2007年02月01日

大相撲八百長疑惑

プロ野球のキャンプインの日だっていうのに、野球とはまったく関係ない話をひとつ。

あるあるの捏造問題の影に隠れて、あまり世間的には大騒ぎになってないけど、相撲界は今、八百長疑惑で大騒ぎになってます。

そのきっかけとなったのが週刊現代の記事。
言わずと知れた私のところと同じ出版社の雑誌です。
ウチにいて週刊現代、週刊現代にいてウチに、といった動きがあるくらい近い存在でもあります。

今回八百長疑惑の記事を書いた武田さんというノンフィクションライターは、昔からずっと週刊現代で活動している人で、私も何度もお世話になったことがある人です。

かつて若貴ブーム全盛の頃、私は相撲担当をしていました。
新聞記者が偉そうにしているやりにくい世界で、右も左も分からない私にあれこれ教えてくれたのが武田さんでした。

武田さんはそれ以前から相撲をずっと取材されていて、人脈もあり、なにより相撲が好きだというのが良く分かる人でした。

八百長疑惑と言えば、週刊ポストの専売特許みたいなところがあったんですが、その蓄積があったからか、今回の協会の対応は妙に早かった。
すでに当の朝青龍を始め、10数人の力士に事情聴取を終え、その全員が否定しているそうです。

そりゃあ肯定なんてする訳はないですよね。
聴取する側が「八百長はない」というスタンスで話を聞いてるんですから。

今回本当に朝青龍を中心とした八百長があったのかは私もわかりません。
しかし過去の相撲界に八百長が存在していたことはおそらく事実です。私もかつて噂はいくつも聞いたことがありました。(ちなみにそれは若貴以外の力士の話です。)

そしてなにより相撲界を長らく取材している武田さんがここまで確信持って書いているのだからなにかしらの問題があるのだと私は思ってます。

一般の方って、新聞、テレビはウソをつかない。雑誌は適当なことを書く、そんな風に思っている人多いですよね。
しかしあるあるの捏造問題でテレビでもこんなウソをつくんだと、初めて気付かされたと思います。正直雑誌の中にはこれに近い記事作りをするところもあります。さすがにどことは書けませんが。
新聞だって大きな事件ともなれば、噂レベルの話を裏付けもなしにどんどん記事にしていきます。それが間違いだったと分かっても一切訂正をしません。かつてそれで訂正したのは、松本サリンの時だけでしょう。

ちょっと話が逸れすぎましたね。

皆さんのもとに届く情報というのは、星の数ほどあり、その中には虚実入り交じっています。それを取捨選択する目をしっかりと養っていかないといけない。
寂しい世の中になりましたよねぇ。
posted by かに at 11:10| 東京 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする