2007年04月17日

神宮の成果が出始めてるかも

昨日の紅白戦。ピッチャーをやった話は書きましたが、今日はバッティングの話。

4回まではピッチャーで、その後からはキャッチャーで試合に出続けたから、合計4回打席に立ちました。

1打席目はセンターフライ。ライナー性の当たりで結構良い感じの打球でしたが、センターに上手いこと捕球されてしまいました。

2打席目もセンターフライ。今度のは高く上がった打球でかなり飛距離も伸びたんですが、外野ネット手前で失速してあえなくセンターに捕球されてしまいました。

二つともかなり期待出来る当たりだったんですが、2年生チームのセンターを守っていたのは、現在行われている関東大会でもベンチ入りしている選手で守備力には定評がある選手なんです。まぁ、当たり自体はは良かったし、なによりここは2年生の好守備を褒めるべきでしょうねぇ。

とは言え、やはり結果は欲しいところ。
3打席目にようやくその結果が出たんです。高めのカーブを叩いて左中間へのヒット。初球を叩いた当たりでした。

じつはこの打席に入る直前。
2年生チームの指揮を執っていた総監督から「おい、敗戦投手。(この時点で3点ビハインドでした)そろそろヒットが打ちたいんじゃないか。初球はカーブが来るぞー。カーブを待った方がいいじゃないかー」と迷いを誘うようなささやきがあったんですよ。

以前も書きましたが、ウチの紅白戦はヤジ、おちょくりなど、精神的に揺さぶる目的の言葉を掛けることはオッケーなんです。(肉体的な特徴に関してはNG)
そのヤジが一番きついのがじつは総監督なんです。
この日もまーぼが投げてるときに「良いピッチャーだねぇ。おいバッター。せっかく打てる球投げてくれるんだから遠慮せず打ってこい」とか「ピッチャー牽制しなくて良いのか?ランナー走ってくるぞー」などなど、目一杯揺さぶられ続けましたから。

さて、打席に入ったまーぼ。
その初球がなんとカーブだったんですねぇ。まさか総監督の言葉を信じた訳じゃないんでしょうが、かなり甘いコースでした。

たまたまその時私は総監督の近くで見ていたんですが、「最近打つようになってきたなぁ、◎◎は。△△(現時点での代打の切り札的選手)の次の代打候補かぁ」と私に聞こえる様につぶやいたんです。

たぶんリップサービスなんでしょうけど嬉しかったですねぇ。

そしてこの日の最後の打席は、最終回2アウト2、3塁という場面でした。
一打同点という場面でまーぼに回ってきたんです。
まーぼは初球からガンガン振っていき、2球続けて三塁線に切れるファールでした。その2球ともかなり強い当たりだから結構期待出来るかもなんて思っていたら、ショートバウンドをキャッチャーが後ろに逸らし、その間に3塁ランナーがホームに突入。が、間一髪アウトになってしまいました。これでゲームセット。楽しみたかった4打席目もあえなく終了です。

結局3年生控えチームは敗戦。まーぼは敗戦投手になってしまいました。取られた点はともかく、それを取り返せなかったのが情けなかったですね。全体的にまずい走塁がいくつもありました。これではレギュラーの3年生に危機感を持たせるまでにはいかないでしょう。
その中で及第点だと思われる選手は数人。とりあえずまーぼもその中に入っていたかなとは思います。

なんだか今日はすっかり親バカなことばっかり書いちゃってますねぇ。

やっぱり色々嬉しかったんですよ。実際昨日は。
こんな思いをまたさせてもらいたいんですけど、次はいつになるんでしょうねぇ。
posted by かに at 03:25| 東京 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする