2007年04月15日

ピッチャー まーぼ

今日、まーぼが2年ぶりにマウンドに登りました。

と言っても、もちろん関東大会のマウンド・・・ではありません。


関東大会後に行われた、3年控え選手チームと2年生チームの紅白戦で先発登板したんです。

紅白戦とは言え、試合のマウンドに登るのは1年生の春以来ですから、じつに2年ぶりとなります。

本来投手をやっている選手をトレーニングさせるため、普段野手をやっている選手から投手を選ぶことになったんです。
で、選抜の時からちょくちょくパッティングピッチャーをやっていて、結構コントロールが良かったまーぼが監督から指名を受けた訳なんです。

このところ、神宮に行ったときに、ちょっとだけピッチング練習もやってるんですけど、まぁ、まだまだ感覚を取り戻すまでは行ってませんからね。

でも久しぶりにマウンドにいる息子を見ましたが、やっぱりちょっと感慨深いものがありますね。

で、実際の投球の方はどうだったかというと・・。

先頭バッターをセカンドゴロに仕留めて、「よし、1アウト!」と思ったら、これをセカンドがエラー。
そこから連打を食らってしまい、とどめにIT君が3ランホームラン。一気に4点を奪われてしまった。

2回、3回は上手いこと内野ゴロを打たせてゼロに抑えたが、4回にフォアボールからまた1点を奪われてしまった。

結局4回5失点、1四球という内容でした。

例え相手が下級生だとしても、私は打たれたことを全然問題にしてません。
今の状態でまさか無失点で行けるとは思ってませんでしたし。

なにより四球が1というのが、私は嬉しかったです。

本人も「打たれたことはまったく気にしてない。今の状態がどれほどなのか確かめられたし」と至って前向き。
高校ではピッチャーに挑戦したいと考えてるまーぼにとって、久しぶりのマウンドは良い経験になったようです。パカパカ打たれてるときでも笑顔が出てましたからね。よほど楽しかったんでしょうね。

そうそう、この話題をしない訳にはいかないですね。

関東大会の2回戦は9−1で5回コールド勝ちでした。
序盤はチャンスに後1本が出ないストレスの溜まる展開だったんですが、4回に打線が大爆発。一気に9点を奪って試合を決定づけました。

これで3回戦進出。次回の相手は春季西東京大会で優勝している八王◎チームです。
手強い相手ですが、この試合に勝つと夏季大会のシード権を得ることが出来るので、是が非でも勝ちたいところです。

posted by かに at 19:42| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする