2007年06月30日

ブログの公共性

今日、少年野球ブログ界の老舗中の老舗である大物ブロガーが自身のブログを閉鎖しました。

私のように比較的に早い時期からブログを始めていた人間にとって、あの方は目標であり、立派な先輩でありました。

今回あの方がブログを閉鎖する事になってしまったのは、チームを批判するような記事を書いていたことがチーム内に知られれしまったためと言うことです。
しかしブログをやっている方なら誰でも批判的な記事を書いた経験があると思います。
私も書いたことがあります。


私のところのようなちっぽけなブログでも、毎日300〜400人の方が訪れてくれて、ページビューは約1000近くなります。ありがたいことです。
その中にはチーム関係者がいたり、近隣や対戦経験のあるチームの関係者もいたりします。他の方と違って、私のブログはどのチームの事を書いているのかはっきり言ってバレバレです。一応便宜上伏せ字にしたりしてますが、まぁ、そんなものはあってないようなものです。

そんな実情ですから、初期の頃と比べるとチームの内情、選手の事、などについて厳しさく書けなくなったのも事実です。ホントは書きたいことでも、これを書くとチームの恥になると思えば、自然とブレーキを掛けてしまったりします。

それでも敢えて批判記事を書く時は、それが原因で口論になったとしても構わない。もしくは普段から口にしている事、というのを前提として考えています。

私は文章に携わる仕事をしていますから、文章の力というのは強いと思っています。
その強い力をどう表現に生かしていくかは、個人個人の判断になります。

批判を書くのも構わないと思います。
それが本心であるならなんら恥じることなく主張していけば良いと思います。

しかし、ブログの世界というのは想像している以上に大きくなっています。
特に他のスポーツと比べても少年野球を書いている、読んでいるブロガーというのはすごく多いと思います。そしてその周りにコメントをしてくれる人。その周りに読んでくれる人。最終的にはすごい大きな輪っかになっています。

自身が書いている周りには驚くほど大きな輪っかが出来てるんです。
それを自覚している必要があると思います。

だからと言って、書きたいことを我慢するのはつまらないですよね。
しかし全ての人が書いた通りに理解してくれるとは限りません。
この文章をどうしてそういう風に理解するの?ということもあるでしょう。
何かを発表すると言うことは、批判にさらされるリスクを背負うと言うことです。

本当ならこんな内容のエントリーはしたくないんです。するつもりもありませんでした。
しかし、もう身近なブログが閉鎖されるという事態を迎えたくはないんです。
どうか、気持ちよくブログが続けられるようにみんなで考えましょう。

私は、自身のブログを書く。頂いたコメントを読む。コメントを返す。チェックしているブログを読む。コメントを書く。コメント返しを読む。
この一連の作業が大好きです。生活の一部になっていると言っても過言ではありません。とにかくそうした張り合いを失いたくはないんです。

もし、あなたのチームメイトがブログを書いていて、不快と思われる内容を書いていたら、大騒ぎにしてしまう前にそっとその人に忠告してあげて下さい。
そしてその人の書いた他のエントリーも読んでみて下さい。そこにはその人の少年野球に対する思いが詰まってると思います。
そういう人から少年野球を取り上げてしまう事態を作る前に、一度冷静になってその人がチームにどれだけのことをしてきてくれたかを考えて欲しいと思います。

それが一ブロガーとしての私の願いです。
posted by かに at 03:04| 東京 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

キャプテンの役目

先日、何気なく付けていたテレビで熱い(暑い?)男”松岡修造”が出ていました。
『学校へ行こう!MAX』って番組の企画で、母校の柳川高校を訪問してたんです。

当然修造ですから、テニス部の指導をする訳ですね。
多くの部員が一斉に打ち合いをする。その中をいつものごとく熱く語りながら飛び回って指導する修造。

テニスの事は良く分かっていなかったんですが、部長というのはセンターコートでプレイするものみたいなんですね。
一番ホーム側の端っこでエースと正捕手がキャッチボールするみたいなもんですかね。

しかし撮影の時は、部長がセンターコートで練習していなかった。
そこで修造が部長を捕まえて聞いた。

「なんで部長がセンターコートで練習しない。そんなの聞いたことがないぞ」

当然理由を知っているんでしょうが、それをあえて強い口調で聞く辺りが修造らしいです。

「大会で負けたからです」

部長が答えました。

どんなスポーツでも部長は力でチームを引っ張る。それが普通です。
野球でも部長がベンチにいるというチームがありますが、やはり本来ならグランドに立って、ピンチの時には選手を集めて叱咤する、それがあるべき姿なのでしょう。

修造は部長を相手に振り回しと言う、野球で言えば千本ノックの様なことを始めました。
必死に球に食らいつく部長の姿に、部員からは自然と声が出て、最後には一生懸命部長を応援していました。

きっと彼が大会で敗戦した後、影で部長を非難していた部員もいたでしょう。
しかしあの姿を見せた今ならそう言った声は無くなるでしょう。
やはり部長には、キャプテンにはそれだけの責任があるんです。
野球で言えばレギュラー選手にも同じような責任があると思います。

控え選手の思いを背負ってレギュラーは試合をする。
レギュラー、控えの思いを背負って主将はチームを引っ張る。
その思いがしっかり繋がったチームが本当に強くなることが出来るんだと思います。

本当の意味ではこうした関係は高校生くらいにならないと無理なのかも知れませんが、少年野球でもレギュラー、主将にそれくらいの気持ちを持つように意識しても良いと思います。

私は少年野球の練習では控え選手よりレギュラーに対して多く怒鳴ります。
レギュラーよりもキャプテンに対して多く怒鳴ります。
声が出ていなかったらキャプテンに対してだけ何度でも怒ります。例えキャプテンが出していてもです。

ブロガーの方は分かってる人が多いからあえて言うまでもないんですが、控えの選手、ボーダーの選手、ミスをして変えられてしまった選手にばかり怒る指導者って、結構多いんですよねぇ。
posted by かに at 16:11| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリー帰国

10日間の滞在を終え、ビリー隊長が帰国しました。

いつの間にやら、少年野球ブログ界の一部とウチの職場でビリーの宣伝部長みたいな存在になっていた私。

ビリーがガンガン露出することによって、今まで興味を持っていなかった人まで色々私に聞いてきました。

その質問で一番多かったのは、

「ホントに7日間で痩せるの?」

と、言うものでした。

はっきり言います。

痩せません。

中には痩せる人もいるみたいですが、少なくとも私は7日間では痩せませんでした。

私の場合、10日を過ぎた頃から減り始め、2週間で2キロ。1ヶ月で3キロ。1ヶ月半経った今では、始めた頃から比べれ5キロ減になりました。

最近になってようやく人からも「痩せたね」と言ってもらえるようになりました。

太った時は我先にと指摘してくるんだけど、痩せた時はなかなか指摘してくれないもんなんですよねぇ。

私がここまで結果が出せたのは、単純にビリーを続けたから、というだけではないと思ってます。
前にも書きましたが、仕事がある平日は、晩飯のみ意識してカロリーコントロール。
そして仕事を終えて帰宅してからビリーをやり、風呂に入って就寝。
このパターンを続けてきました。

ビリーによって鍛えられたのは、この「諦めず続ける気持ち」の部分だと思ってます。

同じようなカロリーコントロールは以前もやったことがあったんですが、その時は1週間足らずで挫折。今回挫折せずに出来た理由こそビリーなのだと思います。

ビリーのトレーニングは確かにしんどいです。かなりきついです。
でもそのトレーニングや食事制限を続けられるように鍛えてくれるのがビリーなんです。

まだ始めたばかりという方、これから始めてみようかと思っている方。
とにかく続けてみて下さい。途中疲れたら休んでも良いんです。疲れが取れたらまた続ければ良いだけです。
私自身、寝っ転がってやる腹筋のトレーニングなどは今でも1/3くらいしか出来ません。出来るところだけやっているという現状です。
それでも続けていればこれだけ結果が出るんです。

一緒に続けて、気持ちの良い汗をかきましょう。

L(@^▽^@)」 ビクトリー!!
posted by かに at 14:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

野球は生き物です

最近、試合中の「流れ」と言うものを意識して試合を見ています。
私は野球というのは「流れ」と言うものを持った生き物なんじゃないかなぁって思ってます。

まず試合に臨む段階で
ネームバリューで「流れ」を掴んでいるチーム。
名前負けしてみすみす「流れ」を手放しちゃってるチーム。

試合が始まって
ミスにつけ込み「流れ」を掴むチーム
ミスを与えて「流れ」を手放してしまうチーム

ちょっとしたアクシデントがあって「流れ」を掴むチーム
ちょっとしたアクシデントがあってもすぐに修正して「流れ」を手放さないチーム

試合の中で「流れ」ってあっちいったり、こっち行ったり、あるいは行きかけて戻ったり、そんなことを繰り返してると思う。

先々週にウチが負けてしまった試合。
初回、先頭打者のヒットで「流れ」を掴みかけたんだけど、結局ミスでそれを手放してしまった。かたや相手はその「流れ」にしっかり乗って初回に4得点。
こうなると負けてる方が「流れ」を引き戻すのは相当な力が必要。相手がミスでもしてきっかけを与えてくれればいいけど、強いチームほどその隙を与えてくれない。隙がもらえないところを強奪するのはそりゃあもうすごい労力がいる訳で。

結局、ウチはその後「流れ」を掴むことなく敗れてしまった。

そして先日の敗者復活戦。勝つには勝ちましたが、がっちりと「流れ」を掴んでの勝利という訳ではありませんでした。
エースが絶好調で相手に「流れ」を渡さなかっただけで、こちらが掴んで生かしたというほどではありませんでした。

小、中学生が「流れ」というものをどこまで感じられるのか分かりませんが、周りの父兄によって「流れ」が変わったりするってこともあるから、応援も気をつけなきゃなぁって思ってます。

よりによってこんな時間に突発的にこんなこと書き始めちゃったから、あまりにまとまりのない文章になっちゃってます。書き始めた時は無性にこんな内容を書きたいって思ってたんだけど書ききってみるとなんだかさっぱり。さらっと流しちゃってちょうだい。
posted by かに at 04:08| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

これでしたー!

IMG_5662.jpg

はい。

間違いなく職権濫用です。


そもそも仕事として行ったのかって事すら微妙かも。(^^;)
見てるウチにいてもたってもいられなくなって、端っこに移動してついつい私も体動かしちゃったし。
首からは『PRESS』ってのを下げてるのにね。(^_^)v

チームビリーのTシャツをゲット出来なかったのが悔やまれるけど、ビリー隊長とも握手しちゃったし、いやー休日返上して良かった。
posted by かに at 15:34| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタバタで今からお仕事

ついさっき、河川敷を出たところなんですが、今、あるお仕事のために、都内に向かってます。

何のお仕事かって?


それは、ヒ・ミ・ツ(^!^)

あとでのお楽しみということで。

ではのちほど(^^ゞ
posted by かに at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず1勝!あと1勝!

本日行われた敗者復活戦の初戦は、6対0で勝利しました。

初回、相手の制球難から2点を先制するものの、サイドスローの相手投手を今ひとつとらえ切れず、畳み込むような攻撃は見せられませんでした。

それでもその後4点を取ると、守ってはエースIT君がスピードボールで押しまくってシャットアウト。

ともあれあと1勝で全国と言うところまでやって決ました。

次の相手は神奈川のT塚チーム。去年の夏、選手権では当たってますが、まーぼ達の代は対戦したこてがありません。
厳しい戦いになるとは思いますが、なんとか勝利して選手権出場を決めて欲しいと思います。

最後になりますが、あいにくの天気の中、応援に来て下さったmaa3さん、旦那さん、どうもありがとうございました。
posted by かに at 13:28| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ちょっとだけ全国3位

私が住んでいる町のお隣。東京都練馬区が本日15時時点の気温で全国3位になったらしい。

何年か前からよくあるんだけど、この辺って都内でも有数の高温地帯らしい。
ヒートアイランド現象っていうのかな。汐留辺りに高いビルが乱立したもんだから、海からの風が流れなくなったらしいんだよね。


ちなみにその時の1位は埼玉県寄居、2位は沖縄だったかな。

1時間後には沖縄に上位独占されたけど、埼玉が沖縄より暑いってのはどうだ。

グランドにヤシの木でも植えてやろうか!

posted by かに at 17:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 空模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ただいま帰宅中


オフ会となると、相も変わらずこの時間です。

無事電車で帰宅出来るか微妙な所。

そもそも帰り際に、壮大なテーマ話過ぎですって。


でも帰るコールをしたら、オフ会どうだった?とも聞かず、


「タバコ買って来て」って。
posted by かに at 00:21| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

悩んでます

今、まーぼは悩んでいます。


じつは今週の土曜日。
まーぼの学校では公開授業があります。午後には生徒会による総会なるものもあるらしい。

もうお分かりでしょう。

土曜と言えば当然チームの練習があります。

そのどちらに参加するか、それが今の最大の悩みということなんです。

チームメイトのS君は、迷わずチーム練習を選択。
土曜日は学校を欠席するつもりらしい。

本当はまーぼもそうしたいみたいなんですが、そうできない理由があるんです。

それは午後から行われる総会。

まーぼはこれの議事進行役をしなければいけないみたいなんですね。
いくらなんでもそんな大事な役を他の誰かに押しつける訳にもいかず。

しかし、万が一日曜にチームが敗れてしまったら、土曜の練習をきっちりやらなかったことを後々悔やむことになってしまうかもしれない。

こればかりは私もあれこれ意見を出すことなく、自分で判断させるしかないな、と思ってます。

果たしてまーぼがどんな決断をするのか。ちょっと楽しみです。
posted by かに at 11:17| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

終わってしまいました・・・

昨日、まーぼの中学バスケ部生活が終了しました。

まーぼがバスケ部に入部したいきさつは奥さんがブログに書いていますのでそちらを読んで頂ければ分かります。

昨日、我が市でも中学部活最後の大会が行われました。

と言ってもまーぼの部活への参加は当然平日のみ。土曜日に練習試合をやったりしていたみたいなんですが、ただの1度も参加してません。
今年の春休みも合宿を行ったそうなんですが、ちょうど同時期に大阪に行っていたから、こちらもまったく参加してません。

とにかく申し訳程度に参加させてもらっているだけ。バスケの素早い動きも野球に行かせるだろうからいいんじゃない?親としてはそんな程度の認識でした。

と言っても最後の大会ですから、ちょっとくらい試合に出られるだろう。見りゃあ話の種くらいにはなるだろうと、奥さんとともに見に行って参りました。

まーぼは「別に見に来なくてもいいよ」と思ってるようで、聞き出せたのは試合会場が市内の体育館だ、というだけ。試合時間などさっぱりわからない。
まぁ、これくらいに着いておけば、と10時頃に体育館に到着しました。
着くと同じバスケ部のお母さんから、ちょうどこれから試合が始まる、と聞かされ、良いタイミングじゃん。なんて思いながら2階の観客席へ。
席に座るとちょうど試合前の練習を開始したところでした。

まーぼは背番号8を付けて練習してました。バスケってあんまりボウズ頭がいないもんだから遠くからでもすぐ発見出来ました。
まーぼのバスケ姿。去年秋の新人戦の時も違和感たっぷりに感じましたが、今回もやっぱり違和感ありありでした。

そんなこんなで試合が始まりました。

と、なんとまーぼスタメン。本業では滅多にないスタメンですよ。

試合が始まってみると、相変わらずドリブルはヘタでしたが、身体能力を生かして、スピードと高さで勝負。かなりリバウンドも取ってました。チームとしても去年の秋に見た時よりは全体的に上手くなってる。
前回の時には感じられなかったボールへの執念とか、点を取るぞ、という気持ちが感じられました。そんな気持ちの現れか、序盤は常に先手先手で得点していく良い展開。

お、もしかしてこりゃあ勝てるんじゃないか?
なんて思ったりもしましたが、やはりそうはいきませんでした。

我が中学のバスケ部。小学校の時にミニバスを経験している選手ってのがゼロ。みんな中学デビューということです。しかもスタメンで出てる背番号8は1年の終わりに転部して、なおかつ平日のみの練習参加。そんなヤツが出ちゃってるくらいですから、じりじりと追い上げられ、追い付かれ、追い越され、突き放され。気付けば10点以上差を付けられてしまいました。終わってみれば89−42のダブルスコアで敗戦。

我が市は中学は3校しかありませんから、次の試合に勝たなければ上部大会に進むことは出来ない。

が、相手は県大会で好成績を収めているっていう超強豪。
当然そんなチームに歯が立つ訳もなく、100点を超える点を取られて完敗。
2敗を喫し、上部大会への道が閉ざされ、これでバスケ部としての試合が全て終了しました。

それでも試合中時折見せていた笑顔。勝てない相手ながらもチームメイトと声を掛け合い、懸命に走り、汗を流したことは、見ていた私も嬉しく感じられました。

特に第2試合で見せたフリースロー。
経験不足ですから、ドリブル、シュートどちらもヘタっぴなまーぼでしたが、最後の最後に決めてくれました。
せっかくなんでその時に撮った写真をご覧下さい。

IMG_5546.JPG


IMG_5547.JPG


IMG_5548.JPG


IMG_5549.JPG


IMG_5550.JPG

入る訳無いと思いながら、ちょうどこんなアングルで撮っていたことが幸いしました。
まーぼにとっても良い記念になったことでしょう。

大会の方はこれで終了ですが、練習には7月いっぱいまでは参加していいということなんで、体力維持のためにもまだ部活には参加してもらうつもりです。

その後はちょうど選手権があるし(あくまで出られる前提です)、そのあとには合宿もある。そして忙しく過ごした後は、もう高校を見に回らなきゃいけない。各地で高校野球の抽選も行われ、まーぼが意識している高校の試合日程も分かってきました。どの試合を見学に行くか、これから相談しなければならないでしょう。

なんだか中学生活が終わりに近づいてるというのをイヤと言うほど実感させられますね。

ともあれそんな一区切りになる一日でした。

IMG_5556.JPG
posted by かに at 03:17| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

気付いたら成長してた

公式戦が続くこの時期。
練習の中心となるのはバッティングです。

ウチのバッティング練習は、マシン2台+投手一人の3カ所でやるのが基本です。

それが済んだ後は、マシンを1台にしてケースバッティングをしたり、投手を立てて本格的に実践形式でバッティングをしたり。

そう言う時には、学年に関係なく投手候補をどんどん投げさせます。

以前も少し書いたことがありますが、中学硬式の場合。
良いと言われる投手は大体120km台後半から130kmの速球を投げます。
現在対戦しているベスト32くらいのチームでは、エースならばどこでも120km中盤くらいの速球を投げてきますね。

それに適応するためには、時にはそういう球を打つ練習をしなければ話になりません。
通常、マシンの球はそれくらいに設定して練習してますが、いくらマシンで打てても、投手の投げる生きた球を打てなければさらに話にならない。

ということで、先程書いたように、投手を存分に投入してバッティング練習をしている訳です。

しかし3年生はともかく、2年生の投手に120km台の球をビュンビュン投げられる投手はそう多くはいません。
そこで、どの投手もプレートより1歩分前に出て、少し短い距離で投げさせたりしています。

このバッティング練習に最近、1年生投手が登場している。
1年生と言っても体格はすでにまーぼより上。体重もおそらく70kgを超えてるでしょう。素材的には抜群のこの投手。一度測ってみたら球速は120km超えてました。
この時期に120km超えてるってのは、現在のエース、IT君が1年の時と変わりません。
それくらい期待出来る選手なんですが、あいにくと走るのが滅法苦手。というより大嫌い。おかげでせっかくの球速も1イニング持つかどうかというところ。
彼の成長もこれからの楽しみではあるんですが、ともあれ彼が3年生相手にバッティング練習に登板しました。

例によってプレートより1歩前からの投球。その体格を生かして小学生の時はストレート1本で相手を抑えまくった彼。(少年野球ですから当たり前ですが)
1年生とは言え、少し短い距離から投げるのはやっぱりプライドを刺激されるんでしょうね。力一杯投げ込んできてました。

しかし、3年生の選手達はこれをたやすく右に左にと打ち返していく。
中軸の選手などは楽々と外野の頭を越える打球を打っている。

予定の2イニングを終えて、交代した彼に声を掛けてみました。

「どうだ、3年生のバッターは。ずいぶん打たれてたな(^^ 」

すると彼は直立不動でこう答えました。

「やっぱり先輩達はすごいです」

思えば1年前、同じようなセリフをまーぼ達がしていたと思ったら、今や言われる立場になったんですね。

なんか、当たり前の話なんですが、息子達も成長してたんだなぁ、って改めて実感しちゃった瞬間でした。
posted by かに at 02:08| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

残念ながら完敗でした

本日行われた大一番。
全国出場を賭けた試合は、残念ながら0−7の5回コールド負け。完全な力負けでした。

先日も書いた通り、この日試合が行われた会場は住宅街のど真ん中にあるグランド。
声を揃えての練習や応援が出来ません。
ウチの選手、父兄にとっては初めてとなる異質な空間。
しかも相手は関東大会3連覇中の強豪。初回の表裏が試合の流れを大きく左右するだろう、私はそう思っていました。

そしてその予想は見事なまでにはまってしまいました。


1回表、先攻は我がチームでした。
先頭バッターがレフト前ヒットで幸先の良いスタート。
流れを作る意味でも、どうしても欲しい先制点。
ここで2番に送りバントのサインが出た。
ウチで2番に座るくらいだからかなりバントは上手い選手なんですが、この時は完全に打球を殺すことが出来なかった。3塁手前に転がった打球を相手は迷わず2塁に送球。1塁ランナーはアウトになり、さらに1塁に転送された。ところがこれをファーストが後逸。
バッターランナーが慌てて2塁に走った。
しかしうしろに逸れた球はネットにはねてあっさりとボールを取りに行った1塁手の元に。そのまま2塁に送られて結局アウト。
チャンスが一転2アウトランナー無し。続くバッターも凡退し、若干沈んだ気持ちでその裏の守りに付いた。
そんなムードを強豪チームが見逃してくれる訳もなく、立て続けに打ち込まれあっという間に4失点。

強豪相手の基本は先手必勝。有利な展開で試合を進めて向こうを焦らせなければいけないのに、現実は真逆の展開。

結局相手は自分達のペースで淡々と試合を進め、こちらは普段の野球が出来ず終い。
ずるずると失点を重ね、終わってみれば0−7のコールド負け。

少しだけ言い訳をするならば、明らかなホーム有利のジャッジと、声を揃えて応援してはいけない、というグランドルールが我々にとってはきつかったです。

ウチの応援を見たことがある人からは、よく「選手と父兄の応援が一体となって勢いを感じる」と言って貰います。
ある意味父兄の応援で選手を乗せていく、と言う風にも言うことが出来ます。
しかし、この日はそれを完全に封じられた。
ならば自分達で盛り上げて、初回に奪われた点を返すムードを作っていかなければいけないんですが、結局はそれも出来ず。

今考えれば、4点差が付いた瞬間から選手にも父兄にも「敗者復活戦があるし」という甘えがあったのでしょう。選手も父兄も、負けられない、負けたくないという必死さを出すことが出来ませんでした。


色々言い訳しましたが、負けは負け。0点では勝つことが出来ませんから。
我々にはこの試合に勝つ力が足りなかったということでしょう。

先程もちょっと書きましたが、まだ全国への道は残っています。
今年の全国出場枠は21。ベスト16以外にも5つの枠があり、その枠を賭けて来週から敗者復活戦が始まります。

敗者復活戦、初戦の相手は埼玉の秩Bシニアです。
まだ詳しく調べてはいませんが、ベスト32まで勝ち上がっているチームですから、たやすい相手ではないことは当然です。


しかしもうあとは無くなりました。
泣いても笑っても、次の敗戦はすなわち引退を意味します。
死力を尽くして、あと2勝して全国の切符をギリギリでも勝ち取って欲しいと思います。

応援してくれていたみなさま。
暖かい言葉を掛けて頂き本当にありがとうございます。本当に胸に染みています。
あともう少し。もう少しだけ我々を応援して下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m

ちょっと前後しちゃって申し訳ないんですが、前のエントリーのコメント返しはこれからしようと思います。もう少しお待ち下さい。
posted by かに at 22:11| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

相手が決まりました


明日の相手が決まりました。

やはり青○緑○シニアです。
相手は関東大会3連覇中のチーム。
手強いことは分かっています。

しかし相手にとって不足なし。
こちらも現在打線、守備ともに絶好調。
十分に勝機はあると思ってます。

とにかく全力でぶつかってきます!
試合開始は午前9時半。よろしければ念を送って下さいm(_ _)m
posted by かに at 11:40| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ついに来たね

NEC_0294.jpg


いよいよ天敵「梅雨前線」が来ましたねぇ。

今はまだ九州だけだけど、関東も梅雨入りするのは時間の問題だろうな。

せめて今週末だけは乗りきって欲しいな。
posted by かに at 16:51| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 空模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

今日の十兵衛

DSCF2454.jpg


週1回の外出を終え、のんびりムードの十兵衛。
月曜恒例のご褒美「しらす」もすっかりお気に入り。もらった4匹はあっという間に食べちゃいました。
この前は河川敷で初めての大雨を体験。すっかり隠れ家に閉じこもりっぱなしだったけど、勝利を呼ぶカメとしての力は存分に果たしたつもり。

大自然「荒川」から、かに家に引っ越して2週間。この環境にも慣れて、食欲もすっかり旺盛になった十兵衛。食べて出して、昼寝して、平日はそんな感じで過ごしてる。

来週、チームが遠征だったら週1の外出もなし。そうなると恒例のご褒美も無くなっちゃうのでは、と心配している十兵衛なのでした。
posted by かに at 01:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

高校野球は国民的スポーツなんだけど・・・

タイトルの通り、今、高校野球は国民的スポーツという称号を与えても問題ないくらいの存在になっています。
人気高校となれば甲子園は超満員。ヘタな不人気球団なんかよりよっぽど客が入ります。
それだけに運営サイドの問題が非常に大きく取り上げられたりしてますが、今回はかの団体の話ではなく、息子もやっている中学硬式野球の話です。

硬式野球というのは文字通り、硬い球を使って野球をするのですから、そこらでほいほいと始められるものではありません。
高校野球にしたって、地方ならともかく、東京の高校などは学校から1時間以上離れたグランドに移動して練習するということ珍しくありません。
(実際その辺が高校選びのネックになったりもします)
高校野球でそうなのですから、クラブチームである我々のようなところはもっと大変です。

我がチームは現在荒川河川敷にある国の敷地を借りて練習しています。
近隣のチームもそのような形のところが多くあります。他には企業のグラウンドを借りたり、市町村の学校の予定地や跡地などを利用しているところもあります。
どこも今現在は使えているけど、未来永劫大丈夫というチームはほとんどありません。

ウチにしても何年かおきに更新ですし、グラウンドを貸してくれていた企業が、よそのチームと契約してしまい、追い出されてしまった、という話を聞いたこともあります。
毎週確実に使えるグラウンドを持たないジプシーチームもありますし、新入団の6年生が体験で来る時期になると「あのチームはもうじきグランドが使えなくなる」なんて噂が流れたりします。

それだけ硬式野球においてはグランド確保が死活問題なんですね。
先に書きましたようにウチは国の土地を借りてる訳ですが、隣は地元の市のサッカーグランド、目の前には緊急用道路が走っています。
サッカーグランドには毎週サッカー少年がやってきますし、緊急用道路にはすごいスピードの出る自転車がびゅんびゅん通ってます。
それらの人達に迷惑の掛からないように危険対策を施すのは当然の義務ですし、共存共栄していきたいと思っているんですが、世の中には野球というスポーツが嫌いな人も多くいるんですよね。
ことあるごとに難癖つけられ、監督官庁に連絡され、それでもグランド確保が最優先ですから、事務局や幹部が頭を下げに行ってるのが実情です。

こうした近隣との問題を抱えているのはもちろんウチだけではありません。
遠征で他チームに行くと、必ずそのグランド独特のルールがあり、それにのっとって試合が行われます。土地は自分達の物でも近隣とトラブルを抱えてはやっていけません。グランドを確保し続けるためですからね。お互い様です。

最近よく耳にしているのが、「神奈川方面のチームがグランド確保が大変らしい」という噂です。もちろん個別の状態も知らないですし、どこがどうということまではわかりません。それでも関東では神奈川のチームが群を抜いて強いのですから、大した物です。

関東において一番の知名度と実力を誇る青◎緑◎チーム。次の日曜にもしかしたら対戦するかも知れないから、そちらのホームページにおじゃまして、グランドの場所などの情報を見てみたら・・・驚きました。ものすごく細かい決まりがある。
他チームのことですから、ここに「どうだ」とばかり列挙するようなことはしません。もし気になる方はググって見てみてください。

私の知る中でも群を抜いて細かい取り決めのあるグランドです。
我がチームはまだまだこれからのチームですから、あのチームとの対戦もありませんし、そのグランドにも行ったことはありません。ですから実際どこまでが許されてどこからがダメなのか、行ってみないと分からないし、何もそこまで訪問するチームに強制することもないだろう、と言う気持ちもないではありません。

しかし、最初から書いている通り、クラブチームにとってグランドを確保し続けるというのは、最重要、最優先の課題です。
かのチームも周辺住民との関係を円滑にする意味でも、そこまでする必要があるのでしょう。

周辺も巻き込んでチームを応援してもらう、なんて形を作れたら理想的なんですけど、高校野球と違ってなかなかそうはいかないんもんなんですよねぇ。
posted by かに at 18:00| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

3回戦突破!

本日行われた夏季大会3回戦。

時折雨が降るあいにくのコンディションでしたが、なんとか試合が出来ました。

これまで強打で勝ち上がってきた我がチーム。しかし今日は天気と同じくあいにくの試合展開でした。

得点と言えば初回と3回に内野ゴロの間にランナーがホームインというパターンのみ。
相手投手がコントロール良く放っていたのはありますが、それほどの球威があったわけでもないだけにもう少しガツンとやって欲しかったですね。

しかし守りの方はこれまで以上に安定していて、ほとんどピンチらしいピンチもなく完封シャットアウト。
2−0で勝利して、無事4回戦に進出。ベスト32に入ることが出来ました。
開始時は195チームだったのが今は32ですからね。

ただ対戦相手の試合が雨天順延になってしまったため、まだ相手がどこかは分かりません。何処が相手でもウチらしい試合をして、一気に全国出場を決めたいところです。

関東ではとんでもない大雨が降ったせいで、試合が出来なかったところが多かったでしょうね。ウチは試合が出来ましたが、他会場では中止が相次ぎ、予定された32試合中10試合くらいしか消化出来なかったみたいです。
ウチにしても、第二試合途中からものすごい大雨になり、3回途中で中止が決定。
土砂降りの中の撤収作業で、パンツも含めて全身ずぶ濡れになっちゃいましたよ。
いつもの事ながら、審判団の判断の遅さには泣かされます。

大会運営主体ではなく、土砂降りの中で試合をさせられる選手の身になって考えて欲しいものです。
posted by かに at 15:07| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

まーぼ帰京

200706091026000.jpg

一時は雨が降るなんて予報でしたが、結局・・・晴れてます。雲多いですけど。しかも黒い雲がぽちぽちあったりしますけど。


って事で、やって参りました東京駅。

まもなくまーぼの乗った新幹線が到着します。
posted by かに at 10:29| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

こんなになりました

本格的にビリーをやり始めて1ヶ月。

私の腹筋はついにこんなになりました。


IMG_4945.jpg


















すいません m(_ _)m  ウソです


もちろん、この腹筋は私ではなくまーぼのものです。


まーぼ自身は、

「別に並んで撮ってやっても良いよ(上から目線)」

などと言ってますが、もちろんそんなことはやりません。(キッパリ)


写真ついでにまーぼの身体測定をやってみました。

修学旅行を翌日に控え、準備で忙しいまーぼを

「うりゃー、ネタのためだ。身長測るぞー、体重測るぞー」

と強権を発動してみました。
今後の目安のためにも、今現在の体格を知っておきたかったってのもありますが。


で、測ってみたところ、

身長   176cm

体重   63kg

体脂肪率 12%

といった感じでした。


正直、身長はもうちょっと行ってるかなぁ、と思ってたんですけどね。
一時期に比べたら身長の成長率が下がったかな。
なんとかもう一伸びして、180cmは超えてもらいたい。

体重に関しては、まぁ、順調な方ですかね。
春前は60kg前後でしたから、多少ウェイトアップに成功かな。
夏終わりまでには65、高校入学時には70kgオーバーを目指したいですね。


体脂肪は、あえて測るつもりはなかったんですが、ウチの体重計が体脂肪も測れるって事で一応書いてみました。
先週、試験期間中はもう少しあって、13%くらいだったらしい。
素振り、シャドー以外の自主練をしてませんでしたからね。

それが試験が終わり、土曜には12.5%、日曜の夜には12%になっていたらしい。

ちなみに私は25%辺りをウロウロしてます。聞いてませんね、ハイ。

昨日出発した修学旅行。

当然、自主練のたぐいはほとんど出来ないし、しないでしょうから、またすこーし体脂肪率を上げた帰ってくるでしょう。

あ、そうか。引退したら運動量が極端に減って、がつーんと体重が増えるかもしれないんだなぁ。
posted by かに at 03:46| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

明日から修学旅行

まーぼは明日から修学旅行に出掛けます。

行き先は定番の京都、奈良。
予報によればこの3日間の関西地方は天気も心配ないみたい。

中学校生活最後の大イベントです。
楽しい思い出をたくさん作ってきてくれればいいですね。



ただ一つ、問題があります。

それは日程。
明日、木曜から土曜までとなるんです。
日曜は言うまでもなく夏季大会があります。
負けたら終わりのトーナメント。しかも青葉緑◎への挑戦権を掛けた大事な一戦です。

「前日の練習にはどうしても出席したい」と言うのがまーぼとS君の希望です。

修学旅行は学校行事ですから、本来なら最後までしっかりと参加して欲しいところですが、我が家もS君家も、今一番の希望は選手権出場。
そのために悔いのない選択をして欲しい。

学校側もその辺は理解してくれてます。
幸いにまーぼとS君は同じクラス。担任の先生との打ち合わせも十分に済んでます。

ということで、二人は土曜の朝、朝食後に新幹線に放り込まれるみたいです。(^^;)
こうすれば午後からの練習に参加できるわけです。

土曜日が雨になって練習中止となれば、修学旅行を最後まで楽しんで来れるんでしょうけどね。まーぼ達もそうなるのがベストだと考えてるみたいです。(^^)

ヤフー天気によると、東京地方は金曜、土曜ともに曇り時々雨という予報。
チームとしてはちゃーんと練習出来て欲しいところですが・・・。
posted by かに at 11:08| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

トラックバックスパムがうぜー

最近、出会い系のトラックバックがかなりのペースで入ってくる。

ウチのブログは以前もエロ系のトラックバックが続いた時期があったから、承認方式をとってるんですが、もうやたらめったら入ってくるって感じ。

spam.jpg

見ての通り、「林田」とか「NYようすけ」とか言う名前で入ってくるのが多い。
別にこれが本名だとは思ってないけど、これだけ並ぶと・・・・



「林田うぜー!!」



って叫びたくなります。
posted by かに at 11:41| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約書  その結果

先月11日のエントリーでまーぼと私との契約書の話を書きました。

それは

『5月29日・30日の中間テストでまーぼが英語・数学で80点以上取り、そして5教科400点を取ったら、まーぼに新しい携帯を父が買うことを誓います』

と、言うもものでした。

で、その中間テストも終わり、先週末からテストが戻ってきました。


結果はと言えば・・・



「残念ながら願い叶わず」


でした。


そもそも、英語、数学ともに目標とする80点を超えることが出来ませんでした。

まぁ、あと少しという点だし、平均点よりはかなり上回ってたみたいだから、頑張ったと言えば頑張ったんでしょう。

合計点にしても5教科で378点と、目標に22点足らず。

同じ中2の息子を持つ文球さんも、似たような目標(にんじん)をぶら下げ、同じように目標達成出来なかったみたいなんですが、あちらは400点を遙かに超えてますからね。まさに文球両道ですよね。
で、交渉の結果、携帯を買うことになっちゃったみたいですね。甘いなぁ、文球さんは(^^ 

ウチは同じ目標に届かずとは言え、22点も足りませんし、ましてや点数のレベルがまったく違いますからね。

「クリアしてたら絶対に買ってやるけど、1点でも足りなかったら買わないから」

としっかり約束もしてましたら、交渉の余地はなし。

新たな契約を結びたがるかも知れませんが、それはそれで、その時に考えるとします。


ともあれ、今回のテストでまーぼがかなり頑張ったことは認めています。
今後もそれくらい頑張ってくれれば、1学期の成績がよくなると思うんですけどね。
高校進学のためにもこの調子で勉強して欲しいですね。
posted by かに at 02:15| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

2回戦突破!!

本日行われた夏季大会の2回戦。

西東京のF生シニアとの対戦は14対3の5回コールドで勝利しました。

今日も打線爆発。この調子で次も良い試合をして欲しいです。

さて新しいスパイクで試合に臨んだまーぼですが、5回に素振りをするように指示され、あと一人出塁したら代打で登場というところだったんですが、残念ながらあと一息で打席はありませんでした。

しかし、最近打撃好調なのをしっかり見てくれているようです。
チームが勝ち続けている限りまだチャンスはあります。
その時まで、しっかりと自分の役目を果たして欲しいと思います。
posted by かに at 19:00| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

この期に及んで

NEC_0613.jpg



中学野球生活も残すところ最後の大会となってるというのに、この期に及んで

「スパイクにダメになった」

なんて言いだしやがって。

しかも

「練習用のスパイクは重い。あのスパイクで試合に出場し、わずかなチャンスの中、ヒットを逃したら悔しいから、不安要素を無くす意味でも新しいのを買ってくれ」

なんてダメ押しです。


確かにまーぼはランナーコーチャーがメインですから、試合に出場するチャンスはすごく少ないと思います。試合出場を諦めるなら、今の時期に新しいスパイクを買うのはもったいない、練習用で十分。ってことになるでしょう。
しかし本人も親もまだ、試合出場も、ヒットで出塁も諦めてない。

っていうことで、神宮のあと、総監督のお店に出向いて買って参りました。
なぜだかレジ横にあったクボスラの袋まだ買わされたし。(写真下)

願わくばこのスパイクで1試合でも多く出場して欲しいと思います。
posted by かに at 14:19| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする