2007年04月13日

負の連鎖が止まらない

西武に端を発した裏金問題がどんどん広がっていき、被害を受ける野球選手が後を絶たない。

西武だけで止まっているうちは、この事でエントリーをする気はなかったんだけど、我が愛すべき横浜ベイスターズに波及し、西武裏金で名前を取りざたされた専大北上高校は高野連から除名されるかもしれないという。

私はフリーランスの人間ですから、評価が金に換算されるという事自体は決して間違っていないと思ってます。
しかしそれでは某金満球団だけが良い選手を獲得出来てしまう、他球団は良い選手を取るためには球団財政を圧迫することを覚悟で勝負しなければならない。
そんな経緯からあの倫理規定が出来たと私は認識しています。

とは言え、それで競争が無くなるなんて事は全くなくて、合法的な報酬支払い方法を見つけて囲い込みは続いていました。

たとえば親を球団職員として雇用し、必要以上に給料を支払う。

たとえば親が管理している二束三文の不動産物件を膨大な金額で買い入れる。

これ、どちらも現在プロで活躍する選手の獲得で使われた手です。
どの球団でも欲しがるような選手獲得にはこのように、膨大な金が動いてるんです、現在だって。

野球をやっている皆さんなら分かる人もいると思います。野球って金が掛かるスポーツなんです。上に行こうと思えば思うほどそれ相応にお金がかかる。
掛かった分、回収出来そうならしたい、そう考えるのが人の常でしょう。

中には行きすぎる人がいることも確かですが。

現在某球団で投手として活躍するある選手。
関西の中学硬式チームから東北地方の高校へ。両親はもちろんチームの監督までが高校に金品を要求。選手には在籍中毎月10万ずつ小遣いを渡していた、なんて話しもあります。

裏を取っている話しではないので具体的な名前は出せませんが。

うちの総監督が関係している社会人チームから今年プロ野球選手が二人出ました。
総監督がチームに「裏金なんてもらってないだろうな」と確認したところ、
「もちろんまったくない。チームや監督への謝礼にしたって、『契約金の中から各自の判断でお礼をして下さい』と言われた」だって。

渡したプロ側がもちろん悪いけど、監督やチームへの謝礼なんてものはアマ側から要求しない限り、日大の件で取りざたされた3000万円なんて金額はありえないらしい。普通は契約金の中から、選手個人がお金だったり、野球道具という形でお礼をするだそうです。

が、今年に限ってこんな話しが出てしまったけど、おそらく大学、社会人で超有望選手絡みで過去もあったに違いない。今はまだ名前が出ていないけど、現在戦々恐々としている監督がいることは確かだろう。

この問題に伴って、今日の毎日新聞に、件の専大北上高校が『野球部員に学費免除などの特典を与えたりして中学生を勧誘した』ということで、学生野球憲章に違反していると言う記事が出ていた。

野球留学が一時問題になったのは知ってたけど、スポーツ奨学生として学費や入学金などが免除されることもいけないことなんだと、今回初めて知りました。

現実的にはウチの坊ちゃんには縁のない話しですが、もし入学金や学費を免除するからウチに来てくれと、ちょっと弱い学校から話しが来たら、きっと息子を交えたかなりマジな家族会議になるでしょう。いや、現実にはないですよ、そんな話し。

だけど、ちょっと強い私立ならどこもスポーツ科やアスリート科なんて学部を持っていて、学校のホームページで奨学金をうたっています。
それが違反なのだとしたら私立校なんてほどんどが高野連から除名されちゃいますよ。

この問題、このあとどう転んでいくか分からないけど、いざ息子の進路相談って時期になってこんな話しが出るのは迷惑だなぁ。
いや、息子は奨学金をもらえるような選手じゃないですけどね。
posted by かに at 12:17| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする