2007年06月26日

野球は生き物です

最近、試合中の「流れ」と言うものを意識して試合を見ています。
私は野球というのは「流れ」と言うものを持った生き物なんじゃないかなぁって思ってます。

まず試合に臨む段階で
ネームバリューで「流れ」を掴んでいるチーム。
名前負けしてみすみす「流れ」を手放しちゃってるチーム。

試合が始まって
ミスにつけ込み「流れ」を掴むチーム
ミスを与えて「流れ」を手放してしまうチーム

ちょっとしたアクシデントがあって「流れ」を掴むチーム
ちょっとしたアクシデントがあってもすぐに修正して「流れ」を手放さないチーム

試合の中で「流れ」ってあっちいったり、こっち行ったり、あるいは行きかけて戻ったり、そんなことを繰り返してると思う。

先々週にウチが負けてしまった試合。
初回、先頭打者のヒットで「流れ」を掴みかけたんだけど、結局ミスでそれを手放してしまった。かたや相手はその「流れ」にしっかり乗って初回に4得点。
こうなると負けてる方が「流れ」を引き戻すのは相当な力が必要。相手がミスでもしてきっかけを与えてくれればいいけど、強いチームほどその隙を与えてくれない。隙がもらえないところを強奪するのはそりゃあもうすごい労力がいる訳で。

結局、ウチはその後「流れ」を掴むことなく敗れてしまった。

そして先日の敗者復活戦。勝つには勝ちましたが、がっちりと「流れ」を掴んでの勝利という訳ではありませんでした。
エースが絶好調で相手に「流れ」を渡さなかっただけで、こちらが掴んで生かしたというほどではありませんでした。

小、中学生が「流れ」というものをどこまで感じられるのか分かりませんが、周りの父兄によって「流れ」が変わったりするってこともあるから、応援も気をつけなきゃなぁって思ってます。

よりによってこんな時間に突発的にこんなこと書き始めちゃったから、あまりにまとまりのない文章になっちゃってます。書き始めた時は無性にこんな内容を書きたいって思ってたんだけど書ききってみるとなんだかさっぱり。さらっと流しちゃってちょうだい。
posted by かに at 04:08| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする