2007年03月08日

週にたった二日

今日がお誕生日のさとるさんが『誕生日だったり・・・^^v』で、覚悟のない親、覚悟のない子の話を書かれています。

今年は私も低学年のコーチになりました。
息子のチーム優先ですから、そちらの用事がないときにしか出席することが出来ないんですが・・・、未だに全選手を見ていません。

我がチームの低学年は現1年生から現3年生まででわずか11人。そのうち一人が怪我で長期離脱しているんで現実的に練習に来られるのが10人。

なんですが、私は未だに10人全員揃った状態を見ていない。
監督に聞くと、日曜の試合などには揃うみたいなんですが、あいにくと私は日曜はほとんど出席出来ない。

翌日の試合には来られるのに、前日の練習には来ていないってどういうこと?
出席率が良くない私が悪いんですが、早く全選手の顔と名前を一致させたいんです。

話は変わってウチのシニアの話。

昨年の春先だったかな。
現1、2年生が故障や体調不良で6〜7人が練習を出来ない、ということがありました。
どれも外から見て分かる事じゃないから、いかんともしがたいんですが。

その時に総監督がこう言いました。

「君たちは週にたった二日の練習も満足に来られないのか。月に換算したらたった8日だぞ。君たちはそんなに学校を休むのか?年間8日以上学校を休むというヤツがいたら手を挙げろ。いないよな。学校は行けるのに、週にたった二日、好きな野球をやれるように体調管理が出来ないってのはどうしてなんだ。休むなと行ってる訳じゃない。ただ好きな野球をやれないほどの状態なのか、もう一度よく考えて欲しい」


その翌週には欠席は3人になりました。


中学生でもその程度なんですから、小学校低学年だとなおさらなんでしょう。
親だって考えられないほど子供想いですから。


先日のミーティングでもこんな話がありました。

「ウチの練習は週にたった二日です。月にしたって8日。祝日を入れたって10日あるかどうか。そのたった10日で全国制覇をしようなんて虫の良いことを考えているんです。だからこそどんな覚悟で10日間の練習に臨むのか、どんな覚悟で残り20日を過ごすのか、が重要なんです」


覚悟を持った野球バカを育てる。

技術を教える以上に難しいのは、そこなんじゃないでしょうか。
posted by かに at 14:23| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おふくろさん」問題

ワイドショーや芸能ニュースで盛り上がっている「おふくろさん」問題。

最初は双方の主張が食い違っていて、要するに最初の段階で礼を尽くさなかった森進一に、川内康範って頑固じじいが怒っちゃった、ってことだけかなぁと思っていた。そしたら今度はJASRAまで登場しちゃって、まだまだこじれそうな予感がする。
そもそもJASRAみたいな存在意義が今ひとつ分からない団体が何を言おうがどうでもいいだけど、介入の仕方がどうにもうさんくさい。別にJASRAがしゃしゃり出てくる必要もないと思うし。

私はその取材に一切関わっていないから(って言うかウチでは取り上げないと思う、こんな問題)詳しいことはまったくわかりません。

そもそも、この曲を歌うことも聞くこともないから、どうでも良い問題なんだけど・・・




あのじいさんの耳毛が気になって気になってしょうがない。


ただそれだけを書きたくてこのエントリをしました。
posted by かに at 02:58| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする