2007年03月14日

新1年生も増えてきました

少年野球ブログ界でもこの春小学校を卒業、硬式野球に入るという話題が増えてきています。

満木さんのところのてんてん君、背番号29さんのところの長男君、ゆうちろさんところのねまあ君など、お会いしたことのある方のお子さんだけでもすぐにこれだけあげられるし、お会いしたことはないけど、いけいけA監督のところの長男君はボーイズだし、RKさんの息子さんは同じシニアなんですよねぇ。他にも読んでいる方で息子さんが春から新チームという人もたくさんいるでしょうね。

それぞれ団体は違うけど、一緒に盛り上がっていきたいですねぇ。


さて、ウチはと言えば、現段階で18人が正式入団しています。

今年は何だか出足が遅くて、2月末の段階でまだ二桁に乗らないという考えられない状況でした。

正直、去年の全国3位という成績もあるし、秋の東東京大会の優勝もあるし、相当数の選手が集まるのではと高をくくっていました。

実際年明け早々に行った体験教室には80人以上の選手が集まりましたし、それなりの手応えはあったんですよね。

ところがフタを開けてみたらなかなか入団してこない。毎週のように体験は来るものの正式入団とまでいたらないまま2月が終わってしまった。

現選手の父兄と話してみると、「ウチの子は全国大会に行けるようなチームに入るほどの選手じゃない」と出身チーム関係者でも尻込みしちゃってるパターンが多いみたい。

これはもしかすると10数人で打ち止めになるのでは、と不安がよぎっていました。
チームの広報部長として責任を感じてしまいました。

ところが3月に入った途端に、それまでのことがウソのように毎週入団届けを持った選手がやってくる。みんな少年野球の行事がすべて終わってからと考えたんですかね。

気が付けば冒頭で書いた通り新入団は18人に達しました。このあとも入団届けを出すだけという選手がまだ数人いるから、新学期が始まる頃には25人くらいになりそうです。そして夏頃にはリトル出身者も入ってくるから、もしかしたら最終的に30人に届くかもしれない。

これは私の知ってる範囲でここ4年の中で一番多い入団数です。

先日の土曜日にはB面を使ってたっぷり練習している新1年生の練習も見させてもらいました。人数が増えたから出来る練習のバリエーションも増えて、コーチも張り切ってました。
体験などで事務局長がさんざん「ウチは厳しいよ」と言ってきたにも関わらず入ってきた選手達ですから、みんな腕に覚えありって感じです。
特に今年は体の大きい選手が多い。現時点で170センチ前後の選手が6〜7人いました。

去年はゼロだったけど今年は一人だけまーぼの後輩も入ってくれたし。

中でも注目は、『少年野球どうでしょう』の端っこさんの息子さんが所属するチームの先輩。昨年末に行われた12球団ジュニアトーナメントでヤクルトジュニアに所属してピッチャーなどで活躍したほどの選手です。
背も高いし何より下半身ががっちりしてるんですよ。聞いてみたらすでに体重は70キロもあるんだとか。(ウチのまーぼは62キロくらいです)

一つ下の代も期待の選手が多いけど、新1年も楽しみになってきました。

こういう流れがどんどん続いていくと嬉しいなぁ。
posted by かに at 02:57| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする