2007年06月17日

残念ながら完敗でした

本日行われた大一番。
全国出場を賭けた試合は、残念ながら0−7の5回コールド負け。完全な力負けでした。

先日も書いた通り、この日試合が行われた会場は住宅街のど真ん中にあるグランド。
声を揃えての練習や応援が出来ません。
ウチの選手、父兄にとっては初めてとなる異質な空間。
しかも相手は関東大会3連覇中の強豪。初回の表裏が試合の流れを大きく左右するだろう、私はそう思っていました。

そしてその予想は見事なまでにはまってしまいました。


1回表、先攻は我がチームでした。
先頭バッターがレフト前ヒットで幸先の良いスタート。
流れを作る意味でも、どうしても欲しい先制点。
ここで2番に送りバントのサインが出た。
ウチで2番に座るくらいだからかなりバントは上手い選手なんですが、この時は完全に打球を殺すことが出来なかった。3塁手前に転がった打球を相手は迷わず2塁に送球。1塁ランナーはアウトになり、さらに1塁に転送された。ところがこれをファーストが後逸。
バッターランナーが慌てて2塁に走った。
しかしうしろに逸れた球はネットにはねてあっさりとボールを取りに行った1塁手の元に。そのまま2塁に送られて結局アウト。
チャンスが一転2アウトランナー無し。続くバッターも凡退し、若干沈んだ気持ちでその裏の守りに付いた。
そんなムードを強豪チームが見逃してくれる訳もなく、立て続けに打ち込まれあっという間に4失点。

強豪相手の基本は先手必勝。有利な展開で試合を進めて向こうを焦らせなければいけないのに、現実は真逆の展開。

結局相手は自分達のペースで淡々と試合を進め、こちらは普段の野球が出来ず終い。
ずるずると失点を重ね、終わってみれば0−7のコールド負け。

少しだけ言い訳をするならば、明らかなホーム有利のジャッジと、声を揃えて応援してはいけない、というグランドルールが我々にとってはきつかったです。

ウチの応援を見たことがある人からは、よく「選手と父兄の応援が一体となって勢いを感じる」と言って貰います。
ある意味父兄の応援で選手を乗せていく、と言う風にも言うことが出来ます。
しかし、この日はそれを完全に封じられた。
ならば自分達で盛り上げて、初回に奪われた点を返すムードを作っていかなければいけないんですが、結局はそれも出来ず。

今考えれば、4点差が付いた瞬間から選手にも父兄にも「敗者復活戦があるし」という甘えがあったのでしょう。選手も父兄も、負けられない、負けたくないという必死さを出すことが出来ませんでした。


色々言い訳しましたが、負けは負け。0点では勝つことが出来ませんから。
我々にはこの試合に勝つ力が足りなかったということでしょう。

先程もちょっと書きましたが、まだ全国への道は残っています。
今年の全国出場枠は21。ベスト16以外にも5つの枠があり、その枠を賭けて来週から敗者復活戦が始まります。

敗者復活戦、初戦の相手は埼玉の秩Bシニアです。
まだ詳しく調べてはいませんが、ベスト32まで勝ち上がっているチームですから、たやすい相手ではないことは当然です。


しかしもうあとは無くなりました。
泣いても笑っても、次の敗戦はすなわち引退を意味します。
死力を尽くして、あと2勝して全国の切符をギリギリでも勝ち取って欲しいと思います。

応援してくれていたみなさま。
暖かい言葉を掛けて頂き本当にありがとうございます。本当に胸に染みています。
あともう少し。もう少しだけ我々を応援して下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m

ちょっと前後しちゃって申し訳ないんですが、前のエントリーのコメント返しはこれからしようと思います。もう少しお待ち下さい。
posted by かに at 22:11| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする