2007年05月31日

少年野球と少年サッカー

先日、息子(小学2年生)にサッカーをやらせている友人に会いました。

二つの小学校の生徒を対象にしているそのサッカークラブ。少年野球と同じく父兄がお父さんコーチとしてチーム運営のお手伝いをしているそうだ。
しかし友人はサッカー経験者でもないし、土日も仕事をしているため、あまり参加していなかったらしい。

ところがある時、たまたま日曜が休みになり、練習試合を見に行ったそうだ。

練習試合ですからね。なんやかや昼頃には終わるみたいなんですね。

すると、試合終了が近づくにつれ、試合そっちのけでリフティングやらストレッチをし始めるお父さんコーチ達がいるらしい。

友人によると、こうした練習試合後、お父さん達による試合が15分ハーフくらいで行われるらしいんです。しかもそれ自体珍しい事じゃないらしい。

最初に書いた様に、友人はサッカー経験者じゃないですし、そんな試合に出る気はさらさらないみたいなんですが、他のお父さん達は嬉々として試合をしてるみたい。

正直、少年野球じゃあ考えられませんよね。
確かにウチの辺りでも、コーチによる野球大会があったりします。しかしそれですらシーズンオフの1日だけ。しかも単一チームじゃなく、ちょっと遠い地域の大会にエントリーしている市内3チーム合同で参加しているだけですから。

少年野球の指導者も、少年サッカーの指導者も、そのスポーツが好きという気持ちは同じかもしれませんが、指導すると言うスタンスに関してはかなり違いがありますね。


ウチの小学校のサッカーチームは試合後のミーティング中、離れたところでサッカーボールを蹴ってるお父さんは珍しくありません。
友人のチームもそうらしいです。

少年野球で反省会中にコーチが離れたところでキャッチボールしてるなんて、ありえませんよね。

以前、オフ会の時に、「少年野球ブログはこんなに盛り上がってるけど、少年サッカーブログが盛り上がってるって聞かないよね」って話したことがあります。

別にサッカーをやっている人を批判する気はさらさらないんですが・・・・息子が好きになったのが、野球で良かった。(^^
posted by かに at 22:28| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日もビリーでブンブンしてるぜい

前回メタボで反応しちゃった皆さん、こんにちは。

5/11のエントリーで、私が待望のビリーズブートキャンプに挑戦中という報告をしましたよね。

今回はその途中経過です。


あれから約3週間。
早朝から動き回る土日を除いて、ほぼ毎日ビリーをやって参りました。

と、同時に、食事の方もちょっと考えるようになりました。

まず一番優先しているのがご飯の量を減らすこと。そして間食を無くすことです。
これは前回のエントリーで文球さんのコメントを受けての判断です。

私の場合。平日の晩飯というのはほぼお弁当です。
平日に自宅で夕食というのは月に1、2度あるかどうかです。
で、これまではコンビニのお弁当+総菜+デザート、というのが基本スタイルだったんですが、これを総菜+サラダという風に変えました。
最近のコンビニフードはバーコードのそばにカロリーが書いてあるんで、それを見ながら出来れば合計500kcalくらいに収めるように気をつけてます。
今まではおそらく1食で1000kcalを楽に超えていたでしょうから、それからすれば大きな変化です。

まぁ、時には無性にカレーが食べたくなって、その辺を取っ払っちゃうこともありますけどね。
減量中のボクサーって訳じゃないですから、そこまでストイックになっちゃうのもね。

夜の食事量を減らしている分、昼食はそれなりに食べますよ。
それでも胃袋が小さくなってきてるんでしょうね。これまでより大分少なくなってます。

食事の他にやっていることと言えば・・・そう、ビリーですよね。

基本は順番通り、ディスク1から順番にやっているんですが、時には「今日は食べ過ぎたからディスク2の応用プログラムをやろう」とか、「今日は疲れてるからディスク3の腹筋プログラムにしちゃおう」と、臨機応変に変えてやってます。
この辺が私のアバウトさなんでしょうね。

前回エントリーした時には「まだ効果が出ていない」と書きました。

そして今回、こんなエントリーをしている訳ですから、当然効果が出始めてるってことですよ。

そもそも、このダイエットをやり始めようと思ったきっかけは、これまでの人生で見たことのない数字、「79キロ」という体重計の数字を見たからなんです。
この頃はベルトの穴も一番端でもきついくらい。日によってはベルト自体を外しちゃう時もありました。

で、3週間経った現在。

体重は76キロ。

これは先程ビリーをやった直後に測った現在の体重です。
おそらく明日朝、起きてすぐに測れば75キロ台になっているでしょう。
何で聞いたか、読んだかすら覚えてませんが、人は起きてすぐに測った体重が一番正しいその人の体重だと言うことらしいです。
ということで、この起きたての数字をどんどん減らすことを目標にしている訳です。


ちなみに私の腹筋、今もって割れてません。その辺はコマーシャル通りにはいかないですね。
そもそも私、腹筋がメチャメチャ弱いから、ビリーがやってるのと同じ事出来ないんですもん。

まぁ、いつの日か、私の体重が70キロを切るようになった時には、多少お腹周りもすっきりするかもしれませんね。
posted by かに at 03:46| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

誰がどう見たって軽いでしょ

一連の裏金問題に対する西武球団への制裁が発表された。

皆さん、もう知ってると思うから改めて書くのもなんだけど、

◎高校生ドラフト上位2選手の指名権剥奪
◎制裁金3000万円。
◎当該のスカウトは現時点でスカウト登録を抹消してるから不問。

どうですか?軽いと思いません?私は軽すぎると思います。

プロ野球を目指す社会人選手と大学生を振り回し、それに付随し専大北上高校が連盟から除名。(もう復帰しましたが)さらに全国の特待生に不安感と出場停止のきっかけを作り、我が家のような中学3年の家庭に進路選びを不安にさせた。

どうですか?軽いと思いません?私は軽すぎると思います。

まず一番目。
指名出来ないのは高校生上位2名だけ。大学生、社会人は指名出来るって事です。
伊東監督はドラフト自体を自粛すべきなんてことを言っていましたが、球団はそんな気サラサラないみたい。つまり中田翔が取れないってくらいしかペナルティがないってことですよ。

続いて2番目。
これはもうお話にならない。西武と言えば松坂資金が60億もあるんですよ。しかもそれを新戦力のためにほとんど使ってない。まだまだ山ほど残ってる。
それこそこの程度の金額、鼻くそピーンってなもんですよ。
(°σ °)ホジホジ... ( ・_<)σ‥…----- ・ ピンッ!
使い道にしたって、まったくもって不透明。色々探してみてますが、その使い道についてはどこにも発見することは出来ませんでした。(ご存じの方がいたら教えて下さい)

最後に3番目。
確かに現時点では登録抹消されてるんですよ。でも6月に二日間、法令遵守の研修を行って、それをもってみそぎとして、当該のスカウトも再登録するみたいです。┓(´_`)┏
ドラフトにも参加する気満々だし、「遅れを取り戻したい」とか言ってるんですよ。

選手の方は1年間の出場禁止とか、そんな処分でしたよね、確か。
その遅れを取り戻すのはそれこそ容易じゃない。

それに比べて、スカウトの謹慎期間なんて・・・ねぇ。

他の方はどう考えるか分かりませんが、私はまったく納得出来ないですね。

あーもう(`m´#)
高野連と言い、NPBと言い、何でこんなに一般人の常識とかけ離れた行動が出来るんだろう。(`m´#)
posted by かに at 04:06| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

福の神?

先日の日曜日。

すでにご報告の通り、我がチームは夏季大会1回戦を行い、無事勝利することが出来ました。

この試合。試合会場はウチのグランドでした。

関東のシニアの場合、夏季大会というのは、関東連盟に所属している190以上のチームで一斉にトーナメントを行います。
それだけの大会ですから一会場で一試合のみという訳にはいきません。
で、当然ウチの後にも2試合行われました。

こう言うのをグランド当番と言うんですが、試合前後のグランド整備や水撒きなどを行う訳です。

それを嫌うチームもいたりするみたいですが、ウチは選手がやりやすいということを考えて積極的にグランド提供をしています。

当然ながらよそのチームが試合してますから、その間は私たちは特にやることはありません。今後当たる予定のチームなら試合観戦するという手もありますが、まだ1回戦ですからね。そこまで他チームを気にすることもありません。

で、何をしてるかというと、昼寝をするか、おしゃべりするか。そんなもんですね。

ところが先日の日曜日。埼玉地方はとんでもなくピーカンでした。気温も30度近かったんじゃないかな。

そんな陽気じゃおちおち昼寝も出来ねぇ。って訳でとにかくくっちゃべっていた訳です。


前置きが長くなりましたが、本題はここからです。

私たち3年生の父兄がおしゃべりをしているところに、1年生のお母さんがやってきた。



「あのー、◎◎を拾っちゃったんですけど・・・・どうしたら良いと思います?」



さぁ、この◎◎、何が入ると思います?





正解は  










jyubei.jpg





ミドリガメです。


そりゃあ、河川敷ですからね。カメくらいいるでしょう。

でも、発見されたのは、

土手  道  グランド  川  となっている

 ↑  この部分ですからね。(分かります?)

写真では分からないでしょうが、全長3〜4センチのコガメですからね。
実際川から歩いて土手までたどり着いたのだとしたら、とんでもない長旅だったことでしょう。


で、そのカメ、どうするか、と協議した結果。

「大会当日に現れたんだから、もしかしたら福を運ぶ、福の神、福の亀かもしれない」

ってことになっちゃったんです。

となると、おいそれと川に返すことも出来ない。

とにかく選手権が決まるまでは飼おうじゃないかってことになった訳です。

問題は誰が飼うのか?ということ。

そう、皆さん想像の通り、ウチで飼うことになっちゃったんですよねぇ。


まぁ、元々私が何かを飼ったりするのが好きだってこともあるんですが、実はまーぼがカメ好きってこともあるんですよね。
何がきっかけか分からないですが、小学生の頃、ねだられて『カメのすべて』なんて本を買ったこともあったし。

チームのブログも管理している私が飼って、時々ブログで成長記録を載せたらいいんじゃない?なんて意見が出てしまったから、もう決まりです。


ということで、本日、ホームセンターでえさやらケースやらを買ってきて、本格的に飼う体勢を整えました。(実はこういう事が好きだったりします)
まだ転居間もないので、緊張からかアクティブに動いてくれませんが、まぁおいおい元気に活動し始めるでしょう。

あ、そうそう。

jyubei2.jpg


↑彼、名前は『十兵衛』ということになりました。(命名ゆずりは)

無事成長していけば、これからも登場することがあるでしょう。

どうぞお見知りおきを。

posted by かに at 03:31| 東京 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

無事初戦突破!

本日、夏季大会1回戦が快晴の中行われました。

初回、フォアボールとバント処理の2塁悪送球などでノーヒットで2点を奪われてしまったんですが、その裏に1点。2回に4点を取ってあっさり逆転。

4回にも連続四球から2点を奪われてしまったが、それ以上にこちらの得点が上回って、結局11対4で勝利しました。

実はこの試合、打たれたヒットは4回に2点を取られた時の2ベースヒットのみ。

1ヒットで4点も取られるんだから、まだまだです。

次回の相手はまだわかりませんが、どこが来てもウチらしい試合をして欲しいと思います。
posted by かに at 18:26| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ついつい使ってる

ゴールデンウィークに行っていた佐久合宿でのこと。

例によって全日程帯同だった私。

例によって連日酒を飲んでいた私。


その時の話です。

総監督からこんなことを聞かれました。


「かにさん。(実際はもちろん本名ですよ)ダックアウトとベンチの違い分かりますか?」


「バックアップとベースカバーの違い分かりますか?」


まぁ、酔った頭で考えて一応正解を出した訳ですが・・・。


こんな風に、普段何気なく同じような意味で使っちゃってるけど、ホントは違う言葉ってあるんですよねぇ。


さて、皆さんは違い分かりますか?案外並べてみると簡単ですかね。
posted by かに at 02:14| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

バタついてました

ここ数日、エントリー投げっぱなしでコメントも返さないですいませんでした。

ちょっと仕事の方でバタついて、昨日今日と編集部に缶詰になってました。

なにせ原稿作成作業でしたから、合間に現実逃避してブログサーフィンするのが精一杯でした。
連日お読み頂いている方には、「今週末にまた芸能界が騒がしくなりますよ」ということだけ予告してお詫びとさせて頂きます。詳しくは金曜発売の雑誌をご覧下さい。

で、本来なら月、火曜辺りは週末の出来事を書いたりしてたんですが、
先日よりコメント欄にやすさんから、まーぼの足の話を頂いておりましたんで、急遽まーぼの足の写真を撮ってそちらを今日のエントリーとすることにしました。

私個人としては依然と同じアングルで写真を撮りたかったんですが、今回はまーぼたっての希望で上から見下ろすような感じの写真としました。
本人曰く、この角度の方が大きく見えるそうです。

ということでご覧頂きましょうか。





DSCF2414.jpg



きったない爪ですねぇ。この爪を見られてでも大きく見られたいみたいです。
そこは彼なりのプライドなんでしょうね。


ちなみに一緒に写ってるのは姉ちゃんの30センチ定規。
プラスチックではなく竹の定規を使った辺りがかにのこだわりです(笑)


この角度だからわかりにくいかもしれませんが、一番長い人差し指は28の辺りを超えてます。
スポーツ用品店で測ってもらった時は28,5でした。
おそらくその頃とそれほど変わってないでしょうね。
ようやく足の成長は止まった感があります。
ヘタに30センチ超えて欲しくなかったから、これはこれでオッケー。
あとは上に伸びてくれれば言うことナシです。

ちなみに本人曰く、以前より指が真っ直ぐになったみたい。
以前はすぐに靴が小さくなるから、指を縮めることが多くてそれが原因だったかもしれません。
今は足も安定したし、5本指ソックスも真っ直ぐになった一因らしいですね。
あくまでも本人申告ですが。

と、さっきまで散々頭使ったからまとまりのない文章になっちゃいました。
今日の所はこんな感じでご勘弁を。(^^;)
posted by かに at 23:25| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

夏季大会 抽選速報

今日、キャプテンが出席して夏季大会の抽選会が行われました。

我がチームの初戦の相手は千葉県の◎戸シニア。
ウチが普段通りの野球をすれば、勝利することは難しい相手ではないでしょう。

しかし、そうは言っても、中学生の野球ですからね。
油断から足下をすくわれてしまうこともないとは言えません。
しっかりとウチらしい試合をして欲しいと思います。

まだ、トーナメント表すべて見た訳ではないので、その後の相手はあるチームを除いては分かってはいません。

その、この先当たることが分かっている唯一のチーム・・・。

もちろん、順当に勝ち上がることが出来て・・・・という条件付きですが・・・。


4回戦、ベスト16を賭けた試合で先日終わったばかりの関東大会で優勝した横浜の◎葉△東シニアと当たります。


あ、当然相手も勝ち上がってくることが前提ですが。
この◎葉△東シニア、シードですから3回戦からの登場なんですが、その初戦の相手はおそらく栃木の◎都宮シニア。
◎都宮シニアも選抜大会で4位になっているチームですから、何が起こるか分かりません。


ともあれ、全国への道がいよいよ来週からスタートします。
どんなことになっても悔いが残らないように、選手も親も全力でやっていきたいです。
posted by かに at 17:33| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

おかげさまで完了です

NEC_0609.jpg



おかげさまで写真の振り分け完了しました。

現実逃避のために書いた前回のエントリー。
思っていた以上の人にはげましのお言葉を頂き、わたくし、感謝感激です。


そして、見て下さい、このCDRの山。

先程、全員分をCDに焼き終わりました。

ホッと一安心です。

さぁ、ちょっと飲んで開放感を謳歌しちゃおうかな。ヽ(^o^)丿
posted by かに at 22:03| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

さぼったツケ

地道なトレーニングをしっかりやっている息子とは違って、私は細かいことを積み重ねていくということが大の苦手です。

仕事で使った取材費の精算なんかも、ぎりぎりまでついつい溜め込んでしまう。
申請すればお金が戻ってくるってのに、細かい作業を続けるのが非常におっくうなんですよね。

当然さぼり続けることは出来ない訳で、最終的に期限ギリギリで慌ててやり始める。追い詰められないとやれないのは昔から一向に直りません。

で、今、何のツケが回ってきてるかというと、選抜大会の時の写真の整理です。

日にちごとにフォルダーに分けて、DVDにバックアップすることまではしていたんですが、それを選手別に分けるという作業はしてなかったんです。

去年だって日本選手権の写真を選手別に分けて、3年生に配ったのは年末の納会・総会の時だし。

その時も総会で配らなきゃ会わなくなっちゃうって焦ったからやった訳で。

で、今回もそんなプレッシャーを感じてやり始めた訳です。

何度も書いてますが、この先行われる夏季大会は負けた時点で3年生は即引退です。
ヘタすると負けた翌週から、年末の納会まで会わない人も出てくる訳です。

ってことで、大会前最後の集まりである20日の懇談会に向けて写真の仕分けをしなきゃ、と思い始めたのは、ひと月前です。(^^;) 

そして現在が17日です。はい、3日前です。よく分かってます。

現在、6日分の内4日分が終了してます。
何せ、1500枚からの写真を、一枚一枚見て、それを息子を除いて24人分のフォルダーに振り分ける訳ですから、結構な作業です。

とにかくあと二日分。もうちょっとで終わります。終わらせます。

とかくくじけそうになる私にはげましの言葉をお願いします。
posted by かに at 15:28| 東京 🌁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

秋にGW休み?

今日はちょっと早くから仕事に出ていたんで、珍しくまーぼが起きている時間に帰宅しました。

まーぼはリビングでながら勉強なんぞをしておりました。

しばらくして、勉強も一段落。
ゆずりはとともにニュースを見ながらあれこれと感想を述べたりなんかしていると、

『与党が11月に秋の大型連休を検討』

というニュースをやっていました。

すでにご存じの人は多いと思いますが、要は11月3日の「文化の日」前後に、「体育の日」や「勤労感謝の日」を移動させて大型連休を作る、ということを、参院選の公約に盛り込もうということなんです。


そのニュースを見て、まーぼが一言。

「ふざけんなよ。大型連休なんか作ったってみんなが旅行に行く訳じゃねえんだよ。そんな時期に連休作ったら総監が大喜びして『秋の合宿をやる』とか言い出しかねねぇんだぞ。合宿がないにしても、連日、試合か練習だよ。連続した時の大変さを知れってんだ。まぁ、その頃には俺は引退してるからいいけどさ」




って言うか、今年はまだ実現しないってばよ(^^;)

posted by かに at 02:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

どうすりゃいいんだろう

先日の土曜日。
早朝、河川敷の草むしりを終えてから、少年野球の方に顔を出しました。

先月末に2度の体験教室を行ったせいか、数人の新入団もあり手薄となった低学年チームのお手伝いです。

私が行った時にはすでにキャッチボールが始まっていて、レギュラー組、入団初期〜中期組、入団したて組とに分かれていました。

私が気になったのは入団したて組。
どうやら兄弟二人(3年生と2年生)のようなんだけど、人手の関係でその子達のお父さんがキャッチボールの相手をしている模様。
このお父さん、相当な野球好きと見えて、息子達二人に厳しい言葉を投げかけながら強めのボールを投げ込んでます。
しかし見ていると、二人とも片手取り。しかも取る瞬間に顔が思いっきり避けちゃってる。
しばらく見てたんだけど、このままじゃ良くないかなぁと思い、お父さんに自己紹介した上でキャッチボールを交代。
さっきまでのキャッチボールとはまるっきり路線変更して、基本中の基本から始めちゃいました。
まずはグローブを外して取り方の指導。顔が逃げないようにグローブの位置を指導。
そんなことをしている間に、他の選手がキャッチボールを終えちゃったため、それに合わせて兄弟もあがり。
休憩を挟んでバッティングになったんで、これはみんなと一緒でもいいかなぁ、と思ったんで、そのまま流れに任せて守備につかせました。

と、気付くと、また兄弟のそばにはお父さんが。
お父さんはまた兄弟達を厳しく叱責。まだ始めたばかりの子ですからね。
レギュラー選手が打った打球なんて捕れる訳はないんですが、それでもお父さんは納得しない。

終いにはお兄ちゃんの方が泣き出してしまい、お父さんはさらに激怒。

「お前なんか帰れ!」

と、やり始めちゃった訳です。

お兄ちゃんはグランドから追い出され、グランド隅でヒックヒック言いながら泣きじゃくっちゃってるんで、仕方なく私とキャプテンの母の二人で慰めて、またグランドに行かせたんですが、そうするとやっぱりその子の元にお父さんが。

何度かお父さんに

「最初の頃は出来なくて当然。厳しくするのは高学年になってからで十分間に合うから、入団したての今は、とにかく楽しく野球が出来るよう、野球が好きになるように、そんな事を考えてお子さんを褒めちぎって欲しい」

って言いたかったんだけど、いかんせんこっちはたまにしか来ないOBコーチ。
しかもお父さんは私より多分10歳は年上。

どうにも言いよどんでしまって、言えず仕舞い。

どうなんでしょう。
こういうお父さんの気持ち。分かる人が多いと思うんですが、初めて見るコーチから子供との接し方まで言われちゃったら、余計なお世話って思いませんかね。
やっぱりもう少し静観した方がいいんですかねぇ。
posted by かに at 14:40| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打席はなしですが・・・

先日予告しました日曜のオープン戦。
天気も崩れることなく無事行われましたが、残念ながらタイトル通り出番はありませんでした。まーぼの活躍を期待して下さった皆さん、すいません。

今まで書かなかったんですが、シード権を掛けた関東大会3回戦で、まーぼはランナーコーチャーとして2度、致命的なミスを犯しました。一時は総監督にも認められ、信頼されていたんですが、その試合でまーぼはランナーコーチャーとしても信頼を失墜。
試合途中からランナーコーチャーの任も外され、ひたすらベンチで声を出すだけの状態になっていました。

時間は少し戻りますが、選抜で行っていた大阪の最終夜。
ホテル近くの公園で花見をしている時に総監督がこんな事を話してくれました。

「ランナーコーチャー、スコアラーは試合に出ている選手と同じくらい重要な役目を担っている」

「かつての教え子で、進学した高校が甲子園に出場した時、ランナーコーチャーとしてその存在が認められてベンチ入りした選手がいる」

「今の◎◎(まーぼの名前)もそれくらい信頼出来るランナーコーチャーになりつつある。もちろん最近バッティングが良くなってることも分かってる。これからも自信持ってやって欲しい」

しかし肝心のシード権を掛けた大事な1戦で大きなミス。試合に負けたことと同じくらいの思いでまーぼは涙を流しました。

しかし、直後に行われた佐久での合宿。
社会人選手とウチのレギュラー選手が走塁練習をするときに、再び指名されてまーぼはランナーコーチャーをしていました。社会人の選手相手でも遠慮なく腕を回すまーぼの姿を私は頼もしく見ていました。

そして先日のオープン戦。まーぼの仕事はやはりコーチャーでした。

相手である中本◎シニアは横浜の強豪シニア。全国大会に何度も出場し、全国制覇も経験している歴史あるチーム、大会を前に実力を測るには素晴らしい相手です。

ところがいざ相手が来てみると相手主力が修学旅行などで不在だと言うことで、半数以上が2年生という体勢でした。

試合の方は1試合目がビックイニングを2度も作って大量12点を上げ、守っても相手打線を完璧に抑え込み失点ゼロ。

2年生試合を挟んで行われた3試合目も、序盤にリードされるものの、1点差の6回に4番のホームランで同点。最終回には四球から足を使った攻撃で勝ち越し点を奪って逆転勝ち。

相手が2年生中心だから勝って当然とも言えますが、総監督が試合後のミーティングでこの試合の意味をしっかり語ってくれました。

「本来ならあのチームがウチのグランドに出向いてくれるなど、以前ならあり得なかった。それが可能になったのは先輩達から受け継がれた実績を、強豪チームが認めてくれたからだ」

実際、「なんでこんなチームと試合をしなくちゃいけないの」とある横浜のチームから、ウチの関係者に聞こえるような陰口をたたかれたこともあります。
シニア関係者なら誰でも知っている強豪チームにオープン戦をドタキャンされたこともあります。

「今、ウチは強豪チームの入り口にいる」

だからこそ、名前負けすることなく、きっちりと実力通りの結果を出せたことに総監督は珍しく絶賛の言葉を選手に贈ってくれました。

点差や試合展開を考えれば、まーぼに代打のチャンスがあってもおかしくなかったんですが、それでもあえてランナーコーチャーをさせ続けたのは、試合で判断力の反復をさせるためなのだと思います。

もちろん、私も親ですから息子が試合で活躍する姿がみたいです。
しかし今、レギュラー選手と同等の信頼を得て、試合を左右するポジションを任されていることに誇りを感じています。

代打での出場はもちろん望み続けながら、その判断力で私をもう一度神宮球場へ連れて行ってくれると信じています。

全国大会出場を賭けた夏季大会の抽選会は次の日曜日。
期待と不安が入り交じった落ち着かない1週間を過ごしそうです。
posted by かに at 03:47| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

メタボリックという言葉に反応しちゃう人へ

お腹周りが気になっている皆さま。そして私に会うたびに「太ったね」と言ってくれる一部ブロガーの方々。どうもこんにちは、かにです。

ご存じの方も多いと思いますが、私は一昨年肺に穴が空きまして、1週間ほど入院したことがあります。それまで日に一箱はタバコを吸っていた私ですが、さすがに肺を患って死ぬほど苦しい思いをしたら止めたくなりますよね。入院を期にすっぱりとタバコを止めました。

おかげで体も調子が良いですし、去年買った車もタバコ臭さがまったくなくて快適なままです。


しかし、しかしですよ。

よくタバコを止めると太ると言いますが、あれ、本当ですね。

1年くらい前から、体重計に乗るたびに見たことのない数字が。
タバコを止めた分、何かを口に入れてるということもないんですが、やっぱりご飯が旨く感じるようになったってのはあるかもしれませんね。

以前に増して食べるようになったということはないんですが、もともと食べる方でしたからね。

私の場合、体重が増えるとお腹周りと首回りに出ます。
お腹周りはいうまでもなく、今話題のメタボリックシンドロームに直結しますし、首回りは服などで隠したりすることが出来ないんですよ。

だから体重が増えると必ず「太ったよねぇ」ってバレバレになっちゃうんですよ。

で、さすがに体も重くなってきたし、健康のことも考えて痩せることを考えなきゃと、最近思い始めたんです。

そこで興味を持ったのが、二ヶ月前にエントリーしたこれ↓




でもねぇ、物欲主義者で欲しいと思ったモノは我慢するのが苦手な私ですが、これを買うのは躊躇してましたよ。色々と他での出費が多かったですからね。


ところが友人がこれを購入したことが判明。
私は嬉々として貸してもらうことにしました。


本当は1日目、2日目はディスク1の基本プログラム。
3日目、4日目が応用プログラム。
5日目、6日目が腹筋プログラム。
7日目が最終プログラム。と言うことになってるんです。

まず借りたのがディスク1。基本プログラムというやつです。

やり始めてみて、まず最初に感じたのは 「俺って体が硬てぇ」ってこと。
プログラムの最初のストレッチでヒィヒィ言っちゃいましたから。

プログラムは50分あるんですが、自分で思っていた以上に筋力が落ちちゃってるみたいで、初日は25分辺りで挫折。翌日はもうちょっと頑張ったけど40分頃にギブアップ。
結局、最後までやり切ったのは3日目のことでした。

特に体の中で一番衰えている腹筋を鍛えるエクササイズのときは

「ビリー!ダメです、きついです。無理です!!」

と弱音を連呼。しかもこの腹筋のエクササイズが一番きつい40分過ぎからなんですよ。
まぁ、しんどいしんどい。

それでも何とかやり続けて、腹筋以外は余裕が出始めたんですよ。
ところがちょうどこの頃にGW休みに突入。昼間ずーっと高校野球巡りしちゃったりと、何かと忙しくなって、ブートキャンプは一旦小休止ということになっちゃいました。

そんなこんなでGW休み中はまったくやらず。
で、このままずるずるとやらずにいたら、元の木阿弥と気合いを入れ直して、休み明けの8日からまたブートキャンプに再入隊しましたよ。

一応下地が出来てたから、やはり基本プログラムは(腹筋以外は)かなり余裕に。
そこで新たに借りたディスク2『応用プログラム』に挑戦することにしました。

そしたらこれがメッチャきつい。基本プログラムではもう筋肉痛にならなくなってたし、50分もかなり余裕が出来てきたんですが、応用プログラムになった途端に最初にやったときと同じで、25分辺りですでにヒィヒィ言っちゃいました。
何とかかんとか50分やり切りましたが、今、ももがメッチャ筋肉痛です。

で、皆さん一番気になるのが体重がどう変化したか、ということですよね。

えー、正直に言います。今のところ、まったく減ってません。

なんだよーって思ったことでしょうが、私自身、今は痩せやすい体質へと変わっていく途中段階なんだ、と自分で納得させてます。
とにかく年を取って、基礎代謝も衰えてますから。

ともあれ現在はそんな感じです。今後また経過を報告することもあるでしょう。挫折しなければですが。

(ちなみに写真の公開はまったく考えてません。自分自身気に入らないお腹周りの写真なんて公開出来ませんって)
posted by かに at 22:43| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約書

仕事を終え帰宅すると、リビングのテーブルの上にこんなモノが置かれていた。


NEC_0606.jpg



中にはこんな事が書かれていました。

『5月29日・30日の中間テストでまーぼが英語・数学で80点以上取り、そして5教科400点を取ったら、まーぼに新しい携帯を父が買うことを誓います』


ご丁寧にも署名欄が二つあって、すでにまーぼの署名はなされていました。


実は先日の選抜大会で、まーぼがヒットを打ったら新しい携帯を買ってやるという約束があったんです。動機は不純ですがそれをモチベーションにして神宮や素振り、バッティング練習を頑張っていました。
しかし結果は惜しくもヒットにはならず。

てっきり新しい携帯は諦めたのかと思ってたら、どっこい諦めてなかったんですねぇ。

今回も動機は不純ですが、進路を決める上で3年生1学期の成績は非常に重要ですから、不純な動機でも結果好成績を取れればそれにこしたことはありません。

ってことで下の署名欄に先程署名しました。

甘いですかねぇ。
posted by かに at 09:39| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

おそらく最後のオープン戦

今度の日曜日。
まーぼにとっておそらくシニア最後になるであろうオープン戦が予定されています。

というのも、このあと予定されている夏季大会は20日が抽選会で、その翌週から試合がスタートする。この大会、勝ち続けている限り試合はありますが、負けた時点で即引退。
翌週からは新チームの練習がスタートします。

20日は通常練習という予定なんで、今度の日曜日がおそらく最後、ということなんです。

当初は先日関東大会で当たった西東京の優勝チームとのオープン戦が予定されてたんですが、先方が関東大会の3位決定戦が雨のために1週ずれこんでしまい、試合がキャンセルになっちゃったんです。

そこで急遽試合相手を探した結果、見付かったのが中◎牧チーム。
神奈川の強豪チームで、某Y高校にそっくりなユニフォームのチームです。

夏季大会前にこのレベルのチームと試合が出来るのは楽しみです。

果たしてまーぼに出番はあるのか。とりあえずは3塁ランコーでしょうが、代打での出番があるといいなぁ。
posted by かに at 03:19| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

本末転倒

昨日の毎日新聞にこんな記事が出ました。

日本高校野球連盟は7日、日本学生野球憲章違反となる特待制度の対象選手が、制度打ち切りで退学や転校に追い込まれないようにする救済措置を検討するため、緊急の全国理事会を10日に開くと発表した。
 学費免除などの特典を与えられていた選手は5月中は学校長による指導で試合出場を差し止められ、学校は保護者との間で解約手続きを進める。しかし、家庭の経済状況により、制度打ち切りに伴って就学継続が困難になる選手も予想される。このため、日本高野連は在校生に限り、一般生徒と別の基準で奨学金を受けられるようにできないかなど緩和措置を検討する。現在、各都道府県高野連を通じて違反校で退学者がいないかなどの現況調査をしており、全国理事会ではその結果も報告される。
 違反校の野球部長は引責辞任となり、有期の謹慎処分が科される見通しだが、新しい部長が見つからず、部長交代が困難な学校も相次いでいる。問題の発端となった岩手・専大北上高の野球部長は特待制度実施を理由に既に日本学生野球協会の審査室で1年間の謹慎処分を受けた。しかし、全国理事会ではこれを基準とはせず、各校の現状も考慮して厳しい処分は科さない方針。専大北上の部長の処分も、軽減される可能性がある。
 野球を理由とした特待制度は実施していない、と申告した学校の中でも、別の特待制度が違反とみなされるケースもあり、日本高野連では個々の例を精査した上で、10日に修正発表をする予定。3日時点で特待制度を実施していたのは376校、対象選手は7971人に上っている。



この件で言いたいことは山ほどありますが、この記事を読んだ時にはさすがに呆れてモノが言えませんでしたね。

野球を理由に奨学金を受けることがダメで、金銭的理由で奨学金を受けるのはオッケーってことなの?

現実的に私立高校の野球部で活動し続けるためにどれだけお金が掛かるのか、高野連は分かってるんですかね。

お金に余裕があって、「奨学金なんて必要ないよ」なんて言える人が世の中にどれだけいると思ってるんでしょうね。

ホントにこの救済をするとしたら、今回打ち切りになった家庭の半数以上が救済して欲しいと願うでしょう。

高野連はこうなることをまったく想像しないで今回の行動に出たんでしょう。
今まで放置してきたくせに、行きがかり上の中途半端な正義感のせいで、現役の高校生も、ウチのようにこれから高校に進もうかという中学生にも迷惑を掛けているんです。

裏金問題で西武グループ内での大甘処分が発表されましたね。これだけの騒動の発端にも関わらずクビになった人はゼロ。早大、専大北上に謝罪もいかないそうですね。
やれやれです。

さて、高野連は会長が会見で「憲章を徹底させららなかった。我々も反省」と言ってましたが、処分なんてあるんでしょうかね。ないでしょうね。

結局苦しめられるのは一般家庭。情けない世の中ですね。
posted by かに at 12:00| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

777。

なんて事はない話ですが、このエントリーが『台風一過』の777本目のエントリーとなります。

2004年5月13日から書き始めたこのブログもまもなく3周年。そんな時期に実にラッキーな本数に達したのでついつい書いてみちゃいました。
パチスロ好きならここぞとばかりに出掛けていくのでしょうが、熱くなり易い性格なため、賭け事はなるべく遠ざかるようにしておりますので、こういった形でしか還元出来ません。

ここまで長くやってこられたのも、ひとえに見て下さる皆さん、コメントして下さる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

これと言ってためになると言うこともないブログですが、これからもよろしくお願いします。
posted by かに at 13:12| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国への道途切れる

私が合宿に出発した5月3日。

後輩達少年野球チームは県大会出場を賭けて、県南大会に出場しました。
この大会で2回戦を突破すれば県大会出場の権利を得ることが出来ます。

我がチームが全開この大会に出場したのは2年前。まーぼが6年生の時でした。

1回戦は2点を追う最終回に一挙4点をあげて逆転勝利。2回戦に駒を進めました。

2回戦はまーぼの調子が今ひとつで、序盤から小刻みに点を取られ、5回を終わって5−4と1点リードでした。
時間の関係から6回が最終回となり、1点リードのまま最終回の守りに付きました。
ところが緊張からかミスもありノーアウト1、2塁のピンチを迎えてしまった。
ここで次のバッターの打球がサードへの強いゴロ。三塁手はがっちりとボールを取るとベースを踏んでセカンドへ。これでツーアウト。
ところがセカンドからファーストの送球が逸れてしまい、ファールゾーンを転々とする間にランナーは3塁へ。
その直後にまーぼがワイルドピッチをしてしまい、あえなく同点に追い付かれてしまう。
そしてサドンデスでは相手が1点多くとってしまい万事休す。

こうしてまーぼの全国の道は閉ざしてしまったんです。

チームとしてはその時以来の県大会出場のチャンス。全国へ通じる唯一の道です。
2年ぶりに市内大会を優勝して、勢いこんで臨んだ県南大会でした。

しかし、残念ながら結果は1回戦敗退となってしましました。

詳しいことは私も良く分かっていないんですが、
3点リードされた最終回、粘りに粘って追い付いたものの、追い越すことが出来ず、
サドンデスで惜しくも涙を呑んだと言うことです。

数多く試合を観戦して、痛感していることですが、複数点を追いかける時は追い付くだけではなく、追い越さないとなかなか勝ち切ることは難しいですね。
追い付いたということで心の隙が出来てしまうのか、かなりの確率でそのあと失点してしまうんですよねぇ。
そんな体験ありません?

いかに追い付いた勢いを消さずに追い越すか。
最初っからリードしてれば一番問題ないんですけどね。
posted by かに at 10:24| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

連休終了 (T_T)

あと数時間でGW休みが終了してしまいます。

いつものことながら、野球に携わらない日はほとんどなし。
相変わらずの連休でした。

2日のエントリーでも書いた通り、3日から5日まで長野県佐久市のTDKグランドで合宿を行いました。

その時のエントリーでも書きましたが、この合宿の主題は守備力、走塁力の強化。
バッティングでした事と言えばティーバッティングのみ。
あとは徹底的にノックの雨あられでした。
バッティングがあると、他の選手が打ってるときはちょっと休憩出来たりするから、そんなにしんどくないんだけど、今回はそんな暇もほとんどなし。

場面場面で総監督、監督だけでなく、TDK千曲川の選手からもアドバイス。
時間の関係でスタメンの選手だけでしたが、TDKの選手のノックを一緒に受けさせてもらいました。昨年のドラフトで2名のプロ野球選手を輩出しているチームですからね。ありがたい経験でした。

今回はチームとして初の試み、1年生から3年生まで全選手参加の合宿でした。
そういったこともあって、5人もの1年生が2、3年生が行うメイングランドに混じって練習しました。去年はIT君一人でしたが、今年は意識もポテンシャルも高い1年生が多いですねぇ。
もちろんその他の1年生も近くのグランドでみっちりと練習が出来ました。

気候的には朝晩は冷えるものの、昼間は東京とほとんど変わらない気温。
3日間とも素晴らしい天気だったから、気温は結構上がったから体力のない1年生が心配だったんだけど、倒れる選手も怪我の選手も出ず、ホントに充実した合宿でした。

私個人としても写真撮りまくってたから全選手に広報として認識されたかな。
どうしても息子中心、3年生中心で撮っちゃってましたけどね。

ともあれ父兄としては最後の合宿。楽しく3日間を過ごすことが出来ました。
また大阪の時のように、毎晩飲んじゃったから体重増えちゃったかもしれないけどね。怖くて測ってません。(-_-)
posted by かに at 23:02| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

地獄の合宿の予感

明日からまーぼは長野県の佐久で3日間の合宿です。

まーぼとっては中学生活最後の合宿となります。
一応、夏の合宿も行くつもりらしいけど、そっちはあくまでもメインは新チームだから3年はオマケみたいなものだからね。

1年から3年まで70名の選手と、指導者、役員、そして我々父兄と総勢120名に及ぶ大イベントです。

ホテルは全館貸し切り。3年生はみんなツインルームで、まーぼは仲の良い選手と同室です。

練習後にはホテル近くの銭湯で汗を流すことになってるし、夜ミーティングも現時点では無しの模様。全体でのバットスイングも強制的なものはないし。(まぁ、それでも大抵の選手はやるんでしょうけど)

選手にとってはこんな楽しみなことないよなぁって思うんだけど、どうも違うらしい。

昨夜、まーぼと合宿の話をしていて、こんな会話がありました。


か「いよいよ合宿だねぇ、楽しみだねぇ。」


ま「ちょっと前までは楽しみだったけど、今は楽しみじゃない」


か「え?なんで?なんかイヤな事でもあったの?」


ま「だってさぁ・・・」



ま「昨日の練習見たでしょ。」

か「うん、見てた」


ま「バッティングがほとんどなくて、守備練習、ノック、走塁練習ばっかりだったじゃん」


か「そうだったね」


ま「合宿もそうなるみたいなんだよ。・・・それも3日間!」


どうやら今から地獄の合宿になることが予想されてきて、憂欝になったらしい。


くっくっくっ。オレとしては鍛えてもらってありがたいじゃんって感じだけどね。(^^)q


明日は4時半集合で長野に向かいます。

そんな時間集合だから、今日は9時前に寝ちゃうでしょう。


皆さんも事故などないよう、楽しく充実したGWを過ごして下さいね。
どうせ行楽するなんて人いないんでしょうけど(^O^)
posted by かに at 07:47| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

日曜は怒られまくり

3連休のど真ん中。日曜日にはK谷シニアとのオープン戦でした。

関東でもたびたび話題が出る注目の投手がいるチーム。
その投手との対戦を楽しみにしていたんですが、先週行われた関東大会に頑張りすぎてしまったため、ヒジだか肩を痛めたとかで、大事を取って登板回避となってしまいました。うーん残念。

ところがエースに変わって出た投手もかなりの本格派。
私はスピードガンで球速を計測していたんですが、初回には135キロを計測。
これで2番手なんだから、エースはどんなピッチャーなんだろうと、余計に気になっちゃいました。

試合の方は、ウチのエースIT君も相手に負けず劣らず絶好調で、相手打線を0封。
こちらは数少ないチャンスをものにして1点をなんとか取って、第1試合をものにしました。

続く第2試合は両チームチャンスに1本が出ない展開。
結局は0−0の引き分けに終わってしまいました。

相手がどうであれ2試合でわずか1点ですからね。
急遽河川敷に戻って練習と言うことになりました。

まーぼはと言えば、第1試合の終盤、外野手に変わって代打で登場。
初球からガンガン振っていきましたが、最終的にはショートゴロ。
積極さは見せられたと思いますが、結果を残すことなくそのあとには選手交代となってしまいました。

2試合目は6番キャッチャーでスタメン出場。
第一打席は送りバント。きっちり決めたんですがその後が続かず結局無得点。
守りの方は大したミスもなく進んでいったんですが、2番手で登場した初登場の2年生投手が登板したところで自体が一変しました。

先頭打者を死球で出してしまうと、続くバッターにはバスターを決められてしまってノーアウト1、2塁。
ここでまーぼはタイムを掛けてマウンドの投手のところに駆け寄った。
ところがこの時、監督も動き投手交代を審判に告げたんです。
3番手投手がマウンドに登る。ここで一言二言話しをしようとしたまーぼ。
それを見たベンチの総監から「投球練習が先だろー!!」と、がつんと怒られてしまいました。

で、あえなく交代。
この回を抑えたら次の回には2打席目が回ってくるところだったんですけどね。(^^;)

グラウンドに戻ってからもガンガン怒られる。

ホントにもう、怒られまくりの一日でした。
posted by かに at 08:45| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする