。
以前彼は「夏季大会に登録されなかったらチームを辞めたい」と両親に漏らしていたそうです。
それでも両親に「最後までやり抜こう」と説得され、現在も元気に河川敷に通ってきています。

一時は進学先に我が娘の学校を考えていたそうです。
姉ちゃんの学校の野球部、弱いんですよ。
何せ、入学前には野球部マネージャーを希望していた娘が、「あまりに弱すぎて応援する気にならん」と切って捨てたくらいですから。

それが今は「せっかくこのチームでやってきたんだからもう少し強いところで」と、姉ちゃんの学校の近くにある別の学校を考えているそうです。この学校はまーぼの先輩も行っていて、数年前には夏の大会でベスト32に入ったこともある県立校です。

彼にとっては決して満足行く中学野球生活では無かったかもしれません。
しかし彼の野球人生はまだ道半ば。
前向きに前向きに頑張っている彼に、野球の神が舞い降りてくれることを願っています。
posted by かに at 01:34| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする